201件中 131 - 140件表示
  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    '開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選出された。同大会では、遊撃手として優勝に貢献。決勝戦(対キューバ戦)では、1点差に迫られた9回表にイチローの安打で二塁から生還。その際、アリエル・ペスタノのブロックの僅かな隙間から右手をねじ込んで生還し、「神の右手'」として話題になったが、このプレーで右肘を負傷した。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た北京オリンピック野球日本代表

    ''はセ・パ交流戦で最多安打(37安打)・打率.366を記録。ソフトバンクの交流戦初優勝に貢献し、野手としては初の交流戦MVPに選出された。8月の北京オリンピック野球日本代表に選出されたが、シーズン中から痛めていた左足の怪我を押して出場したため骨膜炎を発症。帰国後、左足第二中足骨の疲労骨折が判明。王貞治の監督最終試合であるシーズン最終戦(対東北楽天ゴールデンイーグルス戦)で復帰した。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たIsoD

    メジャーリーグに移籍する以前からバットスピードとコンタクト能力はメジャーのスカウトからも高い評価を得ており、2010年には両リーグトップとなる546個のファウルを記録した。ホークス時代は典型的な早打ちで、三振が少ない一方で四球も少なく、日本での通算IsoD.051と打率と出塁率の差が小さい。しかしブルージェイズ移籍後の2013年には「ランナーがいない時は何とか塁に出ることを考えながらピッチャーに球数を投げさせることが今年の目標」として投手の球数を多くすることや出塁を強く意識するようになり、この年はIsoD.097を記録した。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た首位打者

    ''には、ウエスタン・リーグ公式戦で打率.367をマーク。最終規定打席をわずかに下回ったが、リーグの規定によって首位打者と認定された。9月には、正二塁手・井口資仁の戦線離脱に伴って、二塁手として一軍公式戦に出場。シーズン終了後に開催の第15回IBAFインターコンチネンタルカップにも、日本代表のメンバーとして出場した。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たアキレス腱

    復帰直後は、体調やNPBでのブランクなどを考慮しながら、二軍での調整に専念。4月4日には、オリックスとのウエスタン・リーグ公式戦(HAWKSベースボールパーク筑後)に「1番・遊撃手」としてスタメンで復帰後初の公式戦出場を果たすと、1回裏の第1打席で復帰後初安打を放った。4月12日の対阪神戦(阪神鳴尾浜球場)で守屋功輝からNPB復帰後初本塁打を放つなど、同リーグの公式戦では、13試合の出場で打率.441、1本塁打、1二塁打、1三塁打、10盗塁という好成績をマーク。4月28日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)に、「1番・二塁手」としてスタメンでパ・リーグの公式戦へ6年振りに出場すると、7回表の第4打席で復帰後初安打を放った。以降の公式戦にも、川崎のメジャー移籍後から今宮健太が正遊撃手として定着していることなどを背景に、二塁手として出場。5月11日の対オリックス戦(福岡ヤフオク!ドーム)3回裏の第2打席でブランドン・ディクソンから中前安打を放ったことによって、MLB/NPB公式戦通算1500安打を達成した。しかし、両足のアキレス腱に痛みを抱えながらプレーを続けていたことから、治療に専念すべく7月24日に出場選手登録を抹消された。以降はリハビリ組での調整となり、ようやく9月23日のウエスタン・リーグ(対阪神戦)で約2ヵ月振りに実戦復帰し「1番・二塁」で先発出場するが、その初球を先頭打者本塁打した打席の際に左ふくらはぎを攣り、その1打席のみで途中交代した。翌24日には再びリハビリ組での調整となり、クライマックスシリーズ以降のポストシーズンへの出場はならなかった。2017年シーズンは上記の怪我での離脱もあり、42試合の出場にどどまった。また、体調不良を理由にシーズン終了後の優勝祝賀パレードやファンフェスティバルなどの行事には参加しなかった。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た西日本スポーツ

