179件中 101 - 110件表示
  • 東京大学運動会硬式野球部

    東京大学運動会硬式野球部から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    1974年秋季法大1回戦では江川卓に初黒星をつけ、TV中継(テレビ神奈川)が予定外の放送延長を行い、1981年春季には早大を史上初の連続完封、慶大からも勝ち点を挙げ優勝争いに加わり、TBSが急遽対立大4回戦をTV中継するなど話題を集めた。また、2010年10月2日には開幕戦初登板以来白星を献上し続けて来た早大の斎藤佑樹に初めて黒星を付け話題を呼んだ(早大1回戦・東大4-2早大。勝利投手は2失点完投の1年生・鈴木翔太)。東京大学運動会硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 宮武三郎

    宮武三郎から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    卒業後、慶應義塾大学に進み、いきなりの東京六大学野球春季リーグの開幕戦(対東京帝大1回戦)で先発デビューし、6安打完封で勝利を収め、打っては3安打、神宮球場の柵越え第1号本塁打をも放った。1年生投手の開幕戦勝利はに斎藤佑樹(早大)が記録するまで現れなかった。以後、投打にわたって野球部の主力選手として活躍する。慶大のチームメートでもあった水原や山下実、加えて三原修・小川正太郎(早大)、それに若林忠志・苅田久徳(法大)らが昭和初期、人気絶頂にあった東京六大学野球のスター選手として人気を博した。中でも宮武を擁する慶応に数年来全く歯が立たなかった早稲田が和歌山中学のエースで甲子園の覇者である小川を切り札として慶応に挑戦を開始して以降は、早慶の激闘が全国的に注目を浴びるなど、熱狂を煽った。特に優勝を賭けて小川との投げ合いとなった春秋の早慶戦は空前の関心を呼び、「宮武・小川時代」と称された。なお「早稲田の至宝・小川」に対して宮武は「慶應の超ド級」と言われたが、それは小川の洗練されたスタイルに対して宮武の豪快さが巨大戦艦を思い起こさせたためである。宮武三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 入学式

    入学式から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    一部の学校では、テレビや新聞などでその式の様子が伝えられることがある。また、卓球の福原愛、野球の斎藤佑樹が同時に入学した早稲田大学の入学式など、有名人が入る学校の入学式はマスコミで報道される場合が多い。入学式 フレッシュアイペディアより)

  • 東貴博

    東貴博から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    お坊ちゃまキャラを逆手に取って一万円札やクレジットカード、金塊(模型)で汗や涙を拭くという定番のギャグを持つ。なお、2006年の第88回全国高等学校野球選手権大会において、ハンカチで汗を拭く姿が話題を呼んだ早稲田実業投手の斎藤佑樹(現・北海道日本ハムファイターズ)が「ハンカチ王子」と呼ばれているのに対抗して、東は自身のことを「万札王子」と名乗っている。しかし、2015年3月17日に第1子となる娘が誕生して以降は、今後の娘への影響なども考えてこのギャグを封印する事もほのめかしている。東貴博 フレッシュアイペディアより)

  • FFFFF

    FFFFFから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2010年12月30日は9時55分から110分のスペシャル版を放送。11月20日に行われた、ファンフェスティバルの模様やヒロと小谷野栄一、岩本と2010年シーズンをもって退団し、テキサス・レンジャーズにFA移籍する建山義紀、そして、当時野球解説者で後に監督となる栗山英樹と2011年シーズンから入団する斎藤佑樹の3つのインタビューが放送された。FFFFF フレッシュアイペディアより)

  • 田中幸長

    田中幸長から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2007年度には早大の第97代主将に就任、新人・斎藤佑樹の活躍もあってチーム史上3度目となる3連覇を達成、同年秋季リーグ戦では戦後12人目となる三冠王(早大からは1978年秋季岡田彰布、2001年春季鳥谷敬に次ぐ3人目)に輝き、第56回全日本大学野球選手権大会ではチームを33年ぶりの日本一に導いた。リーグ通算84試合出場、283打数89安打、打率.314、10本塁打、66打点。田中幸長 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校野球選手権大会に関するエピソード

    全国高等学校野球選手権大会に関するエピソードから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    また、2006年(第88回大会)、駒大苫小牧(南北海道)対早稲田実業(西東京)の決勝戦では、8回に両チーム1点ずつを獲得し、両チームエースの好投で延長15回引き分けとなり、37年ぶり2回目の再試合となった。この再試合で早稲田実が勝利し、優勝となった。優勝投手である早実の斎藤佑樹は4日連続延べ42イニングを一人で投げぬいた。全国高等学校野球選手権大会に関するエピソード フレッシュアイペディアより)

  • 李杜軒

    李杜軒から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    初打席:同上、2回裏に斎藤佑樹から二飛李杜軒 フレッシュアイペディアより)

  • 應武篤良

    應武篤良から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    また、2005年には武内晋一(ヤクルト)、越智大祐(巨人)の2選手、2006年も宮本賢、山本一徳(ともに日本ハム)をプロ野球へ送り出すなど、選手育成の手腕を見せている。2007年は斎藤佑樹らが入学・入部し、さっそく年明けから斎藤の北京五輪代表選出を巡り、星野仙一同五輪監督との確執がマスコミを賑わした。「ケンカ應武」ともあだ名され無骨ぶりを発揮している。應武篤良 フレッシュアイペディアより)

  • 枡田慎太郎

    枡田慎太郎から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    初盗塁:2012年7月13日、対北海道日本ハムファイターズ10回戦(宮城球場)、1回裏に二盗(投手:斎藤佑樹、捕手:近藤健介)枡田慎太郎 フレッシュアイペディアより)

179件中 101 - 110件表示

「斎藤佑樹」のニューストピックワード