成田スカイアクセス ニュース&Wiki etc.

成田空港線(なりたくうこうせん)は、東京都葛飾区の京成高砂駅と千葉県成田市の成田空港駅を結ぶ鉄道路線である。京成電鉄によって「成田スカイアクセス」という愛称が付けられ、各種掲示物などで成田スカイアクセス線()という名称とオレンジ色の案内色を用いて旅客案内を行っている。駅ナンバリングで使われる路線記号はKS(ただし、京成高… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「京成成田新高速鉄道線」のつながり調べ

  • パターンダイヤ

    パターンダイヤから見た京成成田空港線

    ただし、パターンダイヤでも60の約数でない場合は、毎時の分が一定しない。例えば40分間隔運転の場合は2時間で3サイクルのため、1時間では周期性があるとは言い難い(例:京急空港線・都営浅草線・京成成田スカイアクセス線直通のエアポート快特・アクセス特急、アルピコ交通上高地線、養老鉄道養老線の一部区間)。また、都市鉄道では時刻のパターンよりも等間隔と本数を優先して、7分や8分(7分30秒も含む)周期を組む(大阪市営地下鉄・京阪神の各駅停車など)場合もある。(パターンダイヤ フレッシュアイペディアより)

  • 分岐器

    分岐器から見た京成成田空港線

    右に可動式ノーズ(ノーズ可動クロッシング)の概略図を示す。このうち水色のレールが緑色のレールを軸にして動くことによって、フランジウェイを塞いでいる(図では直進の場合のフログの状態)。異線進入のリスクが小さくなることからクロッシング部のガードレールが省略されることがある。従来、可動式ノーズは、新幹線以外の在来線や私鉄線においても北越急行ほくほく線や京成成田スカイアクセスなどのように高速通過の多い分岐器を中心に設置されていたが、騒音低減の目的で高速通過を行わない分岐器においてもノーズ可動式分岐器を採用する事例が増えている。新幹線などの高速鉄道において、高速で通過する箇所では、さらにトングレールとリードレールを一体化してたわませる構造としているが、基本レールとトングレールとの間が密着(接着とも言う)せず隙間があると、高速走行に支障を与えるため、その2本のレールが密着しているかどうかを監視する接着照査器を基本レールの外側に2台ずつ設置しており、分岐器の開通方向を表示する開通方向表示器をクロッシング部手前(対向方向)のレールの間に設置しており、開通側には黒地に緑色縦線2本の表示が現れて、非開通側には白地に赤色の×印が現れるようになっている。(分岐器 フレッシュアイペディアより)

「京成成田新高速鉄道線」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