721件中 101 - 110件表示
  • オオゾウムシ

    オオゾウムシから見た外来種外来種

    インドネシア、フィリピンから中国、台湾、朝鮮半島まで、東南アジアから東アジアに広く分布する。日本でも九州から北海道まで見られる普通種である。日本在来のゾウムシでは最大種だったが、20世紀末頃から同じオサゾウムシ科でさらに大型のヤシオオオサゾウムシが西日本各地に外来種として侵入したため、「日本最大のゾウムシ」の座を明け渡した。オオゾウムシ フレッシュアイペディアより)

  • ヒメイエバエ科

    ヒメイエバエ科から見た外来種外来種

    なおワラベヒメイエバエのように、熱帯原産の種が外来種として世界各地に広まっている例も知られている。なおワラベヒメイエバエは、日本でも1990年代ごろから定着が確認されている。ヒメイエバエ科 フレッシュアイペディアより)

  • キミノヒマラヤキイチゴ

    キミノヒマラヤキイチゴから見た外来種外来種

    世界中で食用・観賞用に栽培されており、熱帯アフリカやハワイでは外来種として定着している。キミノヒマラヤキイチゴ フレッシュアイペディアより)

  • ソウシチョウ

    ソウシチョウから見た外来種外来種

    日本国内では「かご抜け鳥」とも呼ばれる外来種で、留鳥として住み着いている。現在、関東、東海、近畿、中国、四国、九州の各地で繁殖が確認されておりソウシチョウ フレッシュアイペディアより)

  • カヤツリグサ科

    カヤツリグサ科から見た帰化種外来種

    他方、性格的に全く正反対な面もある。イネ科は小穂の構造が非常に多様で、属の数がとても多いが、それぞれの属に含まれる種数はそれほど多くない(700属8000種)。カヤツリグサ科は、小穂の構造はそれほど多くなく、属数が少ないのに、それぞれの属に含まれる種数がとても多い(70属4500種)。また、イネ科には穎果が穀物として利用される種が多数あるほか、サトウキビなど種実以外の部位が食用とされるもの、茅葺きやよしずなどさまざまな形で利用されるものが多数ある。他方、カヤツリグサ科は目立って食品とされているものは少ない。それ以外の利用で使われるものもあるが、イネ科と比べるとはるかに少ない。それともかかわりがあるだろうが、帰化種の数にも非常に差が大きい。カヤツリグサ科 フレッシュアイペディアより)

  • アオゲイトウ

    アオゲイトウから見た外来種外来種

    熱帯アメリカ原産で、外来種(帰化植物)として日本などに分布している。アオゲイトウ フレッシュアイペディアより)

  • コシダ

    コシダから見た外来種外来種

    コシダが取り除かれた場所では、侵入種植物が移入できるため、コシダの一つの重要な機能はこれらの植物種からの熱帯雨林の侵害を妨害することである。コシダはアレロパシー作用を有している。また、コシダは森林生態系の中でも特に生産力のある種である。森林のバイオマスとしては比較的少量であるにもかかわらず、ある地域の基礎生産力の2分の1を越える割合を占めている。コシダ フレッシュアイペディアより)

  • ツヤハダゴマダラカミキリ

    ツヤハダゴマダラカミキリから見た外来種外来種

    アメリカ合衆国、オーストリア、フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、スロバキアなど世界各地に外来種として移入分布する。ツヤハダゴマダラカミキリ フレッシュアイペディアより)

  • ナガエモウセンゴケ

    ナガエモウセンゴケから見た外来種外来種

    ナガエモウセンゴケ(Drosera intermedia)は、モウセンゴケ科に属する食虫植物の一種。北半球の温帯域原産で、日本では外来種(帰化植物)として一部地域で定着している。ナガエモウセンゴケ フレッシュアイペディアより)

  • たたき網漁

    たたき網漁から見た外来生物外来種

    近年は、オオクチバスやブルーギルなどの侵略的外来生物の防除も担っている。たたき網漁 フレッシュアイペディアより)

721件中 101 - 110件表示

「日本の外来種」のニューストピックワード