176件中 101 - 110件表示
  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た格闘家

    把瑠都 凱斗(ばると かいと、1984年11月5日 - 、本名:カイド・ホーヴェルソン Kaido Höövelson )は、エストニア出身の元大相撲力士。現在はオフィス北野に所属しタレント及び格闘家として活動している。血液型はA型。単に把瑠都またはカタカナでバルトとも表記される。スウェーデン系エストニア人。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た柔道

    柔道経験者であり、18歳の時、本人曰く「出場選手4人」とのことであるが、柔道エストニアジュニア王者の栄冠に輝いた。早くに父を亡くし生活苦に喘いでいたこともあり、バーの警備員を務めていたこともあった。また、その優しい性格と太り気味の体格からいじめを受けていたとされている。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た物言い

    2012年9月場所初日、魁聖との取組で土俵際把瑠都の上手投げに魁聖が手をつき、把瑠都の足が俵内に残っていたにもかかわらず、行事軍配は魁聖の寄りを有利に挙げ、しかも審判団5人全員からも物言いがつかず、不運にも黒星とされてしまう。把瑠都本人も「相手の手が先についてたのに。体勢は確かに悪かったけど…」と納得のいかないコメントを出している。土俵下で見ていた鏡山審判部長(元関脇・多賀竜)は「把瑠都の体は半分出ていたし、流れは完全に魁聖。ビデオを見ながらならば(物言いの)手を挙げられるが…」と言い訳するも、この直後視聴者から相撲協会へ抗議の意見が殺到した。2日目の碧山戦は勝利するも、翌3日目の臥牙丸戦では土俵際把瑠都の上手投げに軍配が挙がったが、物言いの末取り直しに。その相撲では臥牙丸に寄り切られ1勝2敗に。この取組で場所前から痛めていた右足の怪我が悪化、右足親指剥離骨折により全治1か月の診断が下され、4日目から途中休場(把瑠都の途中休場は当時平幕の2007年9月場所以来7月場所以来)。これで2009年7月場所から続いた幕内連続勝ち越しは18場所でストップ(同4日目に琴奨菊、6日目からは琴欧洲も休場を表明し6大関の内3人が途中休場)。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たぶらぶらサタデー

    2017年5月6日放送のフジテレビ系『ぶらぶらサタデー・タカトシ&温水の路線バスの旅』では、当時自身が課されていた角界の掟として「関取になるまで白以外のパンツを着用してはいけない」というものを明かしていた。同じ番組では、現役時代は6Lのパンツを穿いていたことを話した。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た地球テレビ エル・ムンド

    エルムンド「IT先進国エストニア 驚きのライフスタイル」(2013年11月24日、NHK BS1)把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た大相撲中継

    9月場所3日目、NHKテレビの大相撲中継・幕内取組時に特別ゲストとして生出演、現役時代の想い出話などを自らコメントしていた。2014年2月8日には角界で例のない一般公開型の断髪式を行った。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た弟の夫

    弟の夫 (2018年3月4日 - 18日(全3回)、NHK BSプレミアム) - マイク・フラナガン 役把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見たスウェーデン人

    把瑠都 凱斗(ばると かいと、1984年11月5日 - 、本名:カイド・ホーヴェルソン Kaido Höövelson )は、エストニア出身の元大相撲力士。現在はオフィス北野に所属しタレント及び格闘家として活動している。血液型はA型。単に把瑠都またはカタカナでバルトとも表記される。スウェーデン系エストニア人。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た六本木

    10月 - Tシャツ、短パン姿で六本木を闊歩する姿が写真週刊誌にキャッチされ、日本相撲協会から厳重注意処分。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た麻酔

    なお、その9月場所では、優勝した豊ノ島に唯一の黒星を付けている。翌11月場所は十両西4枚目に躍進し、史上最速の前相撲からの所要10場所での新入幕を十分狙える位置にあったが、場所初日に急性虫垂炎を発症し全休、翌2006年1月場所では幕下に陥落した。幕下では6番相撲を終えた時点で全勝が1人となる幸運も重なり、虫垂炎の手術時に施された全身麻酔の後遺症から思うように身体が動かない中、7人による優勝決定戦を制して幕下優勝、1場所で十両に復帰した。翌3月場所では北の富士(第52代横綱)以来43年ぶり4人目(本場所が15日制になってから)となる十両での15戦全勝優勝を果たし、史上2位タイとなる所要12場所での新入幕を決めた。この場所千秋楽の全勝優勝インタビューにて解説・北の富士から「北の富士賞」が贈られ、(将来の目標について)「横綱、横綱」の声が出るなど、当時から早くも横綱昇進を期待する声が上がっていた。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

176件中 101 - 110件表示

「把瑠都凱斗」のニューストピックワード