116件中 31 - 40件表示
  • 平山相太

    平山相太から見た原博実

    Jリーグでは、出場機会のほとんどが試合終盤からの投入だったものの、9月15日のJ1第25節横浜FC戦で、後半40分からの出場ながらフィールド中央からドリブルでの5人抜きゴールを決めるなど、能力の片鱗を示した。FC東京の原博実監督は「ボールの落下地点に早く入ることとか、正確に狙ったところへボールを落とすなどヘディングの技術を磨く必要がある」と、長身ではあるがヘディングに課題があると評していた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たピーター・ボス

    2006年1月27日、FIFAが選出する「ベスト・ヤング・プレーヤー・オブ・ワールドカップ2006」にノミネート。4月30日には、サッカーに専念するため、休学中であった筑波大を自主退学。プロサッカー選手としての活動に専念することとなった。しかし、2006-07シーズン、平山を気にかけていたピーター・ボスに代わって新たに監督に就いたルート・ブロートからは信頼を得られず、欧州の移籍期限終了後の9月5日、所属していたヘラクレスを退団。オランダのDFに競り勝つための身体作りと慣れない海外生活から、心身ともに疲弊した状態で日本に帰国した。ホームシックのために帰国したともされているが、これは本人が構想外になったことを公言するのを嫌がってのことであった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た鈴木達也 (1982年生のサッカー選手)

    2004年4月17日の大学リーグデビュー戦(関東大学リーグ1部・対流通経済大学戦)は3800人の観衆が集まるなど注目を集め、駒沢陸上競技場にマスコミが多数集まりスポーツニュースなどで報道された。なお、大学時代のチームメイトには2学年上にMF藤本淳吾、3学年上にFW鈴木達也、MF兵働昭弘らがおり、木山隆之監督の指導を受けている。同年のリーグ戦最終節では2得点1アシストを挙げ、優勝に貢献。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た山本昌邦

    U-23日本代表としては、同年2月8日の国際親善試合・イラン戦で初先発し初得点を挙げると、3月のアジア最終予選にもレギュラーとして出場。しかしこの後、U-19日本代表としての活動も重なったことによってオーバートレーニング症候群の一歩手前に陥り、Jリーグクラブへの特別指定選手登録も回避されることになった。U-19代表のトゥーロン国際大会後に症状は回復したがU-23代表では予選で控えだった高松大樹にレギュラーを奪われた。オーバーエイジで参加予定だった高原直泰の離脱もあり、8月にはサッカー競技としては史上最年少の19歳2ヶ月でアテネオリンピックに出場したものの、山本昌邦監督が平山を起用したのはグループステージ初戦・パラグアイ戦の終盤16分間のみで、チームも1勝2敗で決勝トーナメント進出はならなかった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たエドゥアルド・ゴンザウヴェス・デ・オリヴェイラ

    2014年はエドゥーとのポジション争いを続ける中好調を維持し、相手を背負うボールキープと相手の背後を突く動きの両方を巧みにこなしていたが、J1第21節浦和戦で森脇良太からのタックルによって右足首内果を骨折し、戦線離脱。マッシモ・フィッカデンティ監督は、同年のベストゲームを問われた際にこの試合の平山が負傷するまでの30分間と答えており、平山不在はチームにとって大きな痛手となった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た流通経済大学サッカー部

    2004年4月17日の大学リーグデビュー戦(関東大学リーグ1部・対流通経済大学戦)は3800人の観衆が集まるなど注目を集め、駒沢陸上競技場にマスコミが多数集まりスポーツニュースなどで報道された。なお、大学時代のチームメイトには2学年上にMF藤本淳吾、3学年上にFW鈴木達也、MF兵働昭弘らがおり、木山隆之監督の指導を受けている。同年のリーグ戦最終節では2得点1アシストを挙げ、優勝に貢献。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たサッカー日本代表

    平山 相太(ひらやま そうた、1985年6月6日 - )は、福岡県出身の元プロサッカー選手。現役時代のポジションはフォワード(FW)。北九州市立田原中学校卒業。長崎県立国見高等学校卒業、筑波大学中退。元日本代表平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たFIFA U-20ワールドカップ

    2003年11月にはワールドユース・UAE大会の日本代表に1年代下から抜擢される。控えFWの立場であったが、坂田大輔以外のレギュラーFW陣にノーゴールが続く中、1次リーグ最終戦・エジプト戦では決勝トーナメント進出を決める貴重な決勝点を挙げ、ポストプレイヤーとしても空中戦をほぼすべて競り勝っていた活躍が認められ、ブラジルとの準々決勝ではスタメンとして起用される。敗れたものの、この試合唯一の得点も決めた。12月から翌年1月に行われた第82回全国高校サッカー選手権では大会前から注目を集め、長崎県代表・国見高の中心選手として得点を量産。大会史上初となる2年連続得点王を引っさげ、アテネオリンピックアジア最終予選の日本代表に高校生として唯一選出された。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見たサガン鳥栖

    コンディションを取り戻して以降も、ランコ・ポポヴィッチ監督は、平山にはブランクがあるとして控えに置いていたが、練習試合で得点を量産するなど気を吐き、2013年4月3日のナビスコカップ・名古屋戦で760日ぶりに公式戦先発出場。この年、FWには渡邉千真がレギュラーに入り好調を保っていたが、平山は攻撃の起爆剤としての役割をこなし、J1第23節鳥栖戦でJ1での3年ぶりの得点を挙げた。この後も限られた出場時間の中、好ペースで得点を重ねた。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た山形県立山形中央高等学校

    2002年12月1日:第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦 vs 山形中央高校 (長崎)平山相太 フレッシュアイペディアより)

116件中 31 - 40件表示

「平山相太」のニューストピックワード