77件中 21 - 30件表示
  • 山田暢久

    山田暢久から見た田中達也

    1.安藤智安、2.坪井慶介、4.田中マルクス闘莉王、5.ネネ、6.山田暢久、6.山田樹生、7.酒井友之、8.小野伸二、9.福田正博、10.ポンテ、11.田中達也、12.室井市衛、13.鈴木啓太、14.平川忠亮、15.福永泰、16.宮沢克行、17.長谷部誠、18.池田伸康、19.内舘秀樹、20.堀之内聖、21.ワシントン、22.城定信次、23.都築龍太、30.岡野雅行山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たフランチェスコ・トッティ

    2013年4月27日の清水エスパルス戦でデビューから20年目を迎えた。Jリーグで1チームで在籍20年目を迎えるのは史上初、海外でもGKを除くフィールドプレイヤーで1チーム在籍20年を超える選手は、フランチェスコ・トッティ、ライアン・ギグス他数人しかいない。奇しくも静岡県草薙総合運動場陸上競技場で行われたデビュー戦と同一カードとなった。これを記念し、当日は山田暢久20thアニバーサリーが行われた。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たミハイロ・ペトロヴィッチ

    浦和レッズ(監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たテレビ朝日

    2005年4月に行われた大分トリニータ戦でペナルティエリア内で相手選手に倒され肩が外れてしまった。しかし、その際に相手選手のファールをとらずに山田のシミュレーションをとりイエローカードを貰ってしまった。そのシーンは、2013年8月22日にテレビ朝日で放送された『マツコ&有吉の怒り新党』内のコーナーで「気の毒なイエローカード」として取り上げられた。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た坪井慶介

    2009年はチームが8シーズンぶりに4バックを採用する中で、右サイドバックのレギュラーを確保する。また、田中マルクス闘莉王が抜けたナビスコカップ予選では、坪井慶介と共にセンターバックとしてもプレーした。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た横浜F・マリノス

    2004年は1stステージでは右ウイングバック、山瀬功治が負傷で戦線離脱した2ndステージではトップ下として活躍。2ndステージを制して最後のステージ優勝をキャプテンとして飾ったが、チャンピオンシップでは横浜F・マリノスに敗れた。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た浦和レッドダイヤモンズ

    1994年の入団以来、浦和レッドダイヤモンズ一筋でプレーしたバンディエラである。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た鈴木啓太

    1.安藤智安、2.坪井慶介、4.田中マルクス闘莉王、5.ネネ、6.山田暢久、6.山田樹生、7.酒井友之、8.小野伸二、9.福田正博、10.ポンテ、11.田中達也、12.室井市衛、13.鈴木啓太、14.平川忠亮、15.福永泰、16.宮沢克行、17.長谷部誠、18.池田伸康、19.内舘秀樹、20.堀之内聖、21.ワシントン、22.城定信次、23.都築龍太、30.岡野雅行山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た永田充

    2012年途中出場が続いていたが、怪我により長期離脱を強いられる。終盤、永田充が右太もも裏の肉離れから長期離脱を余儀なくされ、センターバックとしてスタメンに入り3位浮上に大きく貢献した。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たマシュー・スピラノビッチ

    2010年は田中マルクス闘莉王が名古屋に移籍したため、開幕戦からセンターバックで出場。夏場にスピラノビッチが復帰して以降もセンターバックとして出場した。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

77件中 21 - 30件表示

「山田暢久」のニューストピックワード