343件中 141 - 150件表示
  • 柿堺香

    柿堺香から見た小澤征爾小澤征爾

    横山勝也に師事。32期NHK邦楽技能者育成会卒業。第3回長谷検校記念全国邦楽コンクール優秀賞受賞(尺八の部第1位・97年)。日本伝統文化交流協会によるイタリア・マダガスカル公演(89年)、第1回国際尺八音楽祭(岡山県美星町・94年)、第2回国際尺八音楽祭(コロラド州ボルダー・98年)、第1回および第2回オーストラリア尺八フェスティバル(99、2000年)、シャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団と「ノヴェンバー・ステップス」共演 、小澤征爾バースデーチャリティーコンサートに「エクリプス」で出演(2000年)、武満徹没後5年特別企画に「エクリプス」で出演(2001年)など、各地でコンサート活動を行う。また、多くの横山勝也のCD、ビデオに参加。柿堺香 フレッシュアイペディアより)

  • チェロ協奏曲 (シューマン)

    チェロ協奏曲 (シューマン)から見た小澤征爾小澤征爾

    さらに、このヴァイオリン協奏曲のオーケストラ・パートに前述のショスタコーヴィチ編曲版を使用した異版が作られており、こちらはギドン・クレーメル(ヴァイオリン)、小澤征爾指揮ボストン交響楽団による録音が発売されている。チェロ協奏曲 (シューマン) フレッシュアイペディアより)

  • サッシャ・ゲッツェル

    サッシャ・ゲッツェルから見た小澤征爾小澤征爾

    ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリン奏者として入団・活躍後、指揮者に転向し、ズービン・メータ、リッカルド・ムーティ、小澤征爾に師事、また、シベリウス音楽院でヨルマ・パヌラに師事した。サッシャ・ゲッツェル フレッシュアイペディアより)

  • カレル・アンチェル

    カレル・アンチェルから見た小澤征爾小澤征爾

    亡命後の1969年に小澤征爾の後任としてカナダのトロント交響楽団の常任指揮者に就任する。カレル・アンチェル フレッシュアイペディアより)

  • 井手茂太

    井手茂太から見た小澤征爾小澤征爾

    まつもと市民芸術館 サイトウ.キネン・フェスティバル『青少年オペラ モーツァルト フィガロの結婚』(2005年、演出:串田和美、指揮:小澤征爾)<振付>井手茂太 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾葉子

    松尾葉子から見た小澤征爾小澤征爾

    1981年フランス留学、パリのエコールノルマル音楽院指揮科でピエール・デルヴォーに師事。1982年ブザンソン国際指揮者コンクールで女性として史上初、小澤征爾についで日本人二人目の優勝、一躍注目を集めた。同年帰国、デビュー。東海テレビ賞受賞。東京芸大指揮科講師。松尾葉子 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸英雄

    江戸英雄から見た小澤征爾小澤征爾

    妻はピアニストの江戸弘子、長女の江戸京子は小澤征爾の元妻。江戸はこの時代の小澤に金銭的な援助を行っていたと言われる。次女の江戸純子(すみこ)と三女の江戸涼子は共にヴィオラ奏者。江戸英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 山本直純

    山本直純から見た小澤征爾小澤征爾

    東京五反田の至誠病院に生まれ、中野区や大田区や豊島区などを転々として育つ。幼児期から父山本直忠の作曲弟子、作曲家渡辺浦人によって徹底した早期音楽英才教育を施されたほか、自由学園で羽仁協子や久山恵子、林光、三善晃などと共に早期音楽教育を受ける。自由学園時代の学友の一人に渡辺岳夫がいる。指揮は高校時代から自由学園を借りて毎週日曜に開かれていた齋藤秀雄指揮教室で齋藤秀雄に師事。同時期の同門に、小澤征爾、久山恵子、秋山和慶、飯守泰次郎、尾高忠明らがいる。小澤は後に、「自分は日本に留まって音楽の底辺を広げる。お前は世界を目指せ」と山本から告げられたことがあった、と語っている。山本直純 フレッシュアイペディアより)

  • 小澤幹雄

    小澤幹雄から見た小澤征爾小澤征爾

    小澤 幹雄(おざわ みきお、1937年10月24日 - )は、日本の俳優、エッセイスト。小澤征爾の実弟であり、兄・征爾に関する仕事が多い。小澤幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 内田光子

    内田光子から見た小澤征爾小澤征爾

    1984年、小澤征爾の指揮するベルリン・フィル定期演奏会にバッハのピアノ協奏曲とメシアンの異国の鳥たちを弾いてデビュー。それ以降、国際メジャー・オーケストラの定期演奏会、そしてザルツブルク音楽祭、プロムス、タングルウッド音楽祭、ルツェルン音楽祭などの世界的音楽祭の常連となった。内田光子 フレッシュアイペディアより)

343件中 141 - 150件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード