103件中 31 - 40件表示
  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た二荒山神社

    平安時代には836年(承和3年)の正五位下勲四等に始まって869年(貞観11年)の正二位勲四等の神階奉授の記録があるほか、『延喜式神名帳』に記載されている名神大社「下野国河内郡 二荒山神社」の記載がある。ただし、この論社には宇都宮市の宇都宮二荒山神社もあり、帰属を巡っては古くから議論がある(詳細は「二荒山神社」参照)。また、両社とも下野国一宮を称している。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た論社

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た日光山

    関東平野北部、栃木県北西にそびえる日光連山の主峰・日光三山を神体山として祀る神社である。境内は次の3ヶ所からなる。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た一宮

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た名神大社

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た修験道

    二荒山神社は古来より修験道の霊場として崇敬された。江戸時代になり幕府によって日光東照宮等が造営されると二荒山神社も重要視され、現在の世界遺産・重要文化財指定の主な社殿が造営された。また、国宝指定の刀剣2口や多数の刀剣等の重要文化財を現在に伝えているほか、境内は国の史跡「日光山内」に包括されている。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た華厳滝

    日光三山は男体山(なんたいさん:古名を「二荒山(ふたらさん)」)・女峯山(にょほうさん)・太郎山からなり、二荒山神社ではそれぞれに神をあてて祀っている。三山のほか日光連山を境内地とし、面積は3,400haにも及び、その神域には華厳滝やいろは坂も含まれる。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た女峯山

    日光三山は男体山(なんたいさん:古名を「二荒山(ふたらさん)」)・女峯山(にょほうさん)・太郎山からなり、二荒山神社ではそれぞれに神をあてて祀っている。三山のほか日光連山を境内地とし、面積は3,400haにも及び、その神域には華厳滝やいろは坂も含まれる。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た宇都宮二荒山神社

    正式名称は「二荒山神社」であるが、宇都宮市の二荒山神社(宇都宮二荒山神社)との区別のために地名を付して「日光二荒山神社」と称される。古くは「日光三社権現」と称された。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た日光の社寺

    ユネスコの世界遺産に「日光の社寺」の構成資産の1つとして登録されている。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

103件中 31 - 40件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード