77件中 41 - 50件表示
  • 山田暢久

    山田暢久から見たコンサドーレ札幌

    2008年は開幕戦から数試合はトップ下を任され、その後はボランチや右ウイングバックとして出場した。10月19日に行われた神戸戦では初めて左サイドバックでスタメン出場するが、後半開始から右サイドバックにポジションを替えた。11月8日、コンサドーレ札幌戦(札幌ドーム)で史上3人目となる、J1リーグ400試合出場を達成。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たヴィッセル神戸

    2005年8月24日、ヴィッセル神戸戦(駒場)でJ1リーグ300試合出場を達成。20代ではリーグ初。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た東日本大震災

    2011年は開幕当初はセンターバック、東日本大震災での中断明けからは主にボランチ、終盤戦は左右のサイドバックとして出場し、さまざまなポジションで貴重な戦力として活躍した。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たJリーグアウォーズ

    Jリーグ功労選手賞:1回(2014年)山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たFUJI XEROX SUPER CUP

    FUJI XEROX SUPER CUP:1回(2006年)山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た清水エスパルス

    2013年4月27日の清水エスパルス戦でデビューから20年目を迎えた。Jリーグで1チームで在籍20年目を迎えるのは史上初、海外でもGKを除くフィールドプレイヤーで1チーム在籍20年を超える選手は、フランチェスコ・トッティ、ライアン・ギグス他数人しかいない。奇しくも静岡県草薙総合運動場陸上競技場で行われたデビュー戦と同一カードとなった。これを記念し、当日は山田暢久20thアニバーサリーが行われた。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たモンテディオ山形

    山岸範宏は6月に山形に移籍した為、レッズ歴代選抜チームより出場予定であったが出場出来なくなったまた、入れ替わる形で水戸より加入した岩舘直は浦和レッズチームで参加した。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たサンフレッチェ広島

    2006年は序盤こそ定位置の右サイドで出場していたが、夏場にコンディションを落として控えに回った。しかし、途中出場で決勝点を決めた9月16日のサンフレッチェ広島戦以降、トップ下の一角としてレギュラーに復帰。自己最多の6得点を挙げて優勝に貢献した。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たジュビロ磐田

    2007年は再び右ウイングバックに戻された。10月29日の名古屋グランパス戦で肉離れを起こすまではリーグ戦、ACL、ナビスコカップなどの公式戦のほとんど全てに先発出場した。4月7日、ジュビロ磐田戦(埼玉スタジアム)でJ1リーグ350試合出場を達成。この記録はJ1最年少記録。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た大分トリニータ

    2005年4月に行われた大分トリニータ戦でペナルティエリア内で相手選手に倒され肩が外れてしまった。しかし、その際に相手選手のファールをとらずに山田のシミュレーションをとりイエローカードを貰ってしまった。そのシーンは、2013年8月22日にテレビ朝日で放送された『マツコ&有吉の怒り新党』内のコーナーで「気の毒なイエローカード」として取り上げられた。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

77件中 41 - 50件表示

「山田暢久」のニューストピックワード