川勝平太 ニュース&Wiki etc.

川勝 平太(かわかつ へいた、1948年(昭和23年)8月16日 - )は、日本の経済学者(比較経済史)、政治家。学位はD.Phil.(オックスフォード大学・1985年)。静岡県知事(第53-55代)、公益財団法人世界緑茶協会理事長(第3代)、国際日本文化研究センター客員教授、麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授、静… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「川勝平太」のつながり調べ

  • 木苗直秀

    木苗直秀から見た川勝平太

    静岡薬科大学にて教員として採用され、薬学部にて助手、講師を務める。静岡薬科大学が静岡女子大学や静岡女子短期大学と合併し静岡県立大学となってからは、静岡県立大学の食品栄養科学部にて助教授を務める。その後、静岡県立大学食品栄養科学部教授・大学院生活健康科学研究科教授となり、学部長や研究科長を歴任した。2007年より静岡県立大学の副学長を務めるとともに、大学の設置者たる公立大学法人である「静岡県」の理事も兼任している。2009年、静岡県立大学学長西垣克が病気により辞任したため、学長代行に就任し、同年、学長に昇任した。なお、日本の全ての公立大学が加盟する公立大学協会においては、奥野武俊の後任として、2013年5月より会長を兼任した。2015年、任期満了にともない、静岡県立大学の学長を退任した。それにともない、学内で「学長感謝のつどい」が開催されるとともに、川勝平太、本庶佑、清原正義、廣部雅昭らが出席した「退官記念祝賀会」が開催された。なお、それに先立ち同年1月1日付にて、静岡県立大学の名誉教授となっている。その後は、静岡県産業振興財団にてフーズ・サイエンスセンターのセンター長を務めていたが、同年4月に退任した。(木苗直秀 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡総合研究機構

    静岡総合研究機構から見た川勝平太

    静岡総合研究機構は、1984年に発足した。初代理事長には、のちに日本長期信用銀行専務や長銀総合研究所理事長などを歴任することとなる経済学者の竹内宏が就任した。設立以来、調査・研究活動を展開するとともに、学術の振興にも取り組んできた。2010年度の事業活動収入だけで1億7000万円強に達している。しかし、2011年度の事業計画において、受託業務の減少や低金利にともなう基本財産運用収入の低下等を懸念材料として挙げ、公益財団法人への移行もハードルが高いとの見通しを示し、2012年3月に解散するとの方針を打ち出した。この発表を受け、静岡県知事の川勝平太は「経済上、立ちゆかないとの理由で(SRIの)解散を決めたのはショック」と発言したうえで、静岡総合研究機構の調査研究機能については静岡県立大学に移管する構想を明らかにした。2012年3月末をもって解散し、研修部門の機能は県が直営で行っている。(静岡総合研究機構 フレッシュアイペディアより)

「川勝平太」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「川勝平太」のニューストピックワード