141件中 121 - 130件表示
  • 持田香織

    持田香織から見たYOSUI TRIBUTE

    2004年(平成16年)10月20日には尊敬する井上陽水によるプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)で、シングル「いつのまにか少女は」(作詞・作曲:井上陽水)を発売した。ソロとしては11年ぶりである。オリジナルは1973年(昭和48年)3月の井上陽水「夢の中へ」のカップリング曲。トリビュート・アルバム『YOSUI TRIBUTE』にも収録されている。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見たうたばん

    料理が得意で、フードコーディネーターの知人から料理を教わって得意になり、自分のノートにはオリジナルメニューがいくつも書き溜めてある。その腕前は、『うたばん』などで披露している。『HEY!HEY!HEY!』で「得意な料理は何か?」という質問に、中華料理ばかりを挙げ、司会のダウンダウンから「中華ばっかりやん!」と突っ込まれた。現在は、月1回のペースで料理教室に通っている。(しかし、2011年9月1日放送のひみつの嵐ちゃん内で、「(料理は)そんなに好きじゃなかった!」と暴露した。)持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見たSONGS (テレビ番組)

    2008年に『SONGS』に出演した際、8thシングル「Time goes by」について持田は「当時(19歳から20歳の頃)はまだ歌詞の意味を(深く)理解しないで歌っていた」と語っている。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見たTime goes by

    2008年に『SONGS』に出演した際、8thシングル「Time goes by」について持田は「当時(19歳から20歳の頃)はまだ歌詞の意味を(深く)理解しないで歌っていた」と語っている。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見たおっぱいバレー

    2009年(平成21年)1月28日に、約4年3ヶ月ぶりに自身3枚目となるソロシングル「雨のワルツ」(「持田香織とSAKEROCK」名義)がリリースされた。これを機にソロ活動を本格的に開始。また、同年3月田島貴男とCaocaoを結成し、フィンガー5の楽曲「個人授業」をカバー。映画『おっぱいバレー』の主題歌となる。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見たリアル (漫画)

    好きな漫画は『SLAM DUNK』『バガボンド』『REAL』。『SLAM DUNK』は完全版全巻持っており、また正月に1巻から最終巻まで読破するのが恒例になっている。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見たバックグラウンドミュージック

    ELTとしてのみでなく、持田単独でテレビCMにも多数出演していて、その多くはCMとタイアップしたELTの楽曲(詳細は当該項参照)がBGMに使用されている。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見たカンポウ専科

    クラシエ薬品 「カンポウ専科・かぜ薬シリーズ」(2011年)持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見た個人授業 (曲)

    2009年(平成21年)1月28日に、約4年3ヶ月ぶりに自身3枚目となるソロシングル「雨のワルツ」(「持田香織とSAKEROCK」名義)がリリースされた。これを機にソロ活動を本格的に開始。また、同年3月田島貴男とCaocaoを結成し、フィンガー5の楽曲「個人授業」をカバー。映画『おっぱいバレー』の主題歌となる。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見たABO式血液型

    持田 香織(もちだ かおり、1978年3月24日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。東京都江東区出身。亀戸生まれ。Every Little Thingのボーカリスト。旧芸名は持田 かおり。血液型はA型。愛称は「もっちー」「もっち」「かおりん」「だもきち」など。甥と姪には「かっか」、Every Little Thing元メンバーの五十嵐充には、「かんちゃん」と呼ばれている(五十嵐のブログより)。持田香織 フレッシュアイペディアより)

141件中 121 - 130件表示

「持田香織」のニューストピックワード

  • セガアトラスTV SEGA Fan Meet−Up 2020

  • バーチャファイター×esportsプロジェクト

  • SEGA Fan Meet−Up 2020 〜すべてのセガファンに感謝をこめて〜