1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示
  • 中里麗美

    中里麗美から見た尾崎好美尾崎好美

    初マラソンは2010年3月の名古屋国際女子マラソンだったが、膝の故障の影響により中間点を過ぎた後で先頭争いから脱落し12位に終わった。2011年2月の横浜国際女子マラソンに出場。39Km付近までトップグループへ積極果敢についていき、優勝した尾崎好美のラストスパートには離されたものの、初マラソンの記録をちょうど10分縮める2時間24分台の好タイムで2位に入った。これにより同年4月21日、世界陸上大邱大会女子マラソンの日本代表に初選出された。2011年6月の日本陸上競技選手権大会の女子10000mでは、優勝した杉原加代に次いで2位入賞を果たした。中里麗美 フレッシュアイペディアより)

  • 木崎良子

    木崎良子から見た尾崎好美尾崎好美

    2011年11月20日、2012年8月開催のロンドンオリンピック女子マラソンの国内選考レースとなる、第3回横浜国際女子マラソンでは、3度目のマラソンながらも自ら進退を掛けるレースとして出場。気温20度を超える高温の中、2009年世界陸上ベルリン大会女子マラソン銀メダリスト・前回の第2回横浜国際女子マラソン(2011年2月20日開催)で優勝し同大会2連覇を狙った尾崎好美(第一生命)と、レース終盤までデッドヒートを繰り広げた。ゴール残り2km辺りで先に尾崎がスパートを仕掛け一旦差が開いたが、そこから木崎は徐々に追い上げ、41km地点を過ぎると木崎が尾崎を追い抜いて逆転。ゴールタイムは2時間26分台ながらもマラソン初優勝を果たし、ロンドン五輪の有力候補に名乗りを挙げる。その後は大阪国際女子マラソン・名古屋ウィメンズマラソンと2大会の結果を待つ身となったが、約4か月が過ぎた翌2012年3月12日、念願のロンドン五輪女子マラソン日本代表へ正式に初選出され、記者会見では感極まり嬉し涙を流していた。木崎良子 フレッシュアイペディアより)

  • 重友梨佐

    重友梨佐から見た尾崎好美尾崎好美

    しかし、2012年6月下旬頃に右足首を痛めるアクシデントが発生、練習不足のままで同年8月5日開催のロンドン五輪女子マラソンに強行出場。女子マラソン本番レースでは、15Km付近で一旦先頭集団の前に出る場面が有ったが、20Km手前付近で集団に全くついていけず大きく離されしまい、苦しいレースとなる。完走はなんとか果たしたが、結局2時間40分台の79位(当初)と惨敗だった(他木崎良子16位、尾崎好美19位で日本女子3選手共メダル&入賞ならず)。しかし、ロンドン五輪・女子マラソン開催より3年経過後の2015年11月、ウクライナ陸連は当初5着(ゴール記録は2時間24分32秒)だったタチアナ・ガメラの血液データを蓄積し変化を調べる「生体パスポート」の検査で異常値を示した為、ガメラをドーピング違反と判定。ガメラのロンドン五輪5位入賞の順位・ウクライナ記録をそれぞれ取り消した為、同五輪・女子マラソンの重友の79着の順位が78位に繰り上がった(他木崎は15位、尾崎も18位に繰り上げ)。重友梨佐 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤舞 (陸上選手)

    伊藤舞 (陸上選手)から見た尾崎好美尾崎好美

    2012年3月11日、ロンドンオリンピック()を目指して名古屋ウィメンズマラソンに出場。尾崎好美、赤羽有紀子、野口みずき、渋井陽子、中里麗美など日本女子のトップランナーと共に五輪切符を賭けた戦いに挑んだ。だが37km手前で優勝争いから脱落、2時間25分台の自己記録(当時)を出したものの、5位に敗れてロンドン五輪出場は成らなかった。その後、7月1日の札幌国際ハーフマラソンに出場し、1時間10分52秒で優勝した。伊藤舞 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • 田中智美

