155件中 111 - 120件表示
  • 桐生大学附属中学校・桐生第一高等学校

    桐生大学附属中学校・桐生第一高等学校から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    正田樹(プロ野球・愛媛マンダリンパイレーツ投手)桐生大学附属中学校・桐生第一高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 武田翔太

    武田翔太から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    ''、2月中旬の春季キャンプ中に右肩違和感を訴え別メニュー調整となり、そのまま約半年間右肩痛で離脱し、5月26日の三軍での対愛媛マンダリンパイレーツ戦で2回3安打2失点で実戦復帰した。7月16日から二軍で3試合先発して18イニングで防御率2.00とアピール、8月6日に一軍昇格となり、同日の対西武戦で先発して5回を投げ無失点で勝利した。ローテーションの戦略上2度抹消と昇格があったが終盤のローテーションを守った。ペナントレースは先発7試合で3勝3敗と援護に恵まれなかったが、防御率は1.87をマークした。日本ハムとのCSファイナルステージでは、10月16日第2戦に先発、初回に内川聖一の先制ソロ本塁打で援護を貰うと5回まで無失点投球、しかし6回二死二塁とした所で陽岱鋼のショートゴロを今宮健太が一塁へ悪送球した2失点で逆転され、続く中田翔にレフトスタンドでツーランホームランを打たれ6回4失点(自責0)で無念の降板となりクライマックスシリーズは2012年に引き続き敗戦投手となった。阪神タイガースとの日本シリーズは、阪神甲子園球場にて1敗で迎えた10月26日の第2戦に先発し、6回二死まで走者を1人も許さなかった。7回を投げ3安打1四球5奪三振1失点の成績で、日本シリーズでのプロ入り初登板初勝利を手にし、優秀選手賞も受賞した。11月6日、左脇腹を痛めた小川泰弘に代わって日米野球2014の日本代表に追加招集された。この大会では、11月20日沖縄セルラースタジアム那覇で行われた最終戦で先発登板し、3回を投げ4安打4四球3奪三振1失点(自責0)で勝利投手となった。武田翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛県立宇和島東高等学校

    愛媛県立宇和島東高等学校から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    橋本将 - 元プロ野球選手(元千葉ロッテマリーンズ、横浜ベイスターズ、愛媛マンダリンパイレーツ愛媛県立宇和島東高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦双亮

    杉浦双亮から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    そうすけ(1976年2月8日 - )は、日本のお笑い芸人、元プロ野球選手(投手)。本名及び旧芸名は杉浦 双亮(すぎうら そうすけ)。の1シーズン、四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツに所属した。選手としての登録名は「サブロク双亮」。杉浦双亮 フレッシュアイペディアより)

  • 中島輝士

    中島輝士から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    前期は2位、後期は勝率5割ながら4位(最下位)だったが、年間勝率2位となったことで、前後期を連覇した愛媛マンダリンパイレーツとの年間チャンピオンシップに出場した。チャンピオンシップは0勝2敗で敗退。また、前年に続いて北米遠征選抜チームの監督を務めた。12月5日に徳島監督退任と韓国プロ野球・ハンファ・イーグルスの打撃コーチ就任が発表された。一軍を担当したが2017年10月に退任した。中島輝士 フレッシュアイペディアより)

  • ウンシュウミカン

    ウンシュウミカンから見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    キャラクターとしても積極的に利用しており、県の公式イメージアップキャラクターのみきゃん、サッカーの愛媛FCのキャラクターはミカンをモチーフとしたデザインであり、ユニフォームのシンボルカラーもオレンジ色である。また、四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツも同様である。ウンシュウミカン フレッシュアイペディアより)

  • 国士舘大学硬式野球部

    国士舘大学硬式野球部から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    岩崎哲也 - 埼玉県立行田工業高等学校、三菱重工横浜硬式野球部(2005-2006)、埼玉西武ライオンズ(2007-2011)、エディンバーグ・ロードランナーズ(2012)、愛媛マンダリンパイレーツ(2013)、国士舘大野球部コーチ(2018-) 2005年卒国士舘大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 呉念庭

    呉念庭から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    2011年12月12日に行われた四国アイランドリーグplusのドラフト会議で愛媛マンダリンパイレーツに指名され、入団交渉の結果入団合意に達したが、2012年1月25日に自身の都合による退団が発表された。呉念庭 フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    2012年夏:正月に前述のとおりユニフォームを返還したが、後述のとおりプロが金属バットを使うなど反則があったため、WBBAに提訴して認められたという設定で「石橋JAPAN」のユニフォームを着用した(ただし正月まであった左胸の「暫定」の文字が今回から消えた)。しかしゴルゴは近年の成績不振により石橋の判断で「石橋JAPAN」のユニフォームではなくコーナー初期のユニフォームに戻り、番組降板がかかったトライアウトという形になった。正月に参加した河田がプロ野球のシーズン中のため参加できないため吉岡雄二(当時愛媛マンダリンパイレーツ打撃コーチ)が参加。結果はチーム自体が敗戦してユニフォームを「番長JAPAN」に譲ることとなり、ゴルゴも結果を残せなかったため番組降板が決定した。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 高知ファイティングドッグス

    高知ファイティングドッグスから見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    2005年のシーズンは、開幕ゲームで愛媛マンダリンパイレーツのエース・西山道隆を攻略して勝利をおさめ、開幕ダッシュに成功した。その後、香川オリーブガイナーズ、徳島インディゴソックスに首位を譲るもすぐに巻き返し、記念すべきリーグ初代チャンピオンに輝いた。投手陣は前半戦活躍した高梨篤、シーズン11勝の相原雅也を筆頭に豊富な持ち駒をほこる。打撃陣は杭田考平、山本健士、宮本裕司の中軸がチームを引っ張り、シーズンを通して貢献した。シーズン当初は高知県出身選手がいなかったが、観客動員を増やす目的もあり、シーズン途中で高知県出身選手を追加入団選手の中に含めた。観客数は、合計30,283人。1試合平均673人だった。高知ファイティングドッグス フレッシュアイペディアより)

155件中 111 - 120件表示