前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示
  • トヨタ自動車のモータースポーツ

    トヨタ自動車のモータースポーツから見た小林可夢偉小林可夢偉

    2016年はル・マンで勝利することのみを主眼に置いたTS050を、突貫で開発し一年前倒しで投入。その甲斐あってル・マンでは終始有利な展開で進めたが、残り数時間で2位争いをしていた小林可夢偉がスピンし、ポルシェに2位を盤石にされる。さらに残り6分でトップ快走中の中嶋一貴のマシンに駆動系トラブルが発生、ホームストレート上にストップし、ル・マン制覇の悲願は露と消えた。またWECでは苦戦を強いられたが、富士では戦略とこの年デビューした小林可夢偉の頑張りによって2秒差でアウディから逃げ切って約二年ぶりの勝利を挙げた。トヨタ自動車のモータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年日本グランプリ (4輪)

    2011年日本グランプリ (4輪)から見た小林可夢偉小林可夢偉

    そこで、FOM会長のバーニー・エクレストン、日本人ドライバーの小林可夢偉と鈴鹿サーキットランド広報である海野勝の3名が第10戦ドイツGPで記者会見を行い、鈴鹿は「完全に安全」であること、日本GPは予定通り行うこと、エクレストンがチケット1500組3,000枚を用意して被災者を招待することなどが発表された。2011年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見た小林可夢偉小林可夢偉

    エディ・アーバイン「ギャース」、ハインツ=ハラルド・フレンツェン「クエー」、ジョニー・ハーバート「こんちこれまたにくいよこの?」、小林可夢偉の「なんぼのもんじゃい!」など。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年中国グランプリ

    2012年中国グランプリから見た小林可夢偉小林可夢偉

    小林可夢偉は自己最高位の3番グリッドからのスタートとなった。2012年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のF1世界選手権

    2014年のF1世界選手権から見た小林可夢偉小林可夢偉

    小林可夢偉がケータハムのシートを獲得し、2年ぶりにF1に参戦したが、ルノーPUやマシンの性能不足に苦しめられ最後尾を争うのが精いっぱいであった。加えて、チームの身売り騒動の余波で、レギュラーシートも確約されない不安定な立場を強いられた。最終戦アブダビGPを最後にチームが消滅し、小林は来年のスーパーフォーミュラへの参戦を発表し、F1をまたも離れることとなった。2014年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・メリ

    ロベルト・メリから見た小林可夢偉小林可夢偉

    第13戦イタリアGPに当時レギュラードライバーであった小林可夢偉に変わり、金曜フリー走行に出走したのがF1初走行となった。ロベルト・メリ フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラトヨタ・レーシングスクール

    フォーミュラトヨタ・レーシングスクールから見た小林可夢偉小林可夢偉

    世界のトップレースカテゴリーで活躍できるドライバー育成のために、トヨタ自動車ではトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(略称TDP)を運営しているが、同プログラムの中核をなしているのがこのFTRSである。校長は関谷正徳が勤め、講師は竹内浩典や小林可夢偉らの現役ドライバーが務めている。開校以来の受講数は600人を超える。フォーミュラトヨタ・レーシングスクール フレッシュアイペディアより)

  • F1グランプリ

    F1グランプリから見た小林可夢偉小林可夢偉

    2010年も同じ曲であるが、その中の別のメロディを使用している。第3戦のマレーシアGPまでは曲の中にエンジン音を取り入れていた。ドライバーの紹介は3年ぶりに現役復帰した7度の世界王者ミハエル・シューマッハ、フェラーリに移籍した2005年と2006年の世界王者フェルナンド・アロンソ、同じくマクラーレンに移籍した去年の世界王者ジェンソン・バトン、バトンのチームメイトで2008年の世界王者ルイス・ハミルトンという4人の歴代世界王者に、去年最後までタイトルを争ったセバスチャン・ベッテルと2009年に印象的な走りを披露した小林可夢偉という2人の挑戦者(4チャンピオン+2チャレンジャー)という図式で紹介された。日本グランプリでは特別なオープニングが放送され、過去の鈴鹿の名場面や歴代日本人ドライバー(中嶋悟、片山右京、佐藤琢磨、鈴木亜久里)の映像が流された後、タイトルを争うマーク・ウェバー、フェルナンド・アロンソ、ルイス・ハミルトン、ジェンソン・バトン、セバスチャン・ベッテルと唯一の日本人ドライバー小林可夢偉が紹介された。F1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年日本グランプリ (4輪)

    2013年日本グランプリ (4輪)から見た小林可夢偉小林可夢偉

    今回、日本人ドライバーは出場していないが、Auto GPで活躍中の佐藤公哉がザウバーのリザーブドライバーとしてチームに帯同した。また、前年の日本GPで3位表彰台を獲得した小林可夢偉はフェラーリのGTドライバーという立場で鈴鹿に現れ、ファンサービスに励んだ。2013年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のル・マン24時間レース

    2016年のル・マン24時間レースから見た小林可夢偉小林可夢偉

    LMP1クラスでは、レース残り6分の時点まで首位を快走していたトヨタ・ガズー・レーシング5号車が突然スロー・ダウン後停止し、ポルシェチームの2号車に乗って2年連続でポールポジションを獲得したニール・ジャニ/ロマン・デュマ/マルク・リープ組がレース残り3分の時点で大逆転して総合優勝を果たした。ポルシェ勢は前年に引き続き2年連続の総合優勝であり、デュマは2010年大会以来2度目の総合優勝で、ジャニとリープは初の総合優勝を成し遂げた。トヨタ5号車は再始動させることに成功したもののラップ・タイムが11分53秒815もの時間を要し、「最終ラップは6分以内で周回しなければいけない」というル・マン24時間独自の規定を満たすことが出来ずに完走扱いとはならず、384周もの周回を重ねながら失格となった。3周差の2位には、ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ/小林可夢偉組のトヨタ6号車が入り、更に9周差(トップから12周差)の3位には、トラブルに苦しんだルーカス・ディ・グラッシ/ロイック・デュバル/オリバー・ジャービス組のアウディ8号車が入った。2016年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示

「小林可夢偉」のニューストピックワード