236件中 51 - 60件表示
  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た新大阪駅

    これらにより、東京駅 - 新大阪駅間では従来の500系・700系の「のぞみ」と比べて運行時間は最大5分短縮され、最速列車の所要時間は2時間25分(2007年7月1日ダイヤ改正時の「のぞみ」1・163・52号)となった。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た博多総合車両所

    2008年10月には、JR西日本所属の量産先行車としてN700系7000番台となる1編成8両が博多総合車両所に搬入された。JR西日本所属車の編成記号は S としている。2008年10月24日に博多駅 - 新山口駅間で公式試運転が実施され、11月以降は山陽新幹線内での走行試験が実施されている。その後は姫路駅 - 博多駅間の往復が主であるが、新大阪駅に入線する場合もあった。2010年6月15日には姫路駅にてS2編成が報道陣に一般公開され、姫路駅 - 博多駅間で試運転を行っている同車両への試乗も行われた。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た博多駅

    2005年3月4日に日本車輌製造・日立製作所・川崎重工業により先行試作車(Z0編成)が完成し、JR東海浜松工場にて報道陣に公開された。同月10日未明に公式試運転として浜松駅 - 静岡駅間で初めて本線を走行し、4月4日から走行試験を開始し、7月16日には三島駅 - 浜松駅間での日中走行も実施した。同月24日には初めて東京駅 - 新大阪駅間を走行し、29日には山陽新幹線に乗り入れて博多駅まで走行、そして9月7日には速度向上試験で320km/hを記録した。この先行試作車による2年間の実験走行を経て、量産車(Z1編成以降とN編成)を投入することとなった。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た名古屋駅

    同年5月23日には報道関係者約300人向けの試乗会が実施された。使用されたのはZ2編成で、同年7月1日の営業運転開始までにJR東海が準備する5本の編成のうちの一つだった。東京駅 - 博多駅間を約5時間半で走行し、途中名古屋駅・京都駅・新大阪駅・岡山駅・広島駅に停車した。東京駅を11時46分に出発し、掛川駅通過直前に「只今車体傾斜を行っています」という車内アナウンスが流れ、名古屋駅到着まで幾度か同様の放送が流れたが、ほとんどの添乗者が車体の傾きを体感しなかった。同乗したJR東海の担当者は、カーブに入る手前の緩和曲線を含めて線形を読み、走り込みを続ける中で傾けるタイミングを調節したと語った。その後、同年6月16日・17日・24日に公募による一般向けの試乗会も開催された。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見たグリーン車

    各車両の形式番号は、700系ではグリーン車が710番台、普通車が720番台であるのに対し、本系列は60多いグリーン車が770番台、普通車が780番台となり、九州新幹線直通用のみのグリーン・普通合造車は760番台(766形で6号車)となっている。詳細は「形式および車種」の節を参照。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た新幹線0系電車

    東海道・山陽新幹線用の16両編成(JR東海が0番台、JR西日本が3000番台)は300系と山陽新幹線にわずかに残存していた0系を完全に置き換え、設備が陳腐化した500系と700系を定期「のぞみ」運用から撤退させるための次期主力車種として、2007年7月1日のダイヤ改正から営業運転を開始。これをベースにJR西日本と九州旅客鉄道(JR九州)によって山陽・九州新幹線用の8両編成(JR西日本が7000番台、JR九州が8000番台)が共同開発され、2011年3月12日の九州新幹線全線開業による山陽・九州新幹線の直通運転開始と、100系の完全置き換えを目的に営業運転を開始した。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た山陽新幹線

    N700系(エヌ700けい)は、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)および九州旅客鉄道(JR九州)に在籍する新幹線電車である。東海道・山陽新幹線の第五世代、九州新幹線の第二世代の営業用車両にあたる。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た新幹線100系電車

    東海道・山陽新幹線用の16両編成(JR東海が0番台、JR西日本が3000番台)は300系と山陽新幹線にわずかに残存していた0系を完全に置き換え、設備が陳腐化した500系と700系を定期「のぞみ」運用から撤退させるための次期主力車種として、2007年7月1日のダイヤ改正から営業運転を開始。これをベースにJR西日本と九州旅客鉄道(JR九州)によって山陽・九州新幹線用の8両編成(JR西日本が7000番台、JR九州が8000番台)が共同開発され、2011年3月12日の九州新幹線全線開業による山陽・九州新幹線の直通運転開始と、100系の完全置き換えを目的に営業運転を開始した。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見たコマーシャルメッセージ

    なお、車両輸送は日立物流や日本通運などが行っている。2008年春には日本通運のCMで本系列の輸送シーン(Z7編成(現・X7編成)の納車時)が放映されていた。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た炭素繊維強化プラスチック

    碍子覆いと二面側壁の形状は700系とほぼ同一で、碍子覆いの両側に大型の二面側壁を設けている。この二面側壁の全長は700系のものより延長され、傾斜角も緩やかなものとなっている。またEGS投入目視確認用の小窓が無くなり、かわりにEGSの投入状態を監視するカメラが碍子覆い内に、モニターが各パンタグラフ搭載号車の車内に設置された。この碍子覆いと二面側壁はアルミニウムハニカムパネル、炭素繊維強化プラスチックパネルを使用することで軽量化を実現している。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

236件中 51 - 60件表示

「新幹線N700系」のニューストピックワード