前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • 松下康雄

    松下康雄から見た斎藤次郎斎藤次郎

    神戸一中、旧制一高を経て、東京大学法学部を卒業後、大蔵省に入省。大蔵省では、主計・主税・銀行畑を満遍なくこなし、順調に出世の階段を上り詰めて行った。1982年には大蔵事務次官に就任。「大物事務次官」の条件とされる、2年間の任期を全うする。退官後は、日本開発銀行・日本輸出入銀行への天下りという「ロイヤル・ロード」を歩まず、民間の太陽神戸銀行に進み、1987年には同行頭取に就任。在任中の1990年に三井銀行との合併(さくら銀行誕生)をやってのけ、世間を驚かせた。その後、三重野康日本銀行総裁の後継者レースの候補として名前が浮上し、大蔵事務次官経験者の吉野良彦・山口光秀・平澤貞昭を制して第27代同行総裁に就任。この時、斎藤次郎ら大蔵省現役幹部の意中の人は吉野であったが、吉野が総裁就任を固辞した為、松下にお鉢が回ってきたと言われている。松下康雄 フレッシュアイペディアより)

  • レーザーウェーブ

    レーザーウェーブから見た斎藤次郎斎藤次郎

    『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』に登場。本作でも名称は英語版準拠なためショックウェーブ/Shockwaveと呼ばれる。原語版の声はフランク・ウェルカー、日本語版では斎藤次郎が演じたが、台詞が非常に少ない。レーザーウェーブ フレッシュアイペディアより)

  • 野上暁

    野上暁から見た斎藤次郎斎藤次郎

    『子ども論の遠近法』芹沢俊介,斎藤次郎共著 プラス通信社 子どもプラスBOOKS 2012野上暁 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本保孝

    宮本保孝から見た斎藤次郎斎藤次郎

    上野寛永寺輪王殿で行われた告別式には、三重野康(元日本銀行総裁)、武藤敏郎(日銀副総裁)、岩田一政(日銀副総裁)、小村武(日本政策投資銀行総裁)、斎藤次郎(東京金融先物取引所理事長)、薄井信明(国民金融公庫総裁)、前田晃伸(全国銀行協会会長)、鏡味徳房(第二地銀協会長)、五味廣文(金融庁長官)らが参列、弔辞は長野幸彦(信金中金会長・全信協会長)、大前孝治東信協会長、大場智満(国際金融情報センター理事)が読んだ。()内は当時の役職。宮本保孝 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅なほみ

    三宅なほみから見た斎藤次郎斎藤次郎

    『電脳教育論 対談=斎藤次郎vs三宅なほみ・森毅vs三宅なほみ』 - 1987 日本ソフトバンク出版事業部(斎藤次郎・森毅 共著)ISBN 978-49-3-079573-1三宅なほみ フレッシュアイペディアより)

  • 篠沢恭助

    篠沢恭助から見た斎藤次郎斎藤次郎

    理財局長、大臣官房長、主計局長を経て、1995年(平成7年)大蔵事務次官に就任。斎藤次郎が任期を2ヶ月残して辞任した後を受けて次官に就任したが、中島義雄・田谷廣明ら主計局幹部による過剰接待問題や、大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件における銀行局(西村吉正局長)と国際金融局(榊原英資局長)の米国側への通報が遅れた事で問題とされた件、住専国会を経て住専への公的資金投入など、これら一連の「大蔵スキャンダル」でマスコミや政界、国民などの大きな反発を受けていたため、歴代大蔵次官では最短となる在任7ヶ月での辞任となった(但し、のちに小村武が次官在任6ヶ月で辞任した)。篠沢恭助 フレッシュアイペディアより)

  • 濱下武志

    濱下武志から見た斎藤次郎斎藤次郎

    斎藤次郎)『アジア大混乱』(NTT出版, 1998年)濱下武志 フレッシュアイペディアより)

  • 西村吉正

    西村吉正から見た斎藤次郎斎藤次郎

    この時、保田博と共に二年間経企庁に留め置かれたことから、のちに保田が事務次官退官時に後任の斎藤次郎新次官に西村の銀行局長への就任を託したとされている。西村吉正 フレッシュアイペディアより)

  • 森毅

    森毅から見た斎藤次郎斎藤次郎

    『元気が出る教育の話 学校・世の中・自分』斎藤次郎対談 中公新書 1982森毅 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野良彦

    吉野良彦から見た斎藤次郎斎藤次郎

    大蔵省にあっては財政再建強硬派として有名であり、1994年、日本銀行総裁候補に大蔵事務次官・斎藤次郎のラインで推されたが、自ら固辞したこともあり、松下康雄にお鉢が回った。吉野良彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示

「斎藤次郎」のニューストピックワード