123件中 101 - 110件表示
  • 第44回衆議院議員総選挙

    第44回衆議院議員総選挙から見た新党日本新党日本

    こうした状況下で、郵政民営化法案に反対票を投じ、自民党の公認を得られなかった衆議院議員は、元衆議院議長綿貫民輔、元建設大臣亀井静香らが綿貫を代表に「国民新党」を、元財務副大臣小林興起、荒井広幸らは長野県知事田中康夫を代表に迎え、「新党日本」を結党した。この新党日本は結党時は国会議員が4人であったため、公職選挙法上の政党として認められる国会議員5人以上ではなかったことから、国民新党の参議院議員長谷川憲正を名簿上移籍させることで政党として認められたが、このことで、新党結成は理念や政策の一致によるものではなく、政党としての権利を得るためだけの数合わせで、選挙互助会に過ぎないと批判を浴びることとなった。また、復活を目指す元北海道開発庁長官鈴木宗男も北海道で政治団体「新党大地」を結成した。第44回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 森まさこ

    森まさこから見た新党日本新党日本

    2006年、佐藤栄佐久の辞職に伴う福島県知事選挙に自由民主党・公明党・新党日本の推薦を受けて無所属で出馬したが、民主党が擁立した前参議院議員の佐藤雄平に敗れた。翌2007年、第21回参議院議員通常選挙に自民党公認で福島県選挙区から出馬し、初当選。当選直後の2007年自由民主党総裁選挙では福田康夫を支持し、半年後に福田が所属する町村派へ入会した。2008年自由民主党総裁選挙では与謝野馨、2009年自由民主党総裁選挙では谷垣禎一の推薦人名簿にそれぞれ名を連ねた。森まさこ フレッシュアイペディアより)

  • 泰阜村

    泰阜村から見た新党日本新党日本

    2003年(平成15年)9月26日に、当時の長野県知事である田中康夫(元新党日本衆議院議員)が住民登録をしたことで、全国的に知られるようになった(その後、田中康夫は2004年(平成16年)12月2日 に北佐久郡軽井沢町へ住民票を移転している)。泰阜村 フレッシュアイペディアより)

  • 東京・生活者ネットワーク

    東京・生活者ネットワークから見た新党日本新党日本

    同年の第45回衆議院議員総選挙では、小選挙区17名・比例単独1名(石毛えい子)の民主党公認候補に加え、民主党候補との選挙区調整で鞍替えした保坂展人(東京都第8区、重複立候補、社民党公認)と有田芳生(東京都第11区、重複立候補、新党日本公認)を推薦・支援した。しかし推薦した民主党小選挙区候補は東京17区早川久美子除き全員勝利(早川は比例復活、石毛も当選)したのに対し、保坂・有田は小選挙区で敗北、比例でも所属政党が議席を得られず当選させる事は出来なかった。東京・生活者ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 新緑風会

    新緑風会から見た新党日本新党日本

    9月10日、新党日本と院内会派「民主党・新緑風会・日本」を結成。新緑風会 フレッシュアイペディアより)

  • 勝谷誠彦

    勝谷誠彦から見た新党日本新党日本

    新党日本代表の田中康夫を支援していた。2006年8月に執行された長野県知事選挙では田中康夫が落選・元衆議院議員で国家公安委員長を歴任した村井仁が当選をした。勝谷誠彦 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸空港

    神戸空港から見た新党日本新党日本

    この間、神戸で震災ボランティアに携わった作家の田中康夫(後に長野県知事、参議院議員、衆議院議員、新党日本代表)が「勝手連的に」、「神戸市民投票を実現する会」を結成、自らがその代表を名乗り市民運動への取り組みを見せ、知名度の高さや神戸を頻繁に訪問するなど積極的に活動を重ね、市民運動の広がりを助けた。そうしてこの運動は、「神戸空港建設の是非を問う住民投票条例」を求める直接請求運動として展開され、その受け皿として市民団体「神戸空港・住民投票の会」が組織された。神戸空港 フレッシュアイペディアより)

  • 党友

    党友から見た新党日本新党日本

    日本共産党、新党改革は党友制度を設けていない。新社会党、新党日本、維新政党・新風には党友もしくはサポーター制度があるが、維新の党や新党大地にはない。党友 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た新党日本新党日本

    2012年(平成24年)1月、野田内閣が推進する消費税増税・TPP参加・八ッ場ダム建設再開・原発容認などの政策に対し、民主党が主張したマニフェスト(政権公約)に違反するものとして反発した議員が民主党を離党して、新党大地・真民主と新党きづなを結成した。3月には亀井静香国民新党代表が民国連立政権からの離脱を主張して、政権残留派と無所属となった離脱派に国民新党が分裂した。7月には、民主党の小沢一郎を中心とする小沢グループの議員の中から、消費税増税法案の衆議院での採決において反対投票を行った衆議院議員の一部と同調した参議院議員が離党を表明。衆議院と参議院に新会派「国民の生活が第一・無所属の歩」(後の「国民の生活が第一」)と新党の国民の生活が第一をそれぞれ結成した。第180回国会で消費税増税法案(消費税関連法案)が3党合意(民主党・自由民主党・公明党)与野党の多数で可決された。第1極の与党(民主党・国民新党)と第2極の野党(自由民主党・公明党・社会民主党・日本共産党)以外の第3極によるオリーブの木構想が浮上した。国民新党を離党した亀井亜紀子参議院議員と民主党から3人の女性参議院議員が離党して新会派の「みどりの風」を結成したことで、民主党・新緑風会は自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会と並ぶ参議院の第2会派に近い少数会派となった。平成24年度の時点で日本の政党は二大政党と中政党とミニ政党が複数あり、与党が民主党と国民新党であり、野党 が自由民主党(自民党)・国民の生活が第一・公明党・日本共産党(共産党)・みんなの党・社会民主党(社民党)・日本維新の会・新党大地・真民主・太陽の党・減税日本・みどりの風・新党改革・新党日本であり、2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙の解散時点で史上最多の15個の政党が乱立していた。第46回衆議院議員総選挙で野党の自由民主党・公明党が勝利して政権を奪還した。与党勢力(自民党)が強く、複数の野党勢力が弱い一強多弱状態の政界構図が誕生して、2013年(平成25年)の第23回参議院議員通常選挙からネット選挙が解禁された。2016年(平成28年)7月の第24回参議院議員通常選挙から野党4党が選挙協力をして民進党候補などを1人区で日本共産党が支援する民共共闘が実施された。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政民営化

    郵政民営化から見た新党日本新党日本

    この結果を受けて、小泉は郵政民営化の賛否を日本国民に問うとして、衆議院を解散した(郵政解散)。反対派の一部は自民党を離脱し、新党(国民新党・新党日本)を結成。そのいっぽうで離党せず自民党に残った議員は、党公認を得られず、無所属候補として第44回衆議院議員総選挙に出馬することになった。また、郵政民営化に反対した国会議員の小選挙区全てに、小泉自民党は対立候補(いわゆる「刺客候補」)を送り込んだ。これら刺客候補を送られ対立した議員の多くは、次期政権の安倍政権によって多くの議員が自民党へ復党している。郵政民営化 フレッシュアイペディアより)

123件中 101 - 110件表示