116件中 91 - 100件表示
  • 平山相太

    平山相太から見たフォワード (サッカー)

    平山 相太(ひらやま そうた、1985年6月6日 - )は、福岡県出身の元プロサッカー選手。現役時代のポジションはフォワード(FW)。北九州市立田原中学校卒業。長崎県立国見高等学校卒業、筑波大学中退。元日本代表。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た腓骨

    2011年は、前年終盤に活躍の兆しが見えたこともありリーグ戦序盤を勝ち切るためのキーマンとして構想されていたが、4月10日の練習試合中に脛骨・腓骨を骨折。自身初の負傷による長期離脱を経験した。2012年シーズン序盤にかけて復帰したものの、5月に腓骨・短腓骨筋を挫傷し、再離脱。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た特別指定選手

    U-23日本代表としては、同年2月8日の国際親善試合・イラン戦で初先発し初得点を挙げると、3月のアジア最終予選にもレギュラーとして出場。しかしこの後、U-19日本代表としての活動も重なったことによってオーバートレーニング症候群の一歩手前に陥り、Jリーグクラブへの特別指定選手登録も回避されることになった。U-19代表のトゥーロン国際大会後に症状は回復したがU-23代表では予選で控えだった高松大樹にレギュラーを奪われた。オーバーエイジで参加予定だった高原直泰の離脱もあり、8月にはサッカー競技としては史上最年少の19歳2ヶ月でアテネオリンピックに出場したものの、山本昌邦監督が平山を起用したのはグループステージ初戦・パラグアイ戦の終盤16分間のみで、チームも1勝2敗で決勝トーナメント進出はならなかった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た第82回全国高等学校サッカー選手権大会

    2003年11月にはワールドユース・UAE大会の日本代表に1年代下から抜擢される。控えFWの立場であったが、坂田大輔以外のレギュラーFW陣にノーゴールが続く中、1次リーグ最終戦・エジプト戦では決勝トーナメント進出を決める貴重な決勝点を挙げ、ポストプレイヤーとしても空中戦をほぼすべて競り勝っていた活躍が認められ、ブラジルとの準々決勝ではスタメンとして起用される。敗れたものの、この試合唯一の得点も決めた。12月から翌年1月に行われた第82回全国高校サッカー選手権では大会前から注目を集め、長崎県代表・国見高の中心選手として得点を量産。大会史上初となる2年連続得点王を引っさげ、アテネオリンピックアジア最終予選の日本代表に高校生として唯一選出された。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たRBCローゼンダール

    2005年8月20日、オランダでのデビュー戦となった対デン・ハーグ戦は後半途中から投入。出場から2分後、味方のフリーキックからヘディングで押し込みプロ初ゴールを挙げると、さらにコーナーキックの折り返しを再び頭で合わせ、デビュー戦2得点でチームを逆転勝利に導いた。同年11月20日の対RBC戦ではリフティングからの技巧的なボレーシュートを決め、現地のサッカー番組の中でベストゴールにノミネートされた。2005-06シーズンは途中出場も多い中、チーム最多の8得点を挙げた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たエールディヴィジ

    2005年は、山本が監督に就いたジュビロ磐田の練習に参加していたが、U-20日本代表の活動を優先し特別指定は見送った。同年6月には、自身2度目のワールドユースに主力メンバーとして出場し、チームの成績は振るわなかったものの開催国のオランダ戦で1得点を挙げる。この大会終了後の同年7月、オランダリーグ・フェイエノールトの練習生として短期留学。翌8月にこのシーズンから1部入りしたヘラクレス・アルメロに3年契約で入団することが決まり、筑波大学を休学することになった。この時期の心境について後年に「2度目のワールドユースに出場し、2003年のワールドユースの時の自分から何も変わっていない、成長していない。厳しい環境に身を置きたいと強く思った」と述べている。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たコーナーキック

    2005年8月20日、オランダでのデビュー戦となった対デン・ハーグ戦は後半途中から投入。出場から2分後、味方のフリーキックからヘディングで押し込みプロ初ゴールを挙げると、さらにコーナーキックの折り返しを再び頭で合わせ、デビュー戦2得点でチームを逆転勝利に導いた。同年11月20日の対RBC戦ではリフティングからの技巧的なボレーシュートを決め、現地のサッカー番組の中でベストゴールにノミネートされた。2005-06シーズンは途中出場も多い中、チーム最多の8得点を挙げた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た仙台大学

    今後は指導者を目指し仙台大学に入学すると共に、サッカー解説者としても活動。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た駒沢陸上競技場

    2004年4月17日の大学リーグデビュー戦(関東大学リーグ1部・対流通経済大学戦)は3800人の観衆が集まるなど注目を集め、駒沢陸上競技場にマスコミが多数集まりスポーツニュースなどで報道された。なお、大学時代のチームメイトには2学年上にMF藤本淳吾、3学年上にFW鈴木達也、MF兵働昭弘らがおり、木山隆之監督の指導を受けている。同年のリーグ戦最終節では2得点1アシストを挙げ、優勝に貢献。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た高円宮杯第12回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

    中学3年時には地元福岡の東福岡高校のセレクションにも参加したが、九州トレセンで国見高校監督を務める小嶺忠敏の指導に好印象を持ったこととなどから、3学期から長崎県の国見中学校へ転校し、2001年に国見高校へと進学。小嶺からは「(かつて国見のエースだった)船越優蔵よりも上」と評価されて1年時から主力に食い込むと、同年9月には自らの決勝点で高円宮杯を制し、2年時の第82回天皇杯では、1回戦の山形中央高校戦でハットトリックを記録。2回戦で国士舘大学を破り高校チームながら3回戦でJリーグ王者のジュビロ磐田と対戦した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

116件中 91 - 100件表示

「平山相太」のニューストピックワード