日本の城 ニュース&Wiki etc.

城(しろ)とは、敵に攻め込まれた際の防御拠点として設けられた建築物。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「城」のつながり調べ

  • 多田銀山

    多田銀山から見た

    天平時代より銅山として開発され、このときの神教間歩から産出した銅は東大寺の大仏鋳造用に使用されたといわれるが記録に乏しい。奈良時代に皇朝十二銭の鋳銭材料を供給した銅山の記録があるが、畿内にも拘らず、ここに多田鉱山が登場していないことからこの時代の産出は疑わしい。平安時代に源満仲が多田荘にや多田院を設けて開発したとも伝えられる。産銅の確実な記録は鎌倉時代の長暦元年(1037年)、能勢採銅所が設けられた時期まで降る。(多田銀山 フレッシュアイペディアより)

  • 屋島

    屋島から見た

    663年の白村江の戦いの大敗の後、中大兄皇子(天智天皇)が唐・新羅の侵攻に備え、対馬?九州の北部?瀬戸内海?畿内に至る要衝に、様々な防御施設を築いたことが『日本書紀』に記載されている。667年、天智天皇6年の条に、「築 倭國高安城 讃吉國山田郡屋嶋城 対馬國金田城」と記載され、古代のが築かれている。しかし、山上に遺構が見あたらず、実体のない幻の城であった。1998年(平成10年)、南嶺山上の石塁の発見を契機に城門跡が発掘され、古代山城の存在が明確になる。(屋島 フレッシュアイペディアより)

「城」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「日本の城」のニューストピックワード