155件中 121 - 130件表示
  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    その後、松山の新球団構想も「独立リーグの発足」に方針転換され、2005年に発足した独立リーグ「四国アイランドリーグ」(現・四国アイランドリーグplus)の愛媛マンダリンパイレーツとして実現を見ている。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 松坂恭平

    松坂恭平から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    卒業後は、アンダーアーマーを取り扱うスポーツ用品メーカー・ドームに就職・勤務の傍ら社会人クラブチームの東京LBCで内野手兼投手としてプレー。投手としてのMAXは142km。2006年に愛媛マンダリンパイレーツのトライアウトに合格して入団を果たし、勤務先を休職してプレーに参加した。2007年、千葉ロッテマリーンズの入団テストを受け、一次を通過し、育成選手での契約も予想されたが結局指名はされなかった。同年11月30日付で愛媛を退団。その後は、スポーツ用品メーカーに復職して社業に就きながら、再び東京LBC(2016年度よりTokyo Bay lustersにチーム名変更)でプレー。途中からコーチも兼任し、2016年度か2017年度をもって選手を引退した。松坂恭平 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田元司

    藤田元司から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    監督退任後はNHKで野球解説者を務める傍ら、別所毅彦の死去を受けからまで巨人軍OB会会長を、には四国アイランドリーグ・愛媛マンダリンパイレーツアドバイザリースタッフを務めた。また、王貞治が福岡ダイエーホークス監督として現場に復帰した時は、王の代理として世界少年野球推進財団の活動に参加し、世界少年野球大会の協賛行事として行われた日米オールスターゲームでは監督を務めた年もある。そして1990年代後半からは沢村賞選考委員を務め、別所死去後は委員長に推された。なお沢村賞選考委員は歴代受賞者(委員会制度が導入された1982年より)およびパ・リーグで先発として活躍した元投手(パ・リーグ球団所属投手も対象となった1989年より)が起用されることが慣例だが、セ・リーグ(の巨人)一筋も受賞歴がない藤田の起用は異例と言える。藤田元司 フレッシュアイペディアより)

  • 香川オリーブガイナーズ

    香川オリーブガイナーズから見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    福岡ソフトバンクホークス3軍との定期交流戦であり、ソフトバンク3軍戦のみで最も高い勝率をあげたチームが優勝となる。2015年度・2016年度はいずれも愛媛マンダリンパイレーツと同勝率であったが、リーグ規定(得失点差の優劣)により、2015年は香川、2016年は愛媛の優勝となった。2017年についても徳島と同率であったが、得失点差により3位となった。香川オリーブガイナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田嵩

    吉田嵩から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    長崎県島原市に5人兄弟の一番下として生まれる。他の兄弟も野球経験者で、1人上の兄である吉田圭志は愛媛マンダリンパイレーツに所属している。海星高等学校では2年生の秋からエースピッチャーになるものの、3年生春の県大会後に故障。復帰後は主にリリーフとなり、夏の甲子園に出場。初戦の二松学舎大附属戦では最速145km/hの球速を記録した。しかし同年のプロ野球ドラフト会議では指名がなかった。ドラフト前から、NPBに進むために独立リーグ入りする可能性を明言しており、四国アイランドリーグplusのトライアウトリーグに参加して合格し、徳島インディゴソックスから指名を受けた。吉田嵩 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉パイレーツ

    千葉パイレーツから見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    独立リーグの四国アイランドリーグplusには愛媛マンダリンパイレーツがある。千葉パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 笠原大芽

    笠原大芽から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    体力の養成を優先した関係で、一・二軍とも公式戦への登板機会がなく、三軍の対外試合で実戦経験を積んだ。4月14日の対嘉麻市バーニングヒーローズ戦で対外試合デビューを果たすと、7月7日の対愛媛マンダリンパイレーツ戦で初めて先発に起用。三軍戦全体では、21試合に登板すると、61回2/3を投げて防御率3.67という成績を残した。笠原大芽 フレッシュアイペディアより)

  • 山本雅士

    山本雅士から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    7月には四国アイランドリーグplus選抜に選出され、フューチャーズ交流戦の第2戦に5番手(クローザー)として登板した。このシーズンは前後期優勝したチームで31試合に登板し、前期は先発、後期は抑えを中心に起用され、4勝5敗6セーブ、防御率2.54(リーグ5位)という成績を残した。愛媛マンダリンパイレーツと対戦したリーグチャンピオンシップや、群馬ダイヤモンドペガサスと対戦したグランドチャンピオンシップでは、合計4試合で終盤にマウンドに立ち、無失点。いずれのシリーズでも優勝決定時の「胴上げ投手」となっている。山本雅士 フレッシュアイペディアより)

  • 辻空

    辻空から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    4月30日から四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツへ派遣され、27試合に登板。2勝2敗、防御率4.06という成績だった。辻空 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    9月24日 - 【独立】四国アイランドリーグはこの日、後期優勝のマジックを「1」としていた香川オリーブガイナーズが愛媛マンダリンパイレーツを6-0で降して後期優勝を決めた。香川の優勝は初(昨年は年間1シーズン制)2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

155件中 121 - 130件表示