前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • FC東京

    FC東京から見た平山相太平山相太

    しかし、ワンチョペの動きには一向にキレが戻らず、エバウドと茂庭照幸の両センターバックも負傷により低調で、攻守の軸が定まらず、開幕からつまづいた。J2だった1999年から2006年まで8季(旧JFL時代の1997年、1998年を含めると10季)続けて開幕戦に勝利していたが、広島に敗れ、開幕戦連勝記録も止まった(右表)。ワンチョペはシーズン途中で退団。更に、U-22代表として梶山陽平、伊野波雅彦、平山相太の三人が、フル代表として今野泰幸が常時招集されており、中でもスタメンであった梶山が代表戦での怪我で9月に離脱した。年間成績は12位で終了。なお、第28節横浜FM戦の勝利で、J1通算100勝を達成した。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • カレン・ロバート

    カレン・ロバートから見た平山相太平山相太

    父親がアイルランド人で母親が日本人。二重国籍者だったが、日本国籍を選択。兄弟は兄と姉(共に英国籍で英国在住)。このような経歴から、オランダではEU圏内選手と同等の権利を有する。選手としてはスピードと豊富な運動量でボールを追い回し続ける泥臭さが信条で、少年時代から運動量が豊富だったため昔は守備的な位置でプレーすることが多かったという。年齢別代表ではU20代表に召集され、「この世代はFWが豊作」と言わるほど平山相太とともに看板選手として注目される。ワールドユースでは全4試合に出場(初戦のオランダ戦のみワントップの戦術のため途中出場で、他はスタメン)。グループリーグを突破するも決勝トーナメント1回戦ではシュートが2度ゴールポスト直撃になるなどノーゴールに終わり敗退。北京五輪を目指すU22代表にもチーム発足時から招集されるが、無得点が続くと岡崎慎司や李忠成や豊田陽平など後から追加招集されたFW陣に次々と序列で先を越され予選の出番はなく、本大会でもメンバーから外れた。カレン・ロバート フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉千真

    渡邉千真から見た平山相太平山相太

    7歳(小学校2年生)の時に兄・大剛の影響でサッカーを始め、2002年、国見高校に進学する。同校サッカー部では1学年上の平山相太、兵藤慎剛らと共に攻撃をリード。2003年度のインターハイでは得点王に輝いた。さらに同年度の全国高校サッカー選手権を制覇。当時は主に攻撃的MFを務めていたが、平山らが部を引退した3年時からはFWでプレー。2004年度の高校サッカー選手権にはキャプテンとして出場し、厳しいマークに晒される中でも正確なプレーでベスト4入り。渡邉千真 フレッシュアイペディアより)

  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見た平山相太平山相太

    渡邉体制4年目。法政大から永戸勝也が新加入。FC東京から平山相太が完全移籍、柏から増嶋竜也、浦和から石原直樹、川崎から中野嘉大、ポルトガル・SCブラガからクリスランがそれぞれ期限付き移籍加入。松本へ期限付き移籍していたシュミット・ダニエルが復帰。また、前年に期限付き移籍で仙台へ加入した三田啓貴と平岡康裕がともに完全移籍に移行。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 亀ヶ渕幹

    亀ヶ渕幹から見た平山相太平山相太

    国見高校の同級生に、徳重健太、片山奨典、徳永悠平、亀ヶ渕鼓ら。また、1年先輩に大久保嘉人、松橋章太、1年後輩に巻佑樹、松橋優、柴崎晃誠、渡邉大剛、2年後輩に平山相太、兵藤慎剛、中村北斗など錚々たる顔触れが揃う。亀ヶ渕幹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生耕平

    麻生耕平から見た平山相太平山相太

    筑波大では同期にソニー仙台FCに同期入団した今田傑や元ベガルタ仙台の三澤純一、そして平山相太がいた。麻生耕平 フレッシュアイペディアより)

  • 平山

    平山から見た平山相太平山相太

    平山相太(サッカー選手)平山 フレッシュアイペディアより)

  • 今田傑

    今田傑から見た平山相太平山相太

    筑波大学では主将も務めた。筑波大では同期にソニー仙台FCに同期入団した麻生耕平や元ベガルタ仙台の三澤純一、そして平山相太がいた。横浜Fマリノスユース時代には2種選手登録もしていてサテライトリーグにも出場した。また、横浜Fマリノスユース時代は谷口博之と同期である。小中学生時代には、同じ学校の1学年上にベガルタ仙台の菅井直樹がいた。今田傑 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木達也 (1982年生のサッカー選手)

    鈴木達也 (1982年生のサッカー選手)から見た平山相太平山相太

    2001年、筑波大学に進学。2年時の足首骨折によって長期離脱を強いられたことから大学選抜で名を挙げることは無かったが、復帰後は2003年の大学選手権(インカレ)MVP及び2004年のリーグベストイレブン選出など活躍を見せた。同期に兵働昭弘。4年時には3期後輩のFW平山相太と2トップを組んだ。鈴木達也 (1982年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 青柳雅信

    青柳雅信から見た平山相太平山相太

    高校時代は筑陽学園高校のディフェンスリーダーとして高校選手権初出場決勝進出に貢献し優秀選手に選ばれる。決勝での相手に平山相太、中村北斗、兵藤慎剛、渡邉千真、城後寿がいた。同大会で大会優秀選手に選ばれる。青柳雅信 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「平山相太」のニューストピックワード