67件中 41 - 50件表示
  • おおぐま座BE星

    おおぐま座BE星から見た食 (天文)食 (天文)

    その後、詳細な測光観測によってが発見され、から星の大きさを推定したところ、高温の主星は準矮星と考えられるに至った。おおぐま座BE星 フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアルト・ハイス

    エドゥアルト・ハイスから見た食 (天文)食 (天文)

    銀河や黄道光、恒星、流星の観測を行った。著書には、ペロポネソス戦争中におきたに関するものや、ハレー彗星に関するもの、数学のテキストなどがある。1839年に時間あたり160の流星が観測されたペルセウス座流星群の記録を残し、その後毎年観測された流星の数を記録した。エドゥアルト・ハイス フレッシュアイペディアより)

  • ヒイアカ (衛星)

    ヒイアカ (衛星)から見た食 (天文)食 (天文)

    1999年には(もしその当時発見されていれば)ヒイアカのが観測できた。次に食が起きるのは2138年のはずである。ヒイアカ (衛星) フレッシュアイペディアより)

  • うお座オミクロン星

    うお座オミクロン星から見た食 (天文)食 (天文)

    うお座ο星は、ヒッパルコス衛星の観測結果から、固有運動が線形ではないとみられ、位置天文学的連星である可能性が指摘された。公転に伴う視線速度の変化は検出されていないが、うお座ο星は黄道の近くに位置するので、月によって隠される星食が起こることを利用した観測によって、うお座ο星が単一の点光源ではないことが明らかとなり、連星と考えられるようになっている。うお座オミクロン星 フレッシュアイペディアより)

  • 朔

    から見た食 (天文)食 (天文)

    地球から見て月と太陽が同じ方向となり、月から反射した太陽光が地球にほとんど届かないことと、強い太陽光の影響とで地上からは月が見にくい。黄道と白道が極めて近いか重なる地点(月の交点)で朔となった場合にである日食が起こる。皆既日食や金環日食時に新月の輪郭を見ることができるほか、地球照によっても新月を観察可能である。 フレッシュアイペディアより)

  • 合 (天文)

    合 (天文)から見た食 (天文)食 (天文)

    黄経の合の状態にある二つの天体が黄緯も同じ値をとる場合(または赤経の合の状態にある二天体が赤緯も同じ値をとる場合)には、地球に近い方の天体がもう一方の天体の手前を通ることになる。このような時には両者によって掩蔽現象が起こる。片方の天体がもう片方の天体の影に入る場合をと呼ぶ。例えば、月が地球の影と合の状態になり、影の中に入る現象を月食と呼ぶ。手前の天体の視直径が後ろの天体の視直径よりも十分に小さい場合には通過と呼ぶ。例として、水星が太陽と内合の状態になって太陽の手前を通過する現象を水星の太陽面通過と呼ぶ。金星と太陽で起こる同様の現象を金星の太陽面通過と呼ぶ。手前の天体が後ろの天体より大きく、後ろの天体が完全に隠される場合には掩蔽と呼ばれる。掩蔽の例は月が地球と太陽の間に入って太陽の一部または全部が隠される日食である(日食には食という名前が付いているが掩蔽に分類される)。太陽や月以外の天体による掩蔽は非常に稀な現象である。月による惑星の掩蔽は割合頻繁に起こっており、毎年数回地球上から観測できる。合 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類用語

    鳥類用語から見た食 (天文)食 (天文)

    カモ類の雄は派手な体色をするものが多いが、繁殖期を過ぎた後、一時的に雌のような地味な羽色になるものがおり、その状態を指す。エクリプス羽(英:eclipse plumage)。もともとは日食や月食などのを意味する。鳥類用語 フレッシュアイペディアより)

  • ゲミノス

    ゲミノスから見た食 (天文)食 (天文)

    ゲミノスの著作として唯一残っているのは『天文学序説』(Ε?σαγωγ? ε?ς τ? Φαινόμενα, Isagoge)である。ヒッパルコスなどの仕事に基づいているとされる。ここで彼は、獣帯や太陽の動き、星座、天球、昼夜、星座の動き、太陽暦、太陰暦、月相、、季節の星座、地球上の位置と地理、星に基づいた気象予報の愚かしさなどについて述べている。ゲミノス フレッシュアイペディアより)

  • りょうけん座RS星

    りょうけん座RS星から見た食 (天文)食 (天文)

    変光星としてまず、アルゴル型変光星に分類されたが、を詳しく分析すると、が起こっていない時の光度も変化していることがわかった。光度曲線は、食を挟んで非対称な形をしており、その食でない時の変光もパターンもまた、時間と共に変化することがわかっている。りょうけん座RS星 フレッシュアイペディアより)

  • HD 5980

    HD 5980から見た食 (天文)食 (天文)

    1960年代から1970年代、明るさとスペクトルが時間で変化することや、が起こることが発見され、連星であることがわかったが、当初はウォルフ・ライエ星とOB型星の連星と考えられた。更に観測が進むと、食連星の2つの恒星はいずれもウォルフ・ライエ星であることがわかった。また、食から推定した連星の軌道周期に従って波長が変化しない吸収線が発見され、食連星とは別にO型星が存在する三重星と考えられるようになった。HD 5980 フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示

「日食」のニューストピックワード