396件中 141 - 150件表示
  • 高速警備救難艇

    高速警備救難艇から見た排他的経済水域排他的経済水域

    新海洋秩序の確立を目指して1973年に開幕した第三次国連海洋法会議を通じて、沿岸から200カイリ以内に所在する資源の管轄権を認める排他的経済水域の概念が提唱された。1974年の同会議第2会期において排他的経済水域概念は会議参加国間でほぼコンセンサス形成に成功し、海洋法条約第5部(第55条?第75条)に排他的経済水域制度に関する規定が設けられるにいたった。この趨勢を受けて、1977年、日本でも領海法および漁業水域に関する暫定措置法が施行され、領海が沿岸から12海里に拡張されるとともに、200海里の漁業水域が設定された。高速警備救難艇 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィーンヌィツャ (コルベット)

    ヴィーンヌィツャ (コルベット)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ドニエプルは、1977年4月7日から実質的な稼動体制に入った。その任務において、ドニエプルはクリミア半島沿海の黒海における200浬排他的経済水域の警備に当たった。ヴィーンヌィツャ (コルベット) フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ礁

    ジェームズ礁から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ジェームズ礁(ジェームズしょう)は、南シナ海のスプラトリー諸島(南沙諸島)南方に位置するさんご礁性の暗礁。ボルネオ島のマレーシア サラワク州から約80kmのマレーシアの排他的経済水域内にある。便宜上、スプラトリー諸島に含めることもある。ジェームズ礁 フレッシュアイペディアより)

  • マルデン島

    マルデン島から見た排他的経済水域排他的経済水域

    キリバスにおけるマルデン島の主な価値として、島の周囲に設定される排他的経済水域が挙げられる。特に豊富なマグロ漁場が存在する。マルデン島自体には石膏が広く分布しているものの、予見できる限りの市場状況からは、主に輸送費の問題で経済的価値がないと見られている。1990年代中ごろから数年の間、エコツアーによる観光客の来島によっていくらかの税収が発生している。このツアーはSociety Expeditionsによって企画・運営されていたWorld Discovererというエコツアーで、年に1、2回程マルデン島に来島していた。マルデン島 フレッシュアイペディアより)

  • グランドバンク

    グランドバンクから見た排他的経済水域排他的経済水域

    周辺国による、領海や排他的経済水域(EEZ)の境界論争も乱獲を加速している。現在のカナダのEEZはグランドバンクの大半を占めているが、東に長く伸びている「鼻」(フレミッシュ・キャップ Flemish Cap 周辺の浅い海域)や、南に伸びている「尾」などの部分はEEZからはみ出しており、この部分での底引き網漁操業や乱獲をめぐってカナダとEUとの間で1990年代半ば以降深刻な国際問題に発展している(カレイ戦争 / Turbot War)。しかし、カナダが近年グランドバンク周辺で進めている水路調査や地質学調査は、海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)の条件を満たしてカナダ東方沖の大陸棚全域にEEZを適用するために必要なデータ収集である。UNCLOSのこの部分が批准されれば、カナダはグランドバンクのEEZ域外にも経済的主権を延ばすと考えられている。グランドバンク フレッシュアイペディアより)

  • クロヘリメジロザメ

    クロヘリメジロザメから見たEEZ排他的経済水域

    全世界的な個体群の動向は不明だが、成熟が遅く繁殖力が低いため乱獲の影響を受けやすい。IUCNは保全状況を、世界的には準絶滅危惧としている。オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカでは漁業がよく管理されており、個体群のEEZからの移動も少ないことから、これらの地域では軽度懸念とされている。ニュージーランドでの漁獲量は1995-96年の40 tをピークに減少を続け、2001-02年には20 tとなっているが、これが漁業慣習の変化によるものかどうかは不明である。クロヘリメジロザメ フレッシュアイペディアより)

  • サマル級巡視船

    サマル級巡視船から見た排他的経済水域排他的経済水域

    インド洋に広がる排他的経済水域での警備・救難を目的として、102メートル先進救難警備船(102m Advanced Offshore Patrol Vessel(AOPV))として計画された。当初は12隻の建造が計画されたものの、まもなく6隻、ついで3隻に減らされ、これらは1990年4月に発注された。ネームシップは1992年8月26日にゴア造船所で進水。翌1996年2月14日に就役した。また、のちに4番船が追加され、これは2001年12月14日に進水した。サマル級巡視船 フレッシュアイペディアより)

  • 基線 (海)

    基線 (海)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    基線(きせん)は、領海、接続水域、排他的経済水域、大陸棚の幅を測定するための起算点となる線である。領海基線(りょうかいきせん)と言われることもある。基線 (海) フレッシュアイペディアより)

  • 1971年尖閣諸島反日デモ

    1971年尖閣諸島反日デモから見た排他的経済水域排他的経済水域

    しかし1968年に付近海域で海底油田が存在する可能性が指摘された。当時は排他的経済水域は設定されていなかったが、尖閣諸島近海は台湾と目と鼻の先であった。そのため国府政府は、資源開発を狙い尖閣諸島に対する実効支配をアピールする為、自国旗である青天白日旗を尖閣諸島に掲揚したり、アメリカ合衆国の石油企業に採掘権を認可するなどの行動をした。1971年尖閣諸島反日デモ フレッシュアイペディアより)

  • ゴーストフィッシング

    ゴーストフィッシングから見たEEZ排他的経済水域

    1999年に新日韓漁業協定が発効して以降、日韓暫定水域や日本のEEZにおける韓国漁船のゴーストフィッシングが問題となっている。ゴーストフィッシング フレッシュアイペディアより)

396件中 141 - 150件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード