123件中 111 - 120件表示
  • 年金手帳

    年金手帳から見た新党日本新党日本

    現在の年金手帳は、基礎年金番号などが記載されているだけであり、自分自身の保険料納付記録については、日本年金機構のオンラインシステムに記録されている。これに対し、いくつかの政党は年金制度の透明化を図るために、2005年の衆院選から、金融機関の預金通帳と同様に、『支払った金額や将来受け取れる金額などを明示した「年金通帳」の導入』を、政策目標の一つに掲げている。また新党日本は、支払った金額を1ヶ月毎に印字し、年度末には国費支給分を合算して、確実に給付される合計金額を明示するものを提案していた。一方、民主党は、加入年月日、支払った金額(制度別)、年間の受給見込み額を、それぞれ1年単位で印字するものを提案している。社民党は、民主党と同様のものをイメージし「マイ年金通帳」と呼称している。年金手帳 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た新党日本新党日本

    田中康夫は、浅田彰との対談で、エルサレム賞がノーベル文学賞の登竜門であるとされることから、「誰もが『卵が尊い』と唱和する局面であえて、壁の側にだって一分の理はあるのではと木鐸(ぼくたく)を鳴らしてこそ、小説家としての証しだとするなら」という前置きをした上、ノーベル賞をくださいと正直に言うことが大人の商売人であると論評した。ただし、2009年2月27日、新党日本のYouTubeチャンネルで、田中は村上にノーベル賞への気持ちがあったかどうかは、問わないとしている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 日本BS放送

    日本BS放送から見た新党日本新党日本

    田中康夫のにっぽんサイコー!(チームニッポン制作)日本BS放送 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄社会大衆党

    沖縄社会大衆党から見た新党日本新党日本

    2006年11月19日の沖縄県知事選挙では糸数が参議院議員を辞職して、無所属で野党統一候補として立候補。社大・民主・社民・共産・国民新・日本・自連の推薦、そうぞうの支持を受け、自民・公明が推薦した仲井眞弘多と争ったものの落選、革新勢力は8年ぶりの県政奪還は成らなかった。沖縄社会大衆党 フレッシュアイペディアより)

  • 日本維新の会 (2016-)

    日本維新の会 (2016-)から見た新党日本新党日本

    7月10日実施の第24回参議院議員通常選挙には、選挙区18人(減税日本との共同公認候補1人を含む)・比例区10人の合わせて28人の公認候補者を擁立した。また、党外からは渡辺喜美(みんなの党元代表)を比例区に、田中康夫(新党日本元代表)を東京選挙区に、それぞれ擁立した。その結果、選挙区では大阪選挙区で2議席、兵庫選挙区で1議席をそれぞれ獲得、比例区では4議席を獲得し、合計7議席を獲得(渡辺は当選、田中は落選)、非改選とあわせ12議席となり、参議院で予算を伴わない法案の単独提出が可能になった(第192回国会では法案100本提出を目指し、12月12日に目標を上回る計101本に到達した)。日本維新の会 (2016-) フレッシュアイペディアより)

  • 麻生太郎

    麻生太郎から見た新党日本新党日本

    麻生内閣メールマガジン「太郎ちゃんねる(2008年12月4日配信)」において、「1941年12月に第二次世界大戦が真珠湾攻撃で始まる」と書いたことについて、「1941年12月に始まったのは第二次世界大戦ではなく太平洋戦争である。この歴史認識は知性を疑われる恥知らずの間違い」として、新党日本の田中康夫から国会での謝罪と訂正を求める質問主意書が提出された。麻生太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 有田芳生

    有田芳生から見た新党日本新党日本

    2007年(平成19年)、新党日本副代表に就任し、同年の第21回参議院議員通常選挙に比例区から立候補したが落選した。有田芳生 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災

    東日本大震災から見た新党日本新党日本

    国民新党と新党日本は共同で、3月11日17時に亀井静香国民新党代表を本部長、田中康夫新党日本代表を本部長代行とする「東北地方太平洋沖地震対策本部」を設置した。東日本大震災 フレッシュアイペディアより)

  • 生島ヒロシのおはよう一直線

    生島ヒロシのおはよう一直線から見た新党日本新党日本

    田中康夫(作家、新党日本代表、元国会議員・元長野県知事)生島ヒロシのおはよう一直線 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本

    2006年の日本から見た新党日本新党日本

    民主党大会。小沢一郎が正式に党代表に選出され、新執行部は、渡部恒三国対委員長以外は留任。国民新党の綿貫民輔代表、社民党の福島瑞穂代表、新党日本の田中康夫代表も来賓として参加。また、この党大会が終了後、小沢一郎が体調不良で都内の病院に入院、のち10月5日に退院。2006年の日本 フレッシュアイペディアより)

123件中 111 - 120件表示