前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
109件中 1 - 10件表示
  • 扇風機

    扇風機から見た日立製作所

    日本ではゼネラル・エレクトリック(GE)の技術で芝浦製作所(東芝の前身)が1894年(明治27年)に発売したものが最初である。本体に電球を備え付け、スイッチを入れるとプロペラが回るとともに電球が点灯する直流モーターの扇風機であった。電球はプロペラを回す直流モータの回転を安定させるための抵抗であったとされる。1913年(大正2年)には、川北電気企業社から12インチの交流電気扇風機が発売された。大正時代には三菱電機、富士電機、日立製作所などのメーカーも参入し、本格的に国産扇風機が量産され始めた。また、昭和初期には川崎造船所(川崎重工業の前身)が、左右だけで無く上下の首振りも同時にする、2軸リンクの扇風機を発売した。当時は「電気扇」「電扇」などと呼ばれていた。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た三菱電機

    日本ではゼネラル・エレクトリック(GE)の技術で芝浦製作所(東芝の前身)が1894年(明治27年)に発売したものが最初である。本体に電球を備え付け、スイッチを入れるとプロペラが回るとともに電球が点灯する直流モーターの扇風機であった。電球はプロペラを回す直流モータの回転を安定させるための抵抗であったとされる。1913年(大正2年)には、川北電気企業社から12インチの交流電気扇風機が発売された。大正時代には三菱電機、富士電機、日立製作所などのメーカーも参入し、本格的に国産扇風機が量産され始めた。また、昭和初期には川崎造船所(川崎重工業の前身)が、左右だけで無く上下の首振りも同時にする、2軸リンクの扇風機を発売した。当時は「電気扇」「電扇」などと呼ばれていた。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た三洋電機

    子供(特に乳幼児)への安全対策 - 1970年代頃の機種の中には、自動停止機能「タッチストップ」付きのものもあった。本体にセンサーが内蔵されており、カバー部に素手で触れると安全装置が働き、回転が自動停止する、というものであった。このような機能が搭載されたものは長らく市場から姿を消していたが、その後2009年に三洋電機からタッチストップ機能付きの機種が発売されていた。なお三洋電機はパナソニックの子会社になり2012年から三洋製のデザインを受け継ぎパナソニックブランドで発売されている。ただしタッチストップ付は廃止された。2015年6月現在、タッチストップ機能を搭載したものは、山善、ユアサプライムス、トヨトミから発売されている一部機種のみである(なお、乳幼児の安全対策として、ホームセンターなどで扇風機用ネット(網)が売られており、それを被せれば、タッチセンサー式でなくとも子供の指が入らず十分に安全であるほか一部の製品はメッシュガード式になっている物もある)。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た富士電機

    日本ではゼネラル・エレクトリック(GE)の技術で芝浦製作所(東芝の前身)が1894年(明治27年)に発売したものが最初である。本体に電球を備え付け、スイッチを入れるとプロペラが回るとともに電球が点灯する直流モーターの扇風機であった。電球はプロペラを回す直流モータの回転を安定させるための抵抗であったとされる。1913年(大正2年)には、川北電気企業社から12インチの交流電気扇風機が発売された。大正時代には三菱電機、富士電機、日立製作所などのメーカーも参入し、本格的に国産扇風機が量産され始めた。また、昭和初期には川崎造船所(川崎重工業の前身)が、左右だけで無く上下の首振りも同時にする、2軸リンクの扇風機を発売した。当時は「電気扇」「電扇」などと呼ばれていた。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た東芝

    日本ではゼネラル・エレクトリック(GE)の技術で芝浦製作所(東芝の前身)が1894年(明治27年)に発売したものが最初である。本体に電球を備え付け、スイッチを入れるとプロペラが回るとともに電球が点灯する直流モーターの扇風機であった。電球はプロペラを回す直流モータの回転を安定させるための抵抗であったとされる。1913年(大正2年)には、川北電気企業社から12インチの交流電気扇風機が発売された。大正時代には三菱電機、富士電機、日立製作所などのメーカーも参入し、本格的に国産扇風機が量産され始めた。また、昭和初期には川崎造船所(川崎重工業の前身)が、左右だけで無く上下の首振りも同時にする、2軸リンクの扇風機を発売した。当時は「電気扇」「電扇」などと呼ばれていた。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た日本車輌製造

    唯一、東芝だけがプラスチック一体成型のプロペラ全盛期に至っても一貫して4枚羽根を採用し続けてきた。主に東急車輛製造(一部、日本車輌製造)製の鉄道車両のオート扇に4翅扇風機が見られるのは、東芝が同社に電装品を納入している関係による。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見たシャープ

    シャープ - 一時期撤退していたが2011年から再参入し、プラズマクラスターを搭載している。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た東芝ライフスタイル

    東芝ライフスタイル(東芝ホームテクノ) -2017年5月現在、2015年の新製品が発売されて以来新製品が発売されていないため撤退したのか分からない不透明な状態が続いている。なお、関連会社の東芝エルイートレーディングから「My Fresh」ブランドで壁掛扇とグリップ扇が発売されており、こちらは2017年の新製品が発売されている。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見たツインバード工業

    ツインバード工業(「コアンダエア」シリーズ)扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見たドウシシャ

    ドウシシャ(「kamomefan」ブランド)扇風機 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
109件中 1 - 10件表示

「扇風機」のニューストピックワード