政治のヤジ ニュース&Wiki etc.

ブーイング(booing)とは、観客が出演者や選手などに対して不満や怒り、非難を表すために行われる行為である。日本語の「野次(やじ)」もこれに近いが、こちらはむしろ言葉をもって行われる。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ブーイング」のつながり調べ

  • ミッキーのオーケストラ

    ミッキーのオーケストラから見たブーイング

    演奏が終わり、自分のプロデューサー生命もこれで終わりだと嘆くマカロニ氏。しかし客席から聞こえてきたのはブーイングなどではなく大声援。ミッキーたちの必死の演奏が客に認められたのだ。全力を出し尽くしヘナヘナ状態のミッキーを抱きかかえ、客の声援に応えるミッキーとマカロニ氏だった。(ミッキーのオーケストラ フレッシュアイペディアより)

  • ディオン・サンダース

    ディオン・サンダースから見たブーイング

    1990年5月22日の試合で対戦相手、シカゴ・ホワイトソックスの42歳の大ベテラン捕手、カールトン・フィスクと言い合った。この日の試合の3回一死で走者三塁の場面からサンダースが遊撃手への弱いポップフライを放ってダッグアウトまで小走りで戻り、ヤンキースファンからブーイングを浴びた。この怠慢プレーをフィスクが「ファック」という語を用いてキツく注意したが、サンダースは「奴隷制の時代はもう終わっている」と言い返した。これについてフィスクは「人種差別は関係無い。これはプロのエチケットだ」「ヤンキースのピンストライプの誇りを持ってプレーして欲しい」と後に述べている。(ディオン・サンダース フレッシュアイペディアより)

「ブーイング」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「政治のヤジ」のニューストピックワード