179件中 111 - 120件表示
  • 速報!スポーツLIVE

    速報!スポーツLIVEから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    キャッチフレーズは「どこよりも早く、わかりやすいスポーツニュース」。この日やこの週に行われたスポーツ大会の結果・情報を紹介するほか、毎回特集が組まれた。2009年11月8日の初回放送では、初のスタジオ生出演となった斎藤佑樹が大石達也(どちらも当時早稲田大学野球部)とゲストで出演した。また2010年1月24日放送では石川遼と菊池雄星の同級生対談が放送された。速報!スポーツLIVE フレッシュアイペディアより)

  • 大嶋匠

    大嶋匠から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    。シーズンでは1軍昇格はなく、イースタン・リーグでは47試合に出場し、打率.202本塁打2であった。10月7日から開催された フェニックスリーグに参加。単調なリードで課題を残し、斎藤佑樹から「(1軍戦でコンビを組んだ)中嶋さんと大嶋ではキャッチャーとしての経験が違う」と厳しい言葉を受けた。11月19日、現状維持の500万円で契約更改を行った。大嶋匠 フレッシュアイペディアより)

  • 大石達也 (野球)

    大石達也 (野球)から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    先発願望はあったが、斎藤佑樹や福井優也が先発の柱となっていた3年頃からは、ストッパーとして2人の後をしっかり締めようという意識に変わっていったという。短いイニングで全力投球できるようになったことで球威が増し、3年春の立教大学戦では一場靖弘に並ぶ当時の神宮最速タイとなる154km/hを計測。11月のプロアマ戦では1回を投げて天谷宗一郎らから2三振を奪い、翌4月25日の明治大学戦では自己最速となる155km/hを計測。また同年夏の世界大学野球選手権大会準決勝でアメリカの中軸打者から3者連続三振を奪ったことで、速球ならメジャーリーグでも通用すると少し自信を持ったという。大石達也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 伊志嶺翔大

    伊志嶺翔大から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    主将を務めた世界大学野球でリーダーシップを発揮し、代表チームは周囲から「伊志嶺ジャパン」とも呼ばれた。準決勝でアメリカに敗れた後榎本保監督は会見に一人で出席しようとしたが、自分も行くべきだと考えた伊志嶺も同席して記者の質問に答えている。伊志嶺について、大会の代表メンバーだった斎藤佑樹は「優しくて面白いが、野球に対する姿勢はとても真面目。気配りができる人物」。大石達也は「口ではなくプレーで引っ張るタイプ。信頼できる選手だった」と評している。伊志嶺翔大 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田雅利

    岡田雅利から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    中学生時代は「桜井リトルシニア」に所属していた。大阪桐蔭高等学校2年生の時に正捕手として第88回全国高等学校野球選手権大会に出場。1回戦で第78回選抜高等学校野球大会優勝校の横浜高等学校に勝利するも、2回戦で斎藤佑樹を擁する早稲田実業に敗退した。3年生時の第79回選抜高等学校野球大会では中田翔とバッテリーを組みベスト8に進出した。第89回全国高等学校野球選手権大会・大阪大会では決勝で金光大阪高等学校に敗れ準優勝。岡田雅利 フレッシュアイペディアより)

  • 高濱卓也

    高濱卓也から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    当初は佐賀県内の高校への進学を希望していたが、高濱の試合を観戦していた横浜高校野球部監督の渡辺元智を慕い同校に進学。入学後に内野手へ転向し、1年時から1番打者としてレギュラーとなる。2年時には3番遊撃手として第78回選抜高等学校野球大会では、1学年上の福田永将、佐藤賢治とクリーンナップを組み、土井健大を擁する履正社高校、大嶺祐太を擁する八重山商工、斎藤佑樹を擁する早稲田実業高校、尾藤竜一を擁する岐阜城北高校などを破り優勝。春夏連続出場となった第88回全国高等学校野球選手権大会では、中田翔を擁する大阪桐蔭高校に敗れ一回戦敗退。3年夏は神奈川大会準決勝で東海大学付属相模高等学校と対戦し、菅野智之に振り逃げ3ランを許し敗退した。高校通算18本塁打。高濱卓也 フレッシュアイペディアより)

  • 深井瞬

    深井瞬から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2012年5月19日、広島東洋カープ-北海道日本ハムファイターズの試合で、共に交流戦初登板となった野村祐輔と斎藤佑樹の投げ合いを実況した。またこの試合は北海道文化放送で北海道にも地上波で放送され、デーゲームながら視聴率24.6%を記録している。深井瞬 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    、新加入で正三塁手として期待された岩村明憲の極度の不振や二塁手の内村賢介の成長により、シーズン途中から三塁手として起用されることになった。試合の終盤には守備固めと交代するシーンが多かったが、時折ファインプレーを見せることもあり、三塁の守備は安定していた。打撃面では、3番や5番のクリーンナップを任されることが多かったが3年ぶりに規定打席に到達し、本塁打は1本しか打てなかったものの、安打数も100本を越すなど1年を通して安定した成績を残した。日本ハムのルーキー・斎藤佑樹に相性が良く、13打数8安打で打率.615を記録した。オフにはFA権を行使しての国内球団移籍も視野に入れたが、行使せず残留。「仙台への愛着が一番の理由です。楽天で優勝したいという強い思いを持っている」と語った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 榎下陽大

    榎下陽大から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    鹿児島工業高では3年夏の甲子園(・第88回選手権大会)に出場している。鹿児島県勢では県立高として53年ぶり(同校としては初)の出場ながら、4強へ進出。準決勝で同大会の優勝校である早稲田実業高校と対戦し、斎藤佑樹に無得点に抑えられて敗れた。榎下陽大 フレッシュアイペディアより)

  • 今治市

    今治市から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    ハンカチ王子フィーバーの際、日米高校親善野球に選ばれた今治西高の宇高主将が地元今治産タオルハンカチを日本チームのメンバーに配ったことが大きく報道され、多大な宣伝効果を生んだ。今治市 フレッシュアイペディアより)

179件中 111 - 120件表示

「斎藤佑樹」のニューストピックワード