343件中 151 - 160件表示
  • アンリ・デュティユー

    アンリ・デュティユーから見た小澤征爾小澤征爾

    小澤征爾による委嘱作品。管弦楽に3人の童声が加わる。アンリ・デュティユー フレッシュアイペディアより)

  • 小林秀雄賞

    小林秀雄賞から見た小澤征爾小澤征爾

    第11回 (2012年) - 小澤征爾、村上春樹『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮社)小林秀雄賞 フレッシュアイペディアより)

  • 城之内ミサ

    城之内ミサから見た小澤征爾小澤征爾

    また、オリジナルアルバム『Theatre MJ』では、国立パリ・オペラ座管弦楽団による演奏で自作のシンフォニーを指揮した。同楽団を指揮したのは、日本人では小澤征爾に次いで2人目、女性では世界初であった。城之内ミサ フレッシュアイペディアより)

  • ガンサー・シュラー

    ガンサー・シュラーから見た小澤征爾小澤征爾

    やがて作曲家を志し、ほとんど独学で作曲を学ぶ。芸術音楽とポピュラー音楽の垣根を取り外した『The Third Stream(第三の流れ)』を提唱し、現代音楽の中に積極的にジャズの要素を取り込もうとした。さまざまな大学で作曲を教え、オリヴァー・ナッセンやマーク=アンソニー・タネジ、エドゥアルド・マータは門下生である。1967年から1977年にかけてはニューイングランド音楽院の院長を務めている。また指揮者の小澤征爾と協力してタングルウッド音楽祭を主催した。1994年には『Of Reminiscences and Reflections』でピューリッツァー賞音楽部門を受賞するなど、アメリカで最も重要な作曲家の一人として活躍した。ガンサー・シュラー フレッシュアイペディアより)

  • 金聖響

    金聖響から見た小澤征爾小澤征爾

    14歳で渡米し、1992年にボストン大学哲学科卒業、1995年にニューイングランド音楽院大学院指揮科マスター課程修了、1997年にウィーン国立音楽大学指揮科で湯浅勇治、レオポルド・ハーガーに師事した。またタングルウッド音楽祭に奨学聴講生として参加し、小澤征爾らに師事する。金聖響 フレッシュアイペディアより)

  • ルドルフ・ゼルキン

    ルドルフ・ゼルキンから見た小澤征爾小澤征爾

    ドイツ音楽を得意としたゼルキンは、特にベートーヴェン演奏の評価が高かったが、録音には慎重で、コロムビア・レコードからの希望にもかかわらず結局ピアノソナタ全曲の録音を完成しなかった。晩年にはテラークで小澤征爾とのベートーヴェンのピアノ協奏曲や、ドイツ・グラモフォンでクラウディオ・アバドとのモーツァルトのピアノ協奏曲を録音。ゼルキンの古い録音の多くは廃盤となっていたが、生誕100年の2003年にソニー・クラシカルから相当数が復刻されている。また、オルフェオ等からライブ録音が時折発売され、そのなかでも特にラファエル・クーベリックとのベートーヴェンのピアノ協奏曲全集は評価が高い。ルドルフ・ゼルキン フレッシュアイペディアより)

  • 小沢牧子

    小沢牧子から見た小澤征爾小澤征爾

    筑波大学名誉教授・ドイツ文学者の小澤俊夫は夫。夫の間に2男。長男はキヤノンに勤務、次男はシンガーソングライターの小沢健二。義弟に指揮者の小澤征爾がいる。小沢牧子 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木正利

    佐々木正利から見た小澤征爾小澤征爾

    1973年にJ.S.バッハ「クリスマス・オラトリオ」の福音史家で楽壇デビューして以来、バッハをはじめとする宗教音楽の専門家として活躍している。1979年シュトゥットガルトに渡りL・フィッシャー教授に師事。1980年第6回ライプツィヒヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクール声楽部門第5位入賞。同年より1982年までデトモルト北西ドイツ音楽大学に学び、H・クレッチマール教授に師事。在独中は欧州各国の演奏会に招かれ、特に1980年ウィーン楽友協会ホールでのマタイ受難曲では『若き日のペーター・シュライアー』と新聞各紙で絶賛される。帰国後もライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ベルリン交響楽団、国立ブカレスト交響楽団、NHK交響楽団等、世界・日本の著名オーケストラのソリストとして度々起用され、クルト・マズア、H. シュタイン、H. ブロムシュテット、小澤征爾等、世界を代表する数々の指揮者と共演。またヘルムート・リリング、ハンス・ヨアヒム・ロッチュ、ミシェル・コルボ、R.ヤーコプス等率いる、シュトゥットガルト・バッハ合奏団、ゲヒンゲン聖歌隊、トーマス教会少年合唱団、RIAS室内合唱団等の演奏会に度々出演している。特にヘルムート・ヴィンシャーマン率いるドイツ・バッハ・ゾリステンの演奏会では度々共演している。佐々木正利 フレッシュアイペディアより)

  • 中丸三千繪

    中丸三千繪から見た小澤征爾小澤征爾

    1986年、小澤征爾指揮の「エレクトラ」で日本デビュー。中丸三千繪 フレッシュアイペディアより)

  • スリーファンキーズ

    スリーファンキーズから見た小澤征爾小澤征爾

    ある日、テネシーでのステージを観ていた日本テレビの売れっ子ディレクターによって、3つのバンドの中から長沢、高橋、鎌田の3名がそれぞれピックアップされる。そして、「お前ら、3人だからスリーファンキーズでいいか」と命名され、第一プロダクションに所属し、1961年2月、生放送のテレビ番組(番組名不明、司会はロイ・ジェームス。ホステス役は、後に小澤征爾夫人となった入江美樹)にてテレビデビューした。 長沢純曰く「音楽の基礎を学んでいた訳ではなかったので、出演者というより見学者の気分」でメインの出演者のバックで身体を動かしたり口パクでステージを行っていたのだが、身近な雰囲気が逆に視聴者に受け入れられて「あの後ろで踊っている男の子3人組について教えて欲しい」という問い合わせが日本テレビに殺到した。スリーファンキーズ フレッシュアイペディアより)

343件中 151 - 160件表示

「小澤征爾」のニューストピックワード