嶋基宏 ニュース&Wiki etc.

嶋 基宏(しま もとひろ、1984年12月13日 - )は、岐阜県海津市出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。労働組合日本プロ野球選手会第8代会長。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「嶋基宏」のつながり調べ

  • 細川亨

    細川亨から見た嶋基宏

    には、正捕手・嶋基宏や若手投手へのサポート役として、公式戦の開幕から一軍に帯同。2試合で途中からマスクを被ったが、左ふくらはぎを痛めたことから、4月30日に出場選手登録をいったん抹消された。6月下旬のパ・リーグ公式戦再開を機に一軍へ復帰。同月28日に故郷の青森県内で29年振りに開かれたNPB一軍公式戦(はるか夢球場の対オリックス戦)では、移籍後初めてスタメンマスクを任されると、7回裏の第3打席で一軍公式戦での移籍後初安打を放った。8月3日の対西武戦(メットライフドーム)では、この年唯一の本塁打を放った。レギュラーシーズンでは、一軍公式戦20試合の出場で以上2安打(打率.100)にとどまったが、後輩捕手や若手投手陣のサポートを通じてチームの4年振りCS進出に貢献。古巣との対戦になったCSでは、西武とのファーストステージでも、ソフトバンクとのファイナルステージでもマスクを被った。CS終了後の12月7日に、推定年俸2,000万円(現状維持)という条件で契約を更改。チームの現役選手では唯一の40代で、西武時代の同僚でもあった松井稼頭央が同球団へ復帰したことによって、チームの現役最年長選手になった。(細川亨 フレッシュアイペディアより)

  • 金子洋平

    金子洋平から見た嶋基宏

    初盗塁:2007年4月30日、対東北楽天ゴールデンイーグルス9回戦(フルキャストスタジアム宮城)、8回表2死に二盗(投手:小倉恒、捕手:嶋基宏)(金子洋平 フレッシュアイペディアより)

「嶋基宏」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「嶋基宏」のニューストピックワード