日本の外来種 ニュース&Wiki etc.

外来種(がいらいしゅ)とは、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のこと。生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「外来種」のつながり調べ

  • チャールズ・エルトン

    チャールズ・エルトンから見た外来種

    チャールズ・サザーラント・エルトン(Charles Sutherland Elton 1900年3月29日?1991年5月1日)はイギリスの動物学者、動物生態学者。個体群生態学、群集生態学の成立と外来種研究に影響を与えた。(チャールズ・エルトン フレッシュアイペディアより)

  • ワラジムシ亜目

    ワラジムシ亜目から見た外来種

    日本で見られるダンゴムシとワラジムシのうち、人家周辺に見られる普通種は外来種であるものが多い。日本では、外来種を含め約140種が報告されており、現在その研究が進んでいるところである。(ワラジムシ亜目 フレッシュアイペディアより)

「外来種」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