191件中 161 - 170件表示
  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た文化庁

    平城宮跡会場にパビリオンを設置する予定だったが、文化庁が難色を示したため断念。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た朱雀門

    朱雀門 1998年復元の朱雀門の復元。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た奈良県立万葉文化館

    中西進(奈良県立万葉文化館館長、国際日本文化研究センター名誉教授、京都市立芸術大学名誉教授)平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見たシカ

    平城遷都1300年記念事業協会は選定委員によって、東京芸術大大学院教授で彫刻家の籔内佐斗司が描いた童子に鹿の角を生やしたキャラクターをマスコットとして選び、500万円で著作権を譲り受けた。4月15日、キャラクターの愛称が「せんとくん」に決定した。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た工事

    このほかに西日本旅客鉄道(JR西日本)奈良駅の高架化工事が進められ、会期中の2010年3月に完成した。これは、従来地平を走っていた線路を跨線橋で超えていたものを、付近一帯の線路を高架にし道路を地平に移すことによって踏切を無くす大規模な工事であった。完成後は駅ホームも高架となり、駅舎も現在の仮駅舎に代わって奈良の歴史をモチーフにしたデザインになっている。また駅周辺は西側にホテル誘致(これは失敗に終わったが)・総合保健施設、東側に商業ビルなどの再開発も進んでいる。旧駅舎は観光案内所としてリニューアルされた(「奈良駅」も参照)。しかしながら、駅前広場の再整備は主要部分が事業化されていない状態であり、また当初の計画にあった奈良駅の2階から接続する予定の駅東側のペデストリアンデッキは、旧国道24号線の拡幅工事が予定通りに進まなかった事や、デッキからの降り口をどこに造るかで降り口周辺の店舗とそうでない店舗との調整が出来なかった事などが重なり、建設されていない。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た

    平城遷都1300年記念事業協会は選定委員によって、東京芸術大大学院教授で彫刻家の籔内佐斗司が描いた童子に鹿のを生やしたキャラクターをマスコットとして選び、500万円で著作権を譲り受けた。4月15日、キャラクターの愛称が「せんとくん」に決定した。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見たマーケティング

    評議員 - 網干善教(関西大学名誉教授・2006年死去)、井沢元彦(作家)、石毛直道(国立民族学博物館名誉教授・元館長)、上野誠(奈良大学教授)、鎌田道隆(前奈良大学学長)、河瀬直美(映画作家)、北岡伸一(東大大学院教授)、さだまさし(歌手)、里中満智子(漫画家)、中邨秀雄(前吉本興業名誉会長)、永井多恵子(前NHK副会長)、西川りゅうじん(マーケティング専門家)、町田章(前文化財研究所理事長)、水野正好(奈良大学名誉教授)、山崎しげ子(随筆家)、山折哲雄(日文研名誉教授・元所長)など他多数。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た京都市立芸術大学

    中西進(奈良県立万葉文化館館長、国際日本文化研究センター名誉教授、京都市立芸術大学名誉教授)平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た線路 (鉄道)

    このほかに西日本旅客鉄道(JR西日本)奈良駅の高架化工事が進められ、会期中の2010年3月に完成した。これは、従来地平を走っていた線路を跨線橋で超えていたものを、付近一帯の線路を高架にし道路を地平に移すことによって踏切を無くす大規模な工事であった。完成後は駅ホームも高架となり、駅舎も現在の仮駅舎に代わって奈良の歴史をモチーフにしたデザインになっている。また駅周辺は西側にホテル誘致(これは失敗に終わったが)・総合保健施設、東側に商業ビルなどの再開発も進んでいる。旧駅舎は観光案内所としてリニューアルされた(「奈良駅」も参照)。しかしながら、駅前広場の再整備は主要部分が事業化されていない状態であり、また当初の計画にあった奈良駅の2階から接続する予定の駅東側のペデストリアンデッキは、旧国道24号線の拡幅工事が予定通りに進まなかった事や、デッキからの降り口をどこに造るかで降り口周辺の店舗とそうでない店舗との調整が出来なかった事などが重なり、建設されていない。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見たウェブサイト

    「せんとくん」に対しては、市民から「可愛くない」、また童子が仏に見えることから「仏を侮辱している」「仏に角を生やすのは不謹慎である」等の批判がある他、「平城遷都1300年祭を救う会」を名乗る任意団体が結成され、街頭やウェブ上などで反対運動を展開していた。更に2008年3月27日には奈良市と周辺の寺院の僧侶らで構成される親睦団体南都二六会が「仏をちゃかしたようなキャラクターに嫌悪感を覚える」などとしてマスコットの再考を求める意見書を提出した。平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

191件中 161 - 170件表示

「平城遷都1300年祭」のニューストピックワード