153件中 121 - 130件表示
  • もののけ姫

    もののけ姫から見た崖の上のポニョ崖の上のポニョ

    これまで宮崎駿の監督した長編アニメは、おおよそ5万から7万枚ほどの作画枚数で製作されてきたが、本作では14万枚以上もの枚数が使用された。宮崎は「ジブリを使いつぶす」ほどの覚悟で桁外れの労力と物量を本作に投入したというが、以降の『千と千尋の神隠し』(約11.2万枚)や『ハウルの動く城』(約14.8万枚)、『崖の上のポニョ』(約17万枚)もほぼ同規模かそれ以上の枚数であり、スタジオジブリの制作体制そのものを刷新する結果となった。もののけ姫 フレッシュアイペディアより)

  • 久石譲

    久石譲から見た崖の上のポニョ崖の上のポニョ

    2008年、『崖の上のポニョ』の音楽を担当。また、前年に担当した韓国ドラマ『太王四神記』の音楽で、アメリカの第10回国際映画音楽批評家協会賞テレビ部門ベスト・オリジナル・スコア賞を受賞し、スペインのUBEDA FILM FESTIVAL音楽賞Goldspirit Awardsテレビ部門にノミネートされた。中国映画『おばさんのポストモダン生活』の音楽で第27回香港電影金像奨(香港アカデミー賞)最佳原創電影音樂(最優秀音楽賞)を受賞。久石譲 フレッシュアイペディアより)

  • 花より男子

    花より男子から見た崖の上のポニョ崖の上のポニョ

    『花より男子F』(はなよりだんごファイナル)のタイトルで2008年6月28日公開された。井上真央主演。TBS系列で放送されたドラマシリーズの完結編としている。内容は、TVシリーズ『花より男子2(リターンズ)』最終話の卒業プロムの4年後。結婚を控えたつくしと司が、ある大事件に巻き込まれるというもの。映画版はドラマと違い、原作漫画のエピソードを使わず、サスペンスの要素が加えられた完全オリジナル脚本を採用。撮影は2008年1月にクランクイン、同3月下旬クランクアップした。海外ロケは、香港・ラスベガスなどで行われ、前売り券は24万枚を突破。興行初日の2008年6月28日、29日の2日間で観客動員80万5350人、興行収入10億579万8910円を達成した。これは当時のTBS製作映画では史上最高の出足である。最終的な興行収入は77億5000万円で、これは外国映画も含めて2008年の日本の興行収入ランキングでは『崖の上のポニョ』に次ぐ2位だった。また、全日本空輸(ANA)がスポンサーについたことで、同映画の一部が使われたANA国際線のテレビCM「週末香港」などが製作され連日放送されるとともに、国際線の機内アミューズメントで同映画が放映されている。花より男子 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・ミニカトッポ

    三菱・ミニカトッポから見た崖の上のポニョ崖の上のポニョ

    崖の上のポニョ-登場人物の一人・リサの愛車として登場三菱・ミニカトッポ フレッシュアイペディアより)

  • 麻衣 (歌手)

    麻衣 (歌手)から見た崖の上のポニョ崖の上のポニョ

    2008年、『崖の上のポニョ イメージアルバム』にて「ひまわりの家の輪舞曲」ボーカル担当。麻衣 (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • アニメソング

    アニメソングから見た崖の上のポニョ崖の上のポニョ

    崖の上のポニョ』が、第50回日本レコード大賞の特別賞を受賞する。アニメソング フレッシュアイペディアより)

  • 羽鳥慎一

    羽鳥慎一から見た崖の上のポニョ崖の上のポニョ

    崖の上のポニョ(2008年) - アナウンサー役羽鳥慎一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井貴彦

    藤井貴彦から見た崖の上のポニョ崖の上のポニョ

    崖の上のポニョ - 司会(スカラ座で行われた初日舞台挨拶の司会を担当)藤井貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 市川海老蔵 (11代目)

    市川海老蔵 (11代目)から見た崖の上のポニョ崖の上のポニョ

    スタジオジブリのアニメ作品の大ファン。「おしゃれイズム」に出演した際に、『崖の上のポニョ』の非売品の人形と宮崎駿が同作を制作する際に使用した鉛筆をプレゼントされ、涙ぐんで喜んでいた。宮崎本人と対談したこともあり、その際に自身が実践しているタワシで体をなでる健康法を宮崎も行っていることがわかり、共通点があったことに感動したという。2013年4月9日にブログを開始しているが、1日に10回以上更新するほど更新頻度が高い。アメーバMVBを受賞した。市川海老蔵 (11代目) フレッシュアイペディアより)

  • 西村義明

    西村義明から見た崖の上のポニョ崖の上のポニョ

    アメリカ留学から帰国後の2002年にスタジオジブリに入社。当初は著作権・法務関係の部署に所属、次いで『ハウルの動く城』『ゲド戦記』『崖の上のポニョ』で宣伝を担当。2006年にスタジオジブリが公開したフランスのアニメ映画『王と鳥』の宣伝プロデューサーを担当した。同年11月から、当時企画が進行していた高畑勲監督作品の担当プロデューサーとなる。この企画には先に担当者が1名おり、2名体制で取り組んだ。2008年5月、企画が最終的に『竹取物語』を原作とした『かぐや姫の物語』に決まる。しかし、同年8月に先任者が降板、以後西村が一人で担当することとなる。その後、さらに5年あまりの歳月をかけ、2013年11月に公開にこぎ着けた。西村義明 フレッシュアイペディアより)

153件中 121 - 130件表示

「崖の上のポニョ」のニューストピックワード