335件中 131 - 140件表示
  • 多田亜沙美

    多田亜沙美から見た広末涼子広末涼子

    1995年1月16日放送の月曜ドラマスペシャル『松本清張特別企画 父系の指』でデビュー。同年には大塚食品が発売した「あ!あれたべよ」の初代CMガールに起用されている。1990年代後半にかけてテレビドラマ・映画・舞台などで活躍し、1997年に公開された広末涼子の初主演映画『20世紀ノスタルジア』では、広末演じる主人公の親友役という重要な役どころを務めた。多田亜沙美 フレッシュアイペディアより)

  • 服部隆之

    服部隆之から見た広末涼子広末涼子

    1997年 - 「MajiでKoiする5秒前」(広末涼子) - ストリングス・アレンジ服部隆之 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井信好

    浅井信好から見た広末涼子広末涼子

    1997年よりストリートダンスを開始し、SMAPやサカナクションなどのミュージックビデオやコンサートの振付を担当。その他に「嫌われ松子の一生」(主演:中谷美紀)、「バブルへGO」(主演:広末涼子)などの映画やCMの振付も多数行う。2006年~2011年までパリ市立劇場を創作拠点とする山海塾に所属する傍ら、2010年にはポーラ美術財団在外研修員としてベルリンで活動を行う。2011年から文化庁新進芸術家海外研修制度在外研修員としてイスラエルのバットシェバ舞踏団へ派遣、その他、Clipa TheaterやMaria Kongといったダンスカンパニーでも活動。2009年よりソロ作品を年2作品ペースで世界各国の劇場やフェスティバルとの共同製作にて発表し、若手現代美術家にとって最高峰と言われるアルテ・ラグナ国際アートアワード2012(ベネツィア)において、日本人初となる特別賞を受賞。浅井信好 フレッシュアイペディアより)

  • よしもとよしとも

    よしもとよしともから見た広末涼子広末涼子

    神奈川大学中退。漫画家の石渡治は実兄。過去に『日刊吉本良明』という作品を発表しているが、「吉本良明」は本名ではない。妻は広末涼子のNTTドコモのポケベルCMなどの演出を手がけている映像作家の中村佳代。娘はmerimeriyeahのドラムの石渡朔子。よしもとよしとも フレッシュアイペディアより)

  • 後藤理沙

    後藤理沙から見た広末涼子広末涼子

    1997年、小学館の青年向漫画雑誌「ヤングサンデー」のグラビアに登場。1999年、ポカリスエットのCMで一躍CM美少女として脚光を浴び、以後ドラマ、映画、コマーシャルなどに多数出演した。当時の所属事務所はフラームで、広末涼子や小雪に続く看板候補であった。後藤理沙 フレッシュアイペディアより)

  • スターフォックス64

    スターフォックス64から見た広末涼子広末涼子

    広末涼子をメインに据え、総勢約350人の出演者が巨大スクリーンの前で『スターフォックス64』をプレイするという大掛かりなもの。コピーライターの糸井重里がCMを手がけており、広末が「シビレる〜」という台詞を連呼するなど、振動パック対応ソフトであることを強調する内容だった。撮影が行われた場所は幕張メッセ。スターフォックス64 フレッシュアイペディアより)

  • 文芸社

    文芸社から見た広末涼子広末涼子

    単発企画でも2005年「ずっと逢いたかった」(出演:松本幸四郎。フジテレビ系「金曜エンタテイメント」)、2009年「にぃにのことを忘れないで」(出演:錦戸亮他。日本テレビ系「24時間テレビ」スペシャルドラマ)、2010年「みぽりんのえくぼ」(出演:広末涼子、長瀬智也、福田麻由子他。「24時間テレビ」)がある。文芸社 フレッシュアイペディアより)

  • 神明児童遊園

    神明児童遊園から見た広末涼子広末涼子

    また1996年にデビュー直後の広末涼子が出演し、一躍彼女を有名にしたNTTドコモのポケベルのCM撮影に使われたのもこの公園のタコ型遊具であった。神明児童遊園 フレッシュアイペディアより)

  • ディップ

    ディップから見た広末涼子広末涼子

    広末涼子(2003年6月イメージキャラクターに起用)ディップ フレッシュアイペディアより)

  • 松下由樹

    松下由樹から見た広末涼子広末涼子

    生きててもいい…?〜ひまわりの咲く家〜(2006年3月3日、フジテレビ、【W主演:広末涼子】 ) - 主演・市村千佳子 役松下由樹 フレッシュアイペディアより)

335件中 131 - 140件表示

「広末涼子」のニューストピックワード