103件中 71 - 80件表示
  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た縁起

    室町時代後期成立とされる日光の神々についての縁起。上下二巻。男体山・赤城山に関する伝説で、男体山(栃木県)の神と赤城山(群馬県)の神がそれぞれ大蛇と大ムカデになって戦い、男体山の神が勝利をおさめたという。伝説に関して「赤沼」「戦場ヶ原」といった地名が現在も残る。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た日光市

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た足尾台風

    1902年(明治35年)の足尾台風による洪水で流失したため、現在の橋は1904年(明治37年)の再建。1944年(昭和19年)に国の重要文化財に指定された。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た例祭

    弥生祭 (4月13日 - 4月17日。4月17日の例祭を含む)日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た赤薙山

    赤薙山神社 - 祭神:少彦名命。赤薙山山頂に鎮座。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た日光山縁起

    日光山縁起』「神戦譚」日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た境内

    江戸時代までは、神領約70郷という広大な社地を有していた。今日でも日光三山を含む日光連山8峰(男体山・女峰山・太郎山・奥白根山・前白根山・大真名子山・小真名子山・赤薙山)や華厳滝、いろは坂などを境内に含み、その広さは3,400haという、伊勢神宮に次ぐ面積を有している。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神宮寺

    勝道上人による782年(天応2年)の男体山登頂ののち、784年(延暦3年)に建立されたという。この時、同時に中禅寺も二荒山神社の神宮寺として創建された。古くは「男体中宮」「男体権現」「中禅寺権現」とも称された。棟札の写しによれば、1096年(永長元年)、1155年(久寿2年)、1161年(永暦2年)の社殿造営が確認されている。その後、現在の社殿が1699年(元禄12年)に造営された。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た神仏分離令

    1868年(慶応4年3月) - 〈神仏分離令日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た風鈴

    神橋の入り口に「大風鈴神橋」という陶器製の風鈴が飾られ、2017年7月28日に除幕された。長さ、直径ともに34cm、重さ5.5kg。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

103件中 71 - 80件表示

「日光二荒山神社」のニューストピックワード