    田中智美から見た尾崎好美尾崎好美

    そうした田中の走りに注目した第一生命保険・山下佐知子監督(1991年世界陸上東京大会銀メダリスト・1992年バルセロナオリンピック4位)の勧誘を受けて、2010年に大学卒業後、第一生命に入社。入社後は、同僚の尾崎好美(2009年世界陸上ベルリン大会銀メダリスト・2012年ロンドンオリンピック18位)の練習相手として実力を着実に上げた。そして、2011年の第31回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会でアンカー(6区)を務め、第一生命の9年ぶり2度目の優勝に貢献した。翌2012年には全日本実業団ハーフマラソンで、自身初の全国大会優勝を飾った。2014年の第34回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会では5区で5人抜きの快走を見せ、区間2位と好成績を残した。2015年現在は、第一生命のキャプテンを務めている。田中智美 フレッシュアイペディアより)

  • 三村仁司

    三村仁司から見た尾崎好美尾崎好美

    1974年に、たった一人で別注シューズの製作を開始し、その後は他の社員とともにオリンピックを目指す選手をフォローしていくことになる。陸上競技にとどまらず、野球、サッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、ボクシング、モータースポーツ、近代五種など多岐にわたる競技のシューズを手がける。君原健二、瀬古利彦、谷口浩美、森下広一、高橋尚子、有森裕子、野口みずき、イチロー、長谷川穂積、尾崎好美、小崎まり、青木宣親、内川聖一、香川真司、木?良子などのシューズ製作を担当した。(ただし、イチローのスパイクとトレーニングシューズは2004年以降は、三村や神戸・高塚台の工学研究所ではなく、鳥取・境港のアシックス山陰で製造されていた。)高い評価が在る一方で、競技者が故障で早期引退したり、他のメーカーに替えているのも事実であり、高評を疑問視する声も在る。三村仁司 フレッシュアイペディアより)

  • 赤羽有紀子

    赤羽有紀子から見た尾崎好美尾崎好美

    だが2012年2月の合宿中に左足首を痛め、思うように練習を積めない状況が続いた。結局体調万全で臨めないまま不安の中で、名古屋ウィメンズマラソンのスタートラインについたが、10Km地点の給水地点でボトルを落としてしまい拾い直すハプニングがあった。その後先頭集団に追いつき、中盤を過ぎて苦悶の表情ながら赤羽自ら集団を引っ張る積極性を見せたが、35Km手前で力尽き優勝争いから脱落し8位に終わる。結果ロンドン五輪女子マラソン日本代表は木崎・重友・尾崎好美(名古屋ウィメンズで日本人トップの2位)の3名が選出、赤羽は惜しくも落選し補欠選出に留まった(尚補欠選手は同年6月29日をもって解除、以降正式代表選手が故障等で出場辞退しても補欠の補充はされなくなった)。赤羽有紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 山北町

    山北町から見た尾崎好美尾崎好美

    尾崎好美(陸上長距離・マラソン選手、尾崎朱美の実妹)山北町 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のスポーツ

    2013年のスポーツから見た尾崎好美尾崎好美

    日本勢最高:尾崎好美(第一生命) 2時間28分30秒 (5位)2013年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 第一生命保険

    第一生命保険から見た尾崎好美尾崎好美

    元所属部員で活躍した女子選手では、尾崎好美(2009年世界陸上ベルリン大会女子マラソン2位入賞・銀メダル獲得、2012年ロンドンオリンピック女子マラソン代表・19位)、野尻あずさ(2011年世界陸上大邱大会女子マラソン代表・19位、2012年大阪国際女子マラソン・3位)、田中華絵(2011年夏季ユニバーシアード中国深圳大会10000m2位入賞・銀メダル獲得、2017年大阪国際女子マラソン・3位)、伊藤真喜子(1997年ロッテルダムマラソン女子2位、同年東京国際女子マラソン優勝)などがいる。第一生命保険 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示

「尾崎好美」のニューストピックワード

  • Motherless Brooklyn(原題)

  • エドとシャウナは親になったことが嬉しくて仕方がない様子ですよ

  • 16年前撮影の女性探す かき氷の3人組