116件中 21 - 30件表示
  • 平山相太

    平山相太から見たベガルタ仙台

    2017年、ベガルタ仙台へ完全移籍。日本国内での移籍はキャリア史上初となった。長身を活かしたヘディングシュートやポストプレー、またFC東京時代からのチームメイトで同年から仙台に完全移籍した三田啓貴との連携を期待され、開幕節はスタメンこそ逃したもののベンチ入りを果たす。この試合では終盤に交代出場する予定だったが、交代用紙を提出した直後にチームが先制したため取りやめとなり、出場機会がなかった。その翌日の練習試合で左足首を負傷し離脱、11月までチームの練習に合流できず、シーズンを棒に振った。またプロ入り後初めて公式戦の出場がないシーズンとなってしまった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たアルビレックス新潟

    2006年、9月30日の対新潟戦でJリーグデビュー(先発出場)した。10月7日の対名古屋戦でJリーグ初得点を記録。ゴール後、スポンサーの看板(三井住友海上)を蹴り壊してしまい、クラブに損害請求される珍事が起こった。10月25日、U-21日本代表に招集され出場した対U-21中国代表との親善試合では、相手GKと交錯したボールを手で押し込んでゴールを奪い、中国の監督は試合後「マラドーナスタイルにやられてしまった(?拉多??格做了。)」と皮肉を込めたコメントを残した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たFC東京

    日本に帰国後にはJリーグの複数チームから獲得の打診があり、「学業の両立」が可能で、かつ、「すぐ試合に出られるチーム」を条件に絞り込み、9月10日にFC東京への加入が決定。しかし、ヘラクレス側は平山のこの行動を不服とし、「説明が無い限り(公式戦出場に必要な)国際移籍証明書を発行しない」という声明を発表したが、期限前に証明書は発行され無事に2006年のJリーグ公式戦に出場できる運びとなった。国際移籍証明書がなかなか発行されなかったために日本サッカー協会が選手登録の締切り期限を1日延長した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たジュビロ磐田

    中学3年時には地元福岡の東福岡高校のセレクションにも参加したが、九州トレセンで国見高校監督を務める小嶺忠敏の指導に好印象を持ったこととなどから、3学期から長崎県の国見中学校へ転校し、2001年に国見高校へと進学。小嶺からは「(かつて国見のエースだった)船越優蔵よりも上」と評価されて1年時から主力に食い込むと、同年9月には自らの決勝点で高円宮杯を制し、2年時の第82回天皇杯では、1回戦の山形中央高校戦でハットトリックを記録。2回戦で国士舘大学を破り高校チームながら3回戦でJリーグ王者のジュビロ磐田と対戦した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たマッシモ・フィッカデンティ

    2014年はエドゥーとのポジション争いを続ける中好調を維持し、相手を背負うボールキープと相手の背後を突く動きの両方を巧みにこなしていたが、J1第21節浦和戦で森脇良太からのタックルによって右足首内果を骨折し、戦線離脱。マッシモ・フィッカデンティ監督は、同年のベストゲームを問われた際にこの試合の平山が負傷するまでの30分間と答えており、平山不在はチームにとって大きな痛手となった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たランコ・ポポヴィッチ

    コンディションを取り戻して以降も、ランコ・ポポヴィッチ監督は、平山にはブランクがあるとして控えに置いていたが、練習試合で得点を量産するなど気を吐き、2013年4月3日のナビスコカップ・名古屋戦で760日ぶりに公式戦先発出場。この年、FWには渡邉千真がレギュラーに入り好調を保っていたが、平山は攻撃の起爆剤としての役割をこなし、J1第23節鳥栖戦でJ1での3年ぶりの得点を挙げた。この後も限られた出場時間の中、好ペースで得点を重ねた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た兵働昭弘

    2004年4月17日の大学リーグデビュー戦(関東大学リーグ1部・対流通経済大学戦)は3800人の観衆が集まるなど注目を集め、駒沢陸上競技場にマスコミが多数集まりスポーツニュースなどで報道された。なお、大学時代のチームメイトには2学年上にMF藤本淳吾、3学年上にFW鈴木達也、MF兵働昭弘らがおり、木山隆之監督の指導を受けている。同年のリーグ戦最終節では2得点1アシストを挙げ、優勝に貢献。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た藤本淳吾

    2004年4月17日の大学リーグデビュー戦(関東大学リーグ1部・対流通経済大学戦)は3800人の観衆が集まるなど注目を集め、駒沢陸上競技場にマスコミが多数集まりスポーツニュースなどで報道された。なお、大学時代のチームメイトには2学年上にMF藤本淳吾、3学年上にFW鈴木達也、MF兵働昭弘らがおり、木山隆之監督の指導を受けている。同年のリーグ戦最終節では2得点1アシストを挙げ、優勝に貢献。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た三田啓貴

    2017年、ベガルタ仙台へ完全移籍。日本国内での移籍はキャリア史上初となった。長身を活かしたヘディングシュートやポストプレー、またFC東京時代からのチームメイトで同年から仙台に完全移籍した三田啓貴との連携を期待され、開幕節はスタメンこそ逃したもののベンチ入りを果たす。この試合では終盤に交代出場する予定だったが、交代用紙を提出した直後にチームが先制したため取りやめとなり、出場機会がなかった。その翌日の練習試合で左足首を負傷し離脱、11月までチームの練習に合流できず、シーズンを棒に振った。またプロ入り後初めて公式戦の出場がないシーズンとなってしまった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た船越優蔵

    中学3年時には地元福岡の東福岡高校のセレクションにも参加したが、九州トレセンで国見高校監督を務める小嶺忠敏の指導に好印象を持ったこととなどから、3学期から長崎県の国見中学校へ転校し、2001年に国見高校へと進学。小嶺からは「(かつて国見のエースだった)船越優蔵よりも上」と評価されて1年時から主力に食い込むと、同年9月には自らの決勝点で高円宮杯を制し、2年時の第82回天皇杯では、1回戦の山形中央高校戦でハットトリックを記録。2回戦で国士舘大学を破り高校チームながら3回戦でJリーグ王者のジュビロ磐田と対戦した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

116件中 21 - 30件表示

「平山相太」のニューストピックワード