201件中 151 - 160件表示
  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たディスクジョッキー

    川﨑宗則の今日もヨロシコ(2004年 - 2009年〈1月から3月の期間限定放送〉、CROSS FM) - 川﨑のナビゲーターで、近況報告や裏話、ファンからの質問などに答える人気企画。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たバンザイ 〜好きでよかった〜

    バンザイ 〜好きでよかった〜』 / ウルフルズ(2006年開幕?5月頭頃)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    '開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選出された。同大会では、遊撃手として優勝に貢献。決勝戦(対キューバ戦)では、1点差に迫られた9回表にイチローの安打で二塁から生還。その際、アリエル・ペスタノのブロックの僅かな隙間から右手をねじ込んで生還し、「神の右手'」として話題になったが、このプレーで右肘を負傷した。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た第15回IBAFインターコンチネンタルカップ

    ''には、ウエスタン・リーグ公式戦で打率.367をマーク。最終規定打席をわずかに下回ったが、リーグの規定によって首位打者と認定された。9月には、正二塁手・井口資仁の戦線離脱に伴って、二塁手として一軍公式戦に出場。シーズン終了後に開催の第15回IBAFインターコンチネンタルカップにも、日本代表のメンバーとして出場した。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た内野手

    川﨑 宗則(かわさき むねのり、1981年6月3日 - )は、鹿児島県姶良市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たオールナイトニッポンGOLD

    川﨑宗則のオールナイトニッポンGOLD(2014年1月30日、ニッポン放送)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た911SH

    911SH、911T (2007年3月17日、斉藤和巳、的場直樹と共演)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たHAWKSベースボールパーク筑後

    復帰直後は、体調やNPBでのブランクなどを考慮しながら、二軍での調整に専念。4月4日には、オリックスとのウエスタン・リーグ公式戦(HAWKSベースボールパーク筑後)に「1番・遊撃手」としてスタメンで復帰後初の公式戦出場を果たすと、1回裏の第1打席で復帰後初安打を放った。4月12日の対阪神戦(阪神鳴尾浜球場)で守屋功輝からNPB復帰後初本塁打を放つなど、同リーグの公式戦では、13試合の出場で打率.441、1本塁打、1二塁打、1三塁打、10盗塁という好成績をマーク。4月28日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)に、「1番・二塁手」としてスタメンでパ・リーグの公式戦へ6年振りに出場すると、7回表の第4打席で復帰後初安打を放った。以降の公式戦にも、川崎のメジャー移籍後から今宮健太が正遊撃手として定着していることなどを背景に、二塁手として出場。5月11日の対オリックス戦(福岡ヤフオク!ドーム)3回裏の第2打席でブランドン・ディクソンから中前安打を放ったことによって、MLB/NPB公式戦通算1500安打を達成した。しかし、両足のアキレス腱に痛みを抱えながらプレーを続けていたことから、治療に専念すべく7月24日に出場選手登録を抹消された。以降はリハビリ組での調整となり、ようやく9月23日のウエスタン・リーグ(対阪神戦)で約2ヵ月振りに実戦復帰し「1番・二塁」で先発出場するが、その初球を先頭打者本塁打した打席の際に左ふくらはぎを攣り、その1打席のみで途中交代した。翌24日には再びリハビリ組での調整となり、クライマックスシリーズ以降のポストシーズンへの出場はならなかった。2017年シーズンは上記の怪我での離脱もあり、42試合の出場にどどまった。また、体調不良を理由にシーズン終了後の優勝祝賀パレードやファンフェスティバルなどの行事には参加しなかった。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た漁具

    タカミヤ - 釣具のポイント(釣り用品チェーン)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たリハビリテーション

    復帰直後は、体調やNPBでのブランクなどを考慮しながら、二軍での調整に専念。4月4日には、オリックスとのウエスタン・リーグ公式戦(HAWKSベースボールパーク筑後)に「1番・遊撃手」としてスタメンで復帰後初の公式戦出場を果たすと、1回裏の第1打席で復帰後初安打を放った。4月12日の対阪神戦(阪神鳴尾浜球場)で守屋功輝からNPB復帰後初本塁打を放つなど、同リーグの公式戦では、13試合の出場で打率.441、1本塁打、1二塁打、1三塁打、10盗塁という好成績をマーク。4月28日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)に、「1番・二塁手」としてスタメンでパ・リーグの公式戦へ6年振りに出場すると、7回表の第4打席で復帰後初安打を放った。以降の公式戦にも、川崎のメジャー移籍後から今宮健太が正遊撃手として定着していることなどを背景に、二塁手として出場。5月11日の対オリックス戦(福岡ヤフオク!ドーム)3回裏の第2打席でブランドン・ディクソンから中前安打を放ったことによって、MLB/NPB公式戦通算1500安打を達成した。しかし、両足のアキレス腱に痛みを抱えながらプレーを続けていたことから、治療に専念すべく7月24日に出場選手登録を抹消された。以降はリハビリ組での調整となり、ようやく9月23日のウエスタン・リーグ(対阪神戦)で約2ヵ月振りに実戦復帰し「1番・二塁」で先発出場するが、その初球を先頭打者本塁打した打席の際に左ふくらはぎを攣り、その1打席のみで途中交代した。翌24日には再びリハビリ組での調整となり、クライマックスシリーズ以降のポストシーズンへの出場はならなかった。2017年シーズンは上記の怪我での離脱もあり、42試合の出場にどどまった。また、体調不良を理由にシーズン終了後の優勝祝賀パレードやファンフェスティバルなどの行事には参加しなかった。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

201件中 151 - 160件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード