小野寺五典 ニュース&Wiki etc.

小野寺 五典(おのでら いつのり、1960年(昭和35年)5月5日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、防衛大臣(第17代・第18代)。旧姓は熊谷。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「小野寺五典」のつながり調べ

  • 菅原茂 (政治家)

    菅原茂 (政治家)から見た小野寺五典

    宮城県気仙沼市生まれ。宮城県気仙沼高等学校、東京水産大学水産学部(現東京海洋大学海洋科学部)卒業。大学卒業後、株式会社トーメン(現豊田通商)に入社し、1987年6月から1991年11月までオランダ王国ロッテルダムに駐在。同年12月、トーメンを退社。翌1992年4月から2006年12月まで、株式会社菅長水産に勤務。2007年1月より小野寺五典衆議院議員(自由民主党・宮城県第6区選出)の事務所で勤務し、2009年12月に小野寺の公設第一秘書に就任。(菅原茂 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 宏池会 (谷垣派)

    宏池会 (谷垣派)から見た小野寺五典

    麻生の総裁退任を受けた9月の2009年総裁選では、谷垣禎一が勝利。自派も含めて幅広く支持を集めての圧勝だったが、小野寺五典が自ら立候補を模索した上河野太郎支持に回ったほか、菅義偉も派閥を退会して河野を積極的に支持するなど、総裁選は派閥単位の動きよりは世代対立の様相を呈した。宏池会が総裁派閥となるのは、前回の野党転落時の河野洋平以来14年ぶりだが、党中央への権限集中をもたらす小選挙区制が定着する一方、国政選挙での相次ぐ退潮で議員の数も減った状況で、総裁派閥としてのメリットを生かせるかは微妙な情勢となっていた。(宏池会 (谷垣派) フレッシュアイペディアより)

「小野寺五典」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「小野寺五典」のニューストピックワード