396件中 151 - 160件表示
  • リュートナン・ド・ヴェソ・ル・エナフ (通報艦)

    リュートナン・ド・ヴェソ・ル・エナフ (通報艦)から見た経済水域排他的経済水域

    1979年11月3日にカンペールと命名都市の関係を結んでいる。「リュートナン・ド・ヴェソ・ル・エナフ」は海外領土や経済水域の警備の他に、潜水艦部隊の支援や法執行活動および救難を担当し海洋における諸任務に当たる。リュートナン・ド・ヴェソ・ル・エナフ (通報艦) フレッシュアイペディアより)

  • 略最低低潮面

    略最低低潮面から見た排他的経済水域排他的経済水域

    海図に示される水深はこの略最低低潮面を基準面としている。また、領海や排他的経済水域は潮位が略最低低潮面にあるときの水陸の境界、すなわち低潮線(low-water line; 国連海洋法条約第5条)を基線とする。略最低低潮面は各地の験潮所の観測データをもとに決定される。略最低低潮面 フレッシュアイペディアより)

  • ガベン礁

    ガベン礁から見た排他的経済水域排他的経済水域

    2016年7月12日の常設仲裁裁判所による裁定では、フィリピンの低潮高地であるとの主張に対して、北側の暗礁は排他的経済水域および大陸棚を有さない岩であり、南側の暗礁は低潮高地(英語:low-tide elevation)であるとの判断が下された。ガベン礁 フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ベラスコ・アルバラード

    フアン・ベラスコ・アルバラードから見た排他的経済水域排他的経済水域

    こうした社会的背景の中、ベラスコは1968年10月3日に無血クーデタ(Gobierno Revolucionario de las Fuerzas Armadas)でを追放して権力を握ると、翌日タララ協定(El Acta de Talara)の無効化を宣言した。ベラウンデ・テリー大統領は1968年8月13日にスタンダード・オイル系のインターナショナルオイル(IPC)とタララ協定を結んでいたが、タララ協定はIPCが違法に採掘した石油代金をペルー政府に支払うことと、その価格について取り決めた11ページ目が「紛失」しており、スキャンダルと化していた。ベラスコは10月9日にIPCの全資産を接収し、国民の喝采を得た。その後ベラスコ政権は自らの政権を「軍部革命政権」と位置づけ、1968年に高等軍事研修所(CAEM)の作成した「インカ計画」に基づいて国家の構造的改革を進めた。反帝国主義を掲げたベラスコ政権は東ヨーロッパ諸国と国交を樹立し、1969年2月にはペルーの二百海里を侵害したアメリカ合衆国のマグロ漁船を拿捕するなど、自主外交と対米従属からの独立が進んだ。1969年6月24日にはトゥパク・アマルー2世の標語と共に農地改革法が公布され、南米最大規模の農地改革が実施された。これにより、政権の正統性は著しく強化され、最終的に「44家族支配」と呼ばれていた農地に依存していたペルーの地主寡頭支配層は解体された。エドゥアルド・ガレアーノはこのことについて1970年に、著書『収奪された大地 ラテンアメリカ五百年』の中でこう書いている。フアン・ベラスコ・アルバラード フレッシュアイペディアより)

  • 日向礁

    日向礁から見た排他的経済水域排他的経済水域

    2006年、韓国政府はこの暗礁を可居礁(かきょしょう、カゴしょう)と命名し、海洋観測施設の建設を行っている。蘇岩礁とともに、黄海の排他的経済水域をめぐる中華人民共和国と大韓民国の間の係争の一要素となっている。日向礁 フレッシュアイペディアより)

  • 漁獲可能量

    漁獲可能量から見た排他的経済水域排他的経済水域

    「海の憲法」と言われる国連海洋法条約では、沿岸国に対して排他的経済水域を設定する権利を与え資源の利用権を認めている。それと同時に締結国はその水域における生物資源の保存・管理措置をとる義務を課されることとなった。漁獲可能量 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年ベトナム反中デモ

    2014年ベトナム反中デモから見た排他的経済水域排他的経済水域

    衝突の原因は、南シナ海のベトナムが主張する排他的経済水域に、違法設置した中国海洋石油総公司の石油掘削リグをめぐり、ベトナムと中国の艦船の衝突が相次いだことにより発生した。2014年ベトナム反中デモ フレッシュアイペディアより)

  • クリヴァク3型国境警備艦

    クリヴァク3型国境警備艦から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1970年代末、200海里排他的経済水域の設定によりソ連では極東北方海域を厳重に管理する必要性が生じていた。これに関連してソ連国家保安委員会(KGB)から出された要求に対し、セーヴェルノエ計画設計局では海軍向けに建造していたクリヴァク型フリゲートをもとに技術計画をまとめた。設計作業は、はじめN・P・ソーボレフを中心に行われ、1980年からの完成作業ではA・K・シュヌィロフが中心となった。クリヴァク3型国境警備艦 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の国際関係

    中華人民共和国の国際関係から見たEEZ排他的経済水域

    近年、中華人民共和国政府が日本のEEZ(排他的経済水域)内において、調査船を侵入させ資源調査を行っており、2004年には、日本の領海を中華人民共和国海軍の潜水艦が侵犯する事件が発生し、日本と日本国内に基地を多く所有しているアメリカ両国政府に緊張が高まっている。領海侵犯に関して、中華人民共和国政府は「遺憾の意」を表明したが、陳謝は行っていない。中華人民共和国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • テロ対策特別措置法

    テロ対策特別措置法から見た排他的経済水域排他的経済水域

    日本は日本国憲法第9条によって国際紛争を解決する手段として武力の行使ができないため、対応措置の実施は武力による威嚇又は武力の行使に当たるものであってはならないとし、活動地域は非戦闘地域と認められる公海(排他的経済水域を含む)とその上空、及び外国の領域(当該外国の同意がある場合に限る)としている。テロ対策特別措置法 フレッシュアイペディアより)

396件中 151 - 160件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード