179件中 121 - 130件表示
  • 慶應義塾体育会野球部

    慶應義塾体育会野球部から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    2000年秋季には早稲田との優勝を懸けた決戦を制して20世紀最後のリーグ覇者に就き、翌2001年秋季には喜多隆志が東京六大学のリーグ新記録となる打率.535をマークするなど、開幕から8連勝の破竹の快進撃で通算優勝回数を30回の大台に載せた。2004年秋季リーグ戦では鬼嶋一司監督のもと31回目のリーグ優勝を飾り、2007年には加藤幹典の好投で春・秋とも慶早戦に優勝を懸けるところまで来たが、いずれのシーズンも斎藤佑樹らを擁する早稲田にわずかに及ばなかった。慶應義塾体育会野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 上田剛史

    上田剛史から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    春の第78回選抜高等学校野球大会では、斎藤佑樹を擁する早稲田実業と対戦し、延長15回引き分け再試合を経験した。斎藤から本塁打を含む8打数4安打と活躍し、守備の好プレーも披露。しかし再試合での9回表1点リードの場面で、後逸した右翼手のカバーを怠ったために決勝点が入り、逆転負けを喫した。上田剛史 フレッシュアイペディアより)

  • 空から日本を見てみよう

    空から日本を見てみようから見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    同じく2011年1月16日に放送された『neo sports』では、鎌ヶ谷球場で行われたプロ野球・北海道日本ハムファイターズの新人歓迎式典に登場した斎藤佑樹を特集する一環として、『空から佑ちゃんを見てみよう』という、当番組を意識したスタイルを用いた。空から日本を見てみよう フレッシュアイペディアより)

  • 石井裕也 (野球)

    石井裕也 (野球)から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    背番号を27から13に変更して挑んだシーズンは、左のワンポイントリリーフとして首位争いを演じる日本ハム中継ぎ陣を支えた。8月8日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で1球勝利(日本ハム移籍後初勝利)、同14日の福岡ソフトバンクホークス戦で2球勝利を記録したが、これらを同一月に記録したのはプロ野球史上初。なお、この2試合とも先発投手は斎藤佑樹で、石井は2番手として登板した。石井裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球13

    実況パワフルプロ野球13から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    大漁水産高校・投手。'98開幕版からの登場。速球とスローカーブを武器とする。世界編ではなぜかハンカチ王子キャラとなっている。試合中だとハンカチ代わりに左腕に青いリストバンドがついていてスタミナが少ないときに汗をぬぐう動作のときに青いハンカチを使う。前述のアイテムがあればそのサクセス選手も同じ動作を行う。後の『パワプロ2016』ではハンカチ王子キャラを考慮したのか汗拭きに使わず、単にオシャレでハンカチを持つのみだと語っている。実況パワフルプロ野球13 フレッシュアイペディアより)

  • 福井優也

    福井優也から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    、早稲田大学スポーツ科学部トップアスリート選抜入試に合格。斎藤佑樹、大石達也らと同期で推薦入学し、野球部に入部。斎藤とともに2人の甲子園優勝投手は将来のダブルエースとして期待された。福井は後に「斎藤と大石は目標であり自分を満足させなかったライバル。自分は3番目」と語っている。1年春の東京六大学野球リーグ2戦目に先発登板するが3回途中でノックアウト、夏に右肩痛を発症しベンチ入りメンバーから外される。この頃はマウンド上での態度が悪く投球に悪影響を与えていたが、周りからの指摘で改めたことで冷静に投球できるようになったという。福井優也 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山翔大

    杉山翔大から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    高校卒業後は、早稲田大学進学、野球部に入部する。1年時の春から斎藤佑樹とバッテリーを組むなど、細山田武史の後を受けて捕手のレギュラーに定着。その後は、打力を活かすために2年時の秋から一塁手に転向。3年時は三塁手、4年時は再び一塁手として起用された。3年時の春までは伸び悩んだが、下半身を生かすノーステップ打法を取り入れ打撃が安定する。4年時の秋は打率.389、2本塁打、15打点で戦後13人目となる東京六大学リーグの三冠王を獲得した。3年時秋に三塁手で、4年時は春・秋と一塁手でベストナインに選出された。リーグ通算91試合、打率.301、319打数96安打、9本塁打、56打点、9盗塁、52四死球、49三振、8失策。杉山翔大 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本賢

    宮本賢から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    和泉実・早稲田実業学校高等部硬式野球部監督の手記によると、の選抜高校野球大会で打ち込まれた「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹(早大、当時同校硬式野球部・後にプロでチームメイトになる。)に当時の早大主将だった宮本が助言をし、これを受けて斎藤は膝を折り曲げて腰の位置を強制的に落とす投球フォームに改造した。これによって重心が安定してコントロールが良くなったことが夏の大会での優勝につながったという。宮本賢 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木郁也

    荒木郁也から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    東京都江東区出身。中学時代は東京都江東区ポニーリーグの江東ライオンズに所属し、全国3位。日大三高では2年夏に内野手兼外野手として第87回全国高等学校野球選手権大会に出場。3年夏は西東京大会決勝にて斎藤佑樹率いる早稲田実業学校高等部に延長戦の末敗れ、甲子園出場はならなかった荒木郁也 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤隼太

    伊藤隼太から見た斎藤佑樹斎藤佑樹

    慶應義塾大学環境情報学部に進学後は、1年春から東京六大学野球のリーグ戦に出場する。2年時には、春のリーグ戦からレギュラーに定着。規定打席不足ながら、打率.345を記録した。秋のリーグ戦で4番に抜擢されると、リーグ5位の打率.326をマーク。3年春のリーグ戦では、早稲田大学1回戦で斎藤佑樹から三塁打、2回戦では福井優也から本塁打を放った。さらに、リーグトップの12打点を挙げて、チームを11季振りの優勝に導いた。4年時に主将へ任命。春のリーグ戦では、打率.405・4本塁打・17打点という好成績で、2季連続の優勝に貢献した。伊藤隼太 フレッシュアイペディアより)

179件中 121 - 130件表示

「斎藤佑樹」のニューストピックワード