191件中 151 - 160件表示
  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た駅舎

    このほかに西日本旅客鉄道(JR西日本)奈良駅の高架化工事が進められ、会期中の2010年3月に完成した。これは、従来地平を走っていた線路を跨線橋で超えていたものを、付近一帯の線路を高架にし道路を地平に移すことによって踏切を無くす大規模な工事であった。完成後は駅ホームも高架となり、駅舎も現在の仮駅舎に代わって奈良の歴史をモチーフにしたデザインになっている。また駅周辺は西側にホテル誘致(これは失敗に終わったが)・総合保健施設、東側に商業ビルなどの再開発も進んでいる。旧駅舎は観光案内所としてリニューアルされた(「奈良駅」も参照)。しかしながら、駅前広場の再整備は主要部分が事業化されていない状態であり、また当初の計画にあった奈良駅の2階から接続する予定の駅東側のペデストリアンデッキは、旧国道24号線の拡幅工事が予定通りに進まなかった事や、デッキからの降り口をどこに造るかで降り口周辺の店舗とそうでない店舗との調整が出来なかった事などが重なり、建設されていない。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見たプラットホーム

    このほかに西日本旅客鉄道(JR西日本)奈良駅の高架化工事が進められ、会期中の2010年3月に完成した。これは、従来地平を走っていた線路を跨線橋で超えていたものを、付近一帯の線路を高架にし道路を地平に移すことによって踏切を無くす大規模な工事であった。完成後は駅ホームも高架となり、駅舎も現在の仮駅舎に代わって奈良の歴史をモチーフにしたデザインになっている。また駅周辺は西側にホテル誘致(これは失敗に終わったが)・総合保健施設、東側に商業ビルなどの再開発も進んでいる。旧駅舎は観光案内所としてリニューアルされた(「奈良駅」も参照)。しかしながら、駅前広場の再整備は主要部分が事業化されていない状態であり、また当初の計画にあった奈良駅の2階から接続する予定の駅東側のペデストリアンデッキは、旧国道24号線の拡幅工事が予定通りに進まなかった事や、デッキからの降り口をどこに造るかで降り口周辺の店舗とそうでない店舗との調整が出来なかった事などが重なり、建設されていない。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見たなら100年会館

    2008年8月19日 平城遷都1300年祭応援団結団式&500日前Startingイベント (松井絵里奈、田中星児、着ぐるみせんとくん、鹿坊、鹿爺)なら100年会館平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見たJR東西線

    JR西日本も2008年におおさか東線の南区間である久宝寺駅 - 放出駅間を先行開業させて、同線・JR東西線経由で奈良駅 - 尼崎駅間に快速列車を走らせている。当初計画されていた新大阪駅 - 奈良駅間の列車は北区間の工事の遅れにより2010年の会期には間に合わず、新大阪駅 - 奈良駅間に臨時特急列車を運転する予定に変更された。また、当初、関西空港駅から奈良方面への臨時列車の運転が計画され、平城遷都1300年祭の秋季期間(10月9日 - 11月7日)に、天王寺駅・JR難波駅を経由する貸切列車を運転させる予定であったが、実際には運転されなかった。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た奈良県新公会堂

    2008年3月8日 平城遷都1300年記念シンポジウム (松岡正剛編集工学研究所長、荒井正吾奈良県知事、藤原昭奈良市長)奈良県新公会堂平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た遷都

    平城遷都1300年記念事業(へいじょうせんとせんさんびゃくねんきねんじぎょう)とは、現在の奈良県奈良市付近にあった平城京への遷都から2010年(平成22年)で1300周年を迎えることを記念して開催された事業。平城遷都1300年祭とも。主催は奈良県などが設立した平城遷都1300年記念事業協会。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た国立民族学博物館

    石森秀三(北海道大学観光学高等研究センター長、国立民族学博物館名誉教授)平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た奈良県立図書情報館

    千田稔(奈良県立図書情報館館長、国際日本文化研究センター名誉教授)平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た三条通り

    道路関係の主な工事としては阪奈道路の第二阪奈道路合流点(宝来ランプ) - 尼ヶ辻間の8車線化工事が挙げられる(国道308号大宮道路)。これは片側2車線(合計4車線)しかなく慢性的に渋滞が発生していた(第二阪奈の開業で車両流入量が増えさらに悪化している)同区間の状況を緩和するべく、新たにこの区間に4車線の高架路を作り遠近分離を図るものであった。また、これにつながる形で三条菅原線(三条大路5丁目-三条栄町)と大森高畑線の一部の4車線化も行われJR奈良駅西口から平城宮跡会場まで渋滞を避けたシャトルバス運行に重用された。旧国道24号線より東側の三条通りの歩道拡幅も行われたが、会期までには完成せず会期中は工事中断とされた。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た東アジア

    計画当初は、「美しい日本、はじまりの奈良」を合言葉に日本の歴史文化を世界に発信し、21世紀の地球社会にふさわしい平和で豊かな文化の創造に資するとともに東アジアをはじめ世界各地との交流の拡大を図り、活力と創造性に満ちた社会の構築に寄与することを目的としたが、2008年に合言葉が「日本のはじまり 奈良」と変更され、目的も「日本の歴史・文化が連綿と続いたこと“祝い、感謝する”」ものとされた。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

191件中 151 - 160件表示

「平城遷都1300年祭」のニューストピックワード