438件中 31 - 40件表示
  • 愛知県

    愛知県から見た西三河

    日本列島の中央部に位置する。中部地方の県では最も人口が多く、日本全国でも第4位の人口、人口密度は全国第5位を誇る。県庁所在地の名古屋市は中部地方で最大の人口を擁する都市である。大きく分けて、尾張地方、西三河地方、東三河地方の3地域で構成されている。面積比はほぼ 1:1:1、人口比はほぼ 7:2:1。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見た東三河

    日本列島の中央部に位置する。中部地方の県では最も人口が多く、日本全国でも第4位の人口、人口密度は全国第5位を誇る。県庁所在地の名古屋市は中部地方で最大の人口を擁する都市である。大きく分けて、尾張地方、西三河地方、東三河地方の3地域で構成されている。面積比はほぼ 1:1:1、人口比はほぼ 7:2:1。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見た日進市

    File:MT-Nisshin Station-Building.JPG|18.日進市愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見た井関盛艮

    明治以降、三河国内の旗本・寺社・幕府領を総括する三河裁判所が設置され、のち三河県とされ、さらに伊那県に編入され、伊那県足助庁が所轄した。その後、廃藩置県に伴い、三河に10県、尾張に2県が設置され、三河10県および伊那県足助庁および尾張国知多郡を統合して、額田県を設置。明治4年(1871年)11月22日(1872年1月2日)の第1次府県統合で名古屋県(旧尾張藩)と犬山県(尾張徳川家御附家老の成瀬氏が維新直前に独立し立藩)が統合して設置された名古屋県は、明治5年4月2日(1872年5月8日)に改称して愛知県となった。そして、同年11月27日(11月27日)、第2次府県統合により額田県を編入(太政官布告372号)して、ほぼ現在の県域が確定する。愛知県の県令には、当時の名古屋県令であった井関盛艮が続投した。県の下には大区小区制により、15大区15小区がおかれ、翌年3月には、第一大区は区長1人、権区長2人、小区に戸長1人、副戸長2人、各町に副戸長2人ずつを置くことになった。これらは藩の統治とは違う中央集権国家の末端統治機構である。明治4年11月27日(1872年1月27日)の太政官第623号布告県治条例で、県令は管内の立法・行政・司法を専決する権限が与えられ、井関盛艮らの県令は「天皇の牧民官」と称された。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見た無形文化遺産

    愛知県内には40市町に154の山車まつり、418の山車が存在しており、県はその魅力を全国に発信するため「あいち山車まつり日本一協議会」を設立して「山車日本一あいち」宣言を行った。特に山車にからくり人形がのる「山車からくり」は、尾張の熱田新宮天王祭や津島天王祭から始まったとされ、現在でも全国の山車からくりの6割が愛知県に集中しているとされる。2016年(平成28年)12月1日に「山・鉾・屋台行事」として、18府県33件がユネスコの無形文化遺産に登録されたが、その中で愛知県からは尾張津島天王祭・犬山祭・亀崎潮干祭・知立まつり・須成祭の5件が登録された。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見たB787

    中部国際空港:国際線はおよそ週350便の定期便が就航しており、世界約30か国と空路で結ばれている。国内線も国内主要空港との間で頻繁に定期便が有り、特に国際線との乗り換え利便性の高さは国際的に評価されている。中部地方の空の玄関口として定着しており、B787型機の製造とも航空貨物輸送を通して深い関わりを持っている。2015年には権威ある空港格付け機関であるイギリスのスカイトラックス社が発表した国際空港ランキングで「世界第6位の国際空港」という栄誉に輝いた。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見た織田信長

    戦国時代には、織田信長と信長の臣下・同盟者である豊臣秀吉、徳川家康など三英傑を始め多くの武将を輩出し中央政局に大きな影響を及ぼした。江戸幕府の創始者、すなわち現在の東京が世界的大都市となるきっかけとなった人物が徳川家康であり、江戸時代の大名はこの三英傑の配下から出た者が多く、徳川一族や譜代大名(井伊氏などごく一部の他国出身者もいる)などの三河出身者のほか、前田家、浅野家、池田家、山内家、蜂須賀家などの尾張出身者が各地で大藩を幕末まで支配した(全国の大名の約7割が愛知県(尾張・三河)出身とも言われている)。大名家だけでなく家臣団や一部庶民も封地へ移り住んでおり、近世日本の大部分は三河武士や尾張出身武士団の支配を受けた形となる。特に、江戸の開府に際しては多くの三河人が移住し、江戸っ子基質の形成にも大きく影響した。また、江戸時代に華咲いた日本的建築や日本的文化は愛知出身者による貢献が大きくあったと言える。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見た豊臣秀吉

    戦国時代には、織田信長と信長の臣下・同盟者である豊臣秀吉、徳川家康など三英傑を始め多くの武将を輩出し中央政局に大きな影響を及ぼした。江戸幕府の創始者、すなわち現在の東京が世界的大都市となるきっかけとなった人物が徳川家康であり、江戸時代の大名はこの三英傑の配下から出た者が多く、徳川一族や譜代大名(井伊氏などごく一部の他国出身者もいる)などの三河出身者のほか、前田家、浅野家、池田家、山内家、蜂須賀家などの尾張出身者が各地で大藩を幕末まで支配した(全国の大名の約7割が愛知県(尾張・三河)出身とも言われている)。大名家だけでなく家臣団や一部庶民も封地へ移り住んでおり、近世日本の大部分は三河武士や尾張出身武士団の支配を受けた形となる。特に、江戸の開府に際しては多くの三河人が移住し、江戸っ子基質の形成にも大きく影響した。また、江戸時代に華咲いた日本的建築や日本的文化は愛知出身者による貢献が大きくあったと言える。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見た源頼朝

    尾張国は、鎌倉幕府の初代将軍であり武家政権の祖である、源頼朝が生まれた地域(名古屋市熱田区)との説がある。また、三河国は、室町幕府を開いた足利氏が、初代足利義康正室の出身である藤原南家が開発した岡崎を拠点とし、13世紀から鎌倉幕府の三河守護を代々務めており、西三河地方に細川氏・仁木氏・一色氏・吉良氏・今川氏など一族が多かったなど、日本の中世・近世における支配者氏族との関係が濃い地域である。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見た徳川家康

    戦国時代には、織田信長と信長の臣下・同盟者である豊臣秀吉、徳川家康など三英傑を始め多くの武将を輩出し中央政局に大きな影響を及ぼした。江戸幕府の創始者、すなわち現在の東京が世界的大都市となるきっかけとなった人物が徳川家康であり、江戸時代の大名はこの三英傑の配下から出た者が多く、徳川一族や譜代大名(井伊氏などごく一部の他国出身者もいる)などの三河出身者のほか、前田家、浅野家、池田家、山内家、蜂須賀家などの尾張出身者が各地で大藩を幕末まで支配した(全国の大名の約7割が愛知県(尾張・三河)出身とも言われている)。大名家だけでなく家臣団や一部庶民も封地へ移り住んでおり、近世日本の大部分は三河武士や尾張出身武士団の支配を受けた形となる。特に、江戸の開府に際しては多くの三河人が移住し、江戸っ子基質の形成にも大きく影響した。また、江戸時代に華咲いた日本的建築や日本的文化は愛知出身者による貢献が大きくあったと言える。愛知県 フレッシュアイペディアより)

438件中 31 - 40件表示

「愛知のできごと」のニューストピックワード