289件中 161 - 170件表示
  • お化けのサンバ

    お化けのサンバから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    小柳ルミ子:柳下ゆう子(お化け屋敷の女主人)弟を残し服飾デザインの勉強のためパリへ留学することになり、お化け屋敷の主人が交代する。お化けのサンバ フレッシュアイペディアより)

  • 野底岳

    野底岳から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    小柳ルミ子が歌った「星の砂」は、この伝承をモチーフにしたものとされる。野底岳 フレッシュアイペディアより)

  • マックボンボン

    マックボンボンから見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    初めての仕事は『小松みどりショー』の前座で、井山のボケに対して、志村が立ったままの姿勢から、井山の顔面に足でツッコミを入れるなど、身体を張ったネタが評判となる。その後、小柳ルミ子、天地真理、森進一、沢田研二、鶴田浩二、三波春夫などの前座も務めるようになった。マックボンボン フレッシュアイペディアより)

  • 井山淳

    井山淳から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1972年に本名に変更し、同じくザ・ドリフターズの付き人だった志村けん(当時・志村健)と「チャーミングコンビ」を結成したが、志村の師匠であったいかりや長介からの指摘により改名し、「マックボンボン」としてデビューする。身体を張ったネタが評判になり、徐々に小柳ルミ子、天地真理、森進一、沢田研二などの前座を任されるようになっていった。井山淳 フレッシュアイペディアより)

  • 恋 (石川ひとみの曲)

    恋 (石川ひとみの曲)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    小柳ルミ子の「乱」(1986年シングル発売)は、本楽曲に岡田が『FUMIKO』名義で異なる歌詞をつけた楽曲である。恋 (石川ひとみの曲) フレッシュアイペディアより)

  • アイドル歌謡

    アイドル歌謡から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    小柳ルミ子(1971年4月25日「わたしの城下町」)アイドル歌謡 フレッシュアイペディアより)

  • 別れぬ理由

    別れぬ理由から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    主題歌:小柳ルミ子「シルクな心」別れぬ理由 フレッシュアイペディアより)

  • さらば恋人

    さらば恋人から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    筒美京平が手がけた楽曲。オリコン週間チャートでは1971年6月28日付で8位となり初のTOP10入り。その後6位→4位→3位→2位→2位→2位→2位を記録したが、小柳ルミ子のデビューシングル『わたしの城下町』に阻まれ1位には届かなかった。さらば恋人 フレッシュアイペディアより)

  • 南沙織

    南沙織から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    1971年暮れの第13回日本レコード大賞で新人賞を受賞し、同年のNHK『第22回NHK紅白歌合戦』にも初出場。プロマイドも、1971年、1972年の年間売り上げ実績では第1位を獲得している。また、同時期にデビューした小柳ルミ子・天地真理らと共に "新三人娘" と括られることもあり、当時のアイドルの代表格であった。南沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た小柳ルミ子小柳ルミ子

    伊藤俊也は、1977年の『犬神の悪霊』と1982年の『誘拐報道』の間に日本テレビ系木曜スペシャル枠で『テロと国家』、『右手にコーラン、左手に石油』というドキュメンタリーを撮っているが、これは日本テレビの報道局長から相談を受けた岡田が伊藤を推薦したもの。『誘拐報道』は伊藤俊也が「何としても映画化したい」と岡田に直談判してきたものである。翌1983年の『白蛇抄』も伊藤が「小柳ルミ子の初主演作で」と企画を出し岡田もOKを出したが、原作の官能描写の凄さに渡辺晋が激怒し岡田を呼びつけ、「ウチの可愛い娘を頼んだぞ」と言ったという。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

289件中 161 - 170件表示

「小柳ルミ子」のニューストピックワード