    その後シーズン開幕を4日後に控えた3月26日早朝になって、西日本スポーツなど複数のメディアが、「川﨑引退」の見出しとともに、川﨑が実際には前年の故障以来心身両面で復帰の目処が立っておらず、現役引退の意向を固めたことを報じた。一方同日にはスポーツライターの田尻耕太郎がYahoo!ニュースに投稿した記事内で「川﨑が練習を再開した」と関係者から聞いたことを明かし「もう少し冷静になって、正式な発表が行われるタイミングまで待ってほしい」とコメント。情報が錯綜する中、同日午後になって球団から公式発表があり、川﨑は引退こそ断言しなかったものの、自由契約という形でソフトバンクを退団することになった。そこで川﨑は球団を通して「昨年より怪我に加えて自律神経系の病気にもなっており、身体を動かすことを拒絶するようになってしまった。球団と協議した末、野球から離れて心と体の回復に努めることを決めた」という趣旨のコメントを発表した。なお、球団側は一旦は自由契約とするが今後も川﨑との話し合いは継続する意向を示しており、同日囲み取材に応じた球団取締役の三笠杉彦も「自由契約は本人からの希望で、その意向を尊重した。あれくらいの選手だから、今後に向けての話し合いは続けていきたいし、サポートできることがあればサポートしていきたい」と述べている。自由契約公示は3月27日に行われた。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た大阪ドーム

    初安打:2002年6月15日、対大阪近鉄バファローズ11回戦(大阪ドーム)、6回表にジェレミー・パウエルから左前適時打川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た日本防炎協会

    財団法人日本防炎協会(2008年10月、防炎品普及啓発用ポスター)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た車椅子

    ''からは遊撃手のレギュラーに定着し、全試合フルイニング出場と打率3割を記録。最多安打(171本、三冠王を達成した松中信彦と同数)・盗塁王(42個)・ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得。同年から盗塁数と同数の車椅子を寄贈する「走れ!川﨑プロジェクト」を立ち上げ、2006年末に吉武真太郎・吉本亮・山崎勝己・井手正太郎をメンバーに、自身がオーナーを務めて軟式野球チーム「宗rin's」を作って小・中学生と交流するなど、積極的にメセナ活動も行っている。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た円形脱毛症

    ''3月13日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約で合意したことが報じられ、18日に契約。ホセ・レイエスの故障者リスト入りに伴い、4月13日にメジャー契約となり25人枠に入る。同日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でスタメン出場し、第1打席で先制点となる犠飛を打ち、チームの勝利に貢献。20日のニューヨーク・ヤンキース戦では黒田博樹と対戦し、翌21日のヤンキース戦ではメジャーで初となる1番でのスタメン出場を果たす。5月26日のボルチモア・オリオールズ戦ではメジャー初のサヨナラ打を放った。6月21日のオリオールズ戦ではトミー・ハンターからメジャー初本塁打となる2点本塁打を打った。32歳でのメジャー初本塁打はブルージェイズの選手としては最高齢であった。25日にはホセ・レイエスの復帰に伴いマイナー・オプションが行使されAAA級バッファローに降格したが、メルキー・カブレラの故障者リスト入りに伴い27日に再昇格。前半戦は67試合の出場で打率.213、出塁率.319の成績だった。6月から7月にかけては後頭部に円形脱毛症を発症していたと言う。7月13日にブレット・ロウリーの復帰に伴い再降格し、エミリオ・ボニファシオの移籍に伴い8月14日に再昇格。16日には育休リスト入りし長男の誕生に立ち会う。9月21日のボストン・レッドソックス戦では内野ゴロの判定を受けてヘルメットを地面にたたきつけるポーズを示し、初の退場処分を受ける。後半戦は26試合の出場で打率.274、出塁率.348の成績を残しシーズンを終える。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

201件中 131 - 140件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード