58件中 41 - 50件表示
  • 若松勉

    若松勉から見た小川淳司小川淳司

    純朴ゆえに口下手でもあり、若松と行動を共にすることの多かった元ヤクルト監督の小川淳司によれば、イベント等でのあいさつが終わる度に「今のでよかったか? オレ、変なこと言ってなかったか」と尋ねられていたという 。また、現役時代、1978年にMVPを獲得した際には、「タイトルのない僕でいいのか」と発言している。若松勉 フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見た小川淳司小川淳司

    は開幕当初は3カード連続勝ち越しと上々のスタートを見せたが、4月中旬以降になり急激に失速。連勝すら挙げられなくなる。5月にセ・パ交流戦が始まってからは全く勝てなくなり、球団に進退伺いを出す事態となる。6連敗となった5月20日、球団から慰留を受け一度は辞任を思い留まるものの、その後も2連敗。5月23日にはテコ入れとして、打撃アドバイザーに伊勢孝夫を招聘。5月26日には一部メディアで「辞任」と報じられる。本人は一旦は否定したものの、同日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(神宮球場)でも敗れ、9連敗となる。試合後、改めて辞任を申し出て了承された。ここまで13勝32敗1分の借金19で、リーグ最下位。特に4月24日以降は、2勝20敗と大きく負け越した。後任には、ヘッドコーチの小川淳司がシーズン終了まで監督代行を務めることとなった。連敗に業を煮やした少年ファンから「高田、やめちまえ」と罵声を浴びたことが、最終的に辞任に踏み切らせたという。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村隆則

    岡村隆則から見た小川淳司小川淳司

    大学卒業後は河合楽器に入社。1979年には日本楽器の補強選手として都市対抗に出場し、チームの準決勝進出に貢献。1980年には日本で開催された第26回アマチュア野球世界選手権の日本代表に選出され、銅メダル獲得に貢献している。同年の都市対抗にも河合楽器の一番打者として連続出場を果たす。チームメートに同じ中大出身の小川淳司、熊野輝光がいた。1981年ドラフト2位で西武ライオンズに入団。岡村隆則 フレッシュアイペディアより)

  • 雄平

    雄平から見た小川淳司小川淳司

    、開幕から一軍に復帰。当初は「2番・センター」として起用されていたが、打線の組み替えにより程なくして5番に置かれる。4月終了時点で、打率.224と調子が上がらなかったが、小川監督から「(スイングが)中途半端になっているから、結果を気にせず、思い切り自分のスイングをした方がいいんじゃないか」と助言され、フルスイングを心掛けるようになった結果、徐々に調子を上げていった。5月28日の対北海道日本ハムファイターズ戦(神宮)で大谷翔平から自身初の二桁本塁打となる10号本塁打を含む2本塁打を記録。5月は打率.364、8本塁打、19打点、長打率.646の成績で月間MVPを初受賞する。投手として同リーグの一軍公式戦へ登板した後に野手へ転向した選手の受賞は、1993年9月の仁村徹(中日)以来2人目である。7月には、故障で戦線を離脱したウラディミール・バレンティンに代わって4番を務めた。オールスターゲームには、セントラル・リーグの監督推薦選手として、投手時代を含めて初選出された。最終的に打率3割と20本塁打を共にクリアし、ベストナインを受賞した。シーズンオフの契約更改では一度保留したが、査定の詳細な説明を受けた二回目で12球団トップとなる380%アップの6000万円でサインした。雄平 フレッシュアイペディアより)

  • 川端慎吾

    川端慎吾から見た小川淳司小川淳司

    、阪神から藤本敦士が加入。遊撃手のポジションを鬼崎裕司、新人の荒木貴裕らと争う。開幕当初は藤本が固定される形で起用されたが、不調から二軍落ち。その後は鬼崎が守備力を生かして台頭したが、打撃に難があったため、7月頃から川端が遊撃手のレギュラーとして起用されるようになった。その後、シーズン終了まで遊撃手のポジションを守り続け、8番打者としてチームの後半戦の躍進にも貢献した。なお、守備力は鬼崎の方が買われていたため、試合終盤は守備固めとして鬼崎が遊撃手に入り、三塁手へ回される機会も多かった。この飛躍にはシーズン中盤に監督の高田繁の休養(事実上の引責辞任)により監督代行に就任した小川淳司の引き立てによるところも大きい。小川は入団当時の二軍監督で、初年度から二軍で積極的に起用された。川端慎吾 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年の東京ヤクルトスワローズ

    2018年の東京ヤクルトスワローズから見た小川淳司小川淳司

    この年の東京ヤクルトスワローズは、2回目の小川淳司監督体制の1年目(途中就任の2010年を含み通算6年目)のシーズンである。2018年の東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 増渕竜義

    増渕竜義から見た小川淳司小川淳司

    は140km/hそこそこに落ちてしまった速球も150km/hを記録するまで回復し、その球威を買われ中継ぎとして初の開幕1軍スタートとなった(厳密にはローテーションの関係で開幕に登録されていないだけで、開幕1軍帯同は過去2回している)。開幕からしばらくは主に敗戦処理やロングリリーフで登板し、5月13日のオリックス・バファローズ戦で打ち込まれるまで自責点0(失点3)と好調を維持し続けた。夏頃からは勝ち試合での救援登板も増え、6月にはそれまで勝利の方程式を担っていた押本健彦の不調に伴い、小川淳司監督代行から直々に新・勝利の方程式に指名された。夏場に一時離脱したが57試合に登板し、チームに欠かせない戦力に成長した。増渕竜義 フレッシュアイペディアより)

  • 迫田穆成

    迫田穆成から見た小川淳司小川淳司

    翌1974年、第56回夏選手権から金属バットが導入された。迫田は緻密な野球にパワー野球をプラスしようと試みたが、この年夏の広島大会予選で強攻策に打って出て失敗。然し翌1975年第57回夏選手権、谷真一(吉田義男の甥)や佃正樹と同タイプのサウスポー・山村力人、田井弘志の二枚投手を擁し広島大会を圧勝すると甲子園でも快進撃。優勝候補筆頭だった原貢監督・原辰徳らの東海大相模が上尾高校に敗れる等他の優勝候補が相次ぎ敗れた為、迫田自身三度目の大旗が見えたが、石井好博監督率いる習志野高校・小川淳司投手の剛球に捻られ準決勝で敗退。広島商業はそれまで準決勝まで進出すれば、全て優勝していたこともあって責任を取って辞任。この年コーチに就任していた桑原秀範が後任の監督に就任した。迫田穆成 フレッシュアイペディアより)

  • 畝龍実

    畝龍実から見た小川淳司小川淳司

    初奪三振:同上、8回裏に小川淳司から畝龍実 フレッシュアイペディアより)

  • 掛布雅之

    掛布雅之から見た小川淳司小川淳司

    習志野高2年生時には石井好博監督のもと、四番打者、遊撃手として夏の甲子園県予選を勝ち抜き、東関東大会決勝で優勝候補筆頭の銚子商と対戦。根本隆投手から先制のきっかけとなる安打を放ち、2-0で快勝。しかし甲子園では1回戦で東洋大姫路高に敗退(東洋大姫路高にはのちに阪神でチームメイトとなる山川猛がおり、この試合で満塁本塁打を放った)した。3年生時の夏は県予選準々決勝で、エース古屋英夫を擁する木更津中央に、延長11回の熱戦の末1-2xでサヨナラ負け、甲子園には届かなかった。同期で、一緒にクリーンアップを打っていたのは、巨人・阿部慎之助の父である。当時、掛布は竹刀の袋にバットを入れて毎日自宅に持ち帰っていたと、2学年下の小川淳司(1975年夏優勝投手)は述べている。掛布雅之 フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「小川淳司」のニューストピックワード