1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示
  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見た岡崎朋美岡崎朋美

    30日 - 【スケート】バンクーバーオリンピックにおけるスピードスケート競技の日本代表が決定。北海道の中学3年生高木美帆が、同競技では初となる中学生五輪代表となった。浅田真央が前回出られなかったフィギュアスケートと異なり、スピードスケートの場合は15歳でも出場資格が認められている。岡崎朋美が38歳での出場を決めた一方で清水宏保は選考会で結果を出せず落選、現役引退の意向を示した。2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 釧路市

    釧路市から見た岡崎朋美岡崎朋美

    岡崎朋美(スケート選手)旧・北海道釧路星園高等学校卒釧路市 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年北京オリンピックの聖火リレー

    2008年北京オリンピックの聖火リレーから見た岡崎朋美岡崎朋美

    第1走者は野球日本代表の星野仙一監督・第2走者は陸上の末續慎吾・第4走者をスピードスケートの岡崎朋美・第79走者を元陸上・女子マラソンの有森裕子が努め、聖火ランナーの周囲はスポーツウェア姿の機動隊員5人と青いジャージを着た北京五輪組織委が派遣した聖火警備隊の中国人2人が取り囲み、白いトレーニングウェアと制服姿の警官約90人が伴走した。両陣営の怒号に加え、当初の予定よりは少ないものの周囲を囲む警備隊、及びその代わりとなった形の機動隊員に囲まれて走る聖火ランナーは異様な光景であり、長野市民が以前の長野オリンピックと対比して困惑する様子が報道された。これらの騒然とする状況に対して、ランナーの陸上・女子マラソンの野口みずき(第80走者・最終ランナー)や、発炎筒を投げつけられた萩本欽一(第10走者)は聖火リレー後に、その体験への複雑な心境を吐露している。萩本が走行中には列に飛び込んだ会社員の男が逮捕され、19番目の走者となった卓球の福原愛が走行中のときにはチベット国旗を持った台湾籍チベット亡命2世の男タシ・ツェリン氏が「FREE TIBET!」と絶叫しながら乱入したが、すぐに併走していた警官数人によって取り押さえられ逮捕された。また、11時10分頃には生卵を投げつけた日本人の男が威力業務妨害容疑で逮捕された。2008年北京オリンピックの聖火リレー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示

「岡崎朋美」のニューストピックワード