67件中 51 - 60件表示
  • 月の植民

    月の植民から見た食 (天文)食 (天文)

    北極では、ピアリークレーターの縁が基地の場所として有力だと提案されている。クレメンタイン計画の画像調査で、クレーターの縁の一部に永久(月のは除く)に日光が当たるように見える場所が見つかった。その結果、この場所では温度条件が平均-50℃程度に安定していると予想される。これはシベリアや南極大陸の寒極の冬に相当する。ただし、この永久日照領域は、2008年の月探査機かぐやによる探査によって存在しないことが明らかになった。最大日照領域における日照率は月の北極において89%、南極において86%である。また、ピアリークレーター内部には水素の堆積物が存在するかもしれない。月の植民 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルナ (小惑星)

    ヴァルナ (小惑星)から見た食 (天文)食 (天文)

    2013年1月9日、ヴァルナがふたご座にある15.9等級の恒星3UCAC 233-089504の星食が発生した。太陽系外縁天体に分類される天体としては、国内で初めて星食が観測された。ヴァルナ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 暦書 (ノストラダムス)

    暦書 (ノストラダムス)から見た食 (天文)食 (天文)

    オリジナルは現存しないが、1904年に出された影印本が、フランス国立図書館、アルボー博物館、大英図書館などにあり、現在はインターネット上でも見られる。内容の大半がツィプリアン・レオヴィッツのについてのラテン語文献の引き写しにすぎないため、偽書と疑う論者もいる。暦書 (ノストラダムス) フレッシュアイペディアより)

  • インド占星術

    インド占星術から見た食 (天文)食 (天文)

    ラーフは月の交点(黄道と白道の交わる点)のうち昇交点であり、降交点はケートゥである。日食と月食のと関係が深い為重視された。後に西洋占星術に輸出され、ラーフ(羅睺)にはドラゴン・ヘッドもしくはノース・ノードという名が、ケートゥ(計都)にはドラゴン・テールもしくはサウス・ノードという名がつけられた。インド占星術 フレッシュアイペディアより)

  • 九曜

    九曜から見た食 (天文)食 (天文)

    月の交点は、日食と月食のに深く関係する。そのため神話化されインド神話のバラモン教の聖典「ヴェーダ」では、乳海攪拌の時不老不死の霊薬であるアムリタを盗み飲んだがスーリヤ(太陽神)とチャンドラ(月神)の告げ口でヴィシュヌのチャクラムで首を切られたアスラであった。アムリタを飲んだ首が不死のラーフ、胴体がケートゥという星となった。ラーフは太陽と月を飲み込むが胴体がないのですぐに太陽と月は現れてしまい、これが日食・月食になる。九曜 フレッシュアイペディアより)

  • WOWOW

    WOWOWから見た食 (天文)食 (天文)

    4月中旬に地球による「」が終了した後より24時間放送が行われている。しかし、3月に発生した「ゆり3号a」の太陽電池のトラブルがあり、季節や時間帯によってはNHKを含む3チャンネル分の電波が供給できない事態となり、同年7 - 8月の一時期は平日は10:05 - 26:00、土曜日は8:05 - 26:00、日曜日は8:05 - 24:30の放送で早朝・深夜放送を一部休止していた。WOWOW フレッシュアイペディアより)

  • GOES 15

    GOES 15から見た食 (天文)食 (天文)

    打ち上げ時の重量はだった。設計寿命は10年で電力は1枚のガリウム砒素太陽電池から2.3kWが供給される。A24セルのニッケル水素蓄電池が搭載されており、に入る時間帯の電力の供給に使用される。 GOES15に搭載される観測機器として5チャンネルの複数波長カメラで可視光と赤外線で撮影し、大気の温度や水分を観測し、太陽X線カメラで太陽フレアを検出し磁気圏、宇宙マイクロ波背景放射、荷電粒子の観測装置も備える。GOES 15 フレッシュアイペディアより)

  • 25世紀

    25世紀から見た食 (天文)食 (天文)

    2419年12月30日 - 01時38分(UTC)に金星による天王星とのが起こる。25世紀 フレッシュアイペディアより)

  • ダーククリスタル

    ダーククリスタルから見た食 (天文)食 (天文)

    惑星トラから見て、複雑な軌道を描いて空を巡る三つの太陽も天頂にて、の状態となる時がある。二つの太陽による蝕を「小合致」、三つの太陽の蝕を「大合致」と呼ぶが、天窓から受けた太陽光をエネルギーへと変換としているダーククリスタルは、三つの太陽相互の陽光の増幅効果により、異常な高エネルギーのビームが降り注ぐ一種の臨界状態へと移行する。スケクシスたちはその瞬間を利用して、さまざまな邪悪な意図を達成してきた。三つの太陽が蝕となる「大合致」は、千年に一度しか起こらない。ダーククリスタル フレッシュアイペディアより)

  • 日本放送協会の放送形態

    日本放送協会の放送形態から見た食 (天文)食 (天文)

    BS放送での放送休止は、デジタル放送で年1回程度となっている。なお、BSアナログ放送は1997年春まで「地球や月による」現象により放送休止時間を設けていた。これは衛星への大容量電池搭載によって解消した。日本放送協会の放送形態 フレッシュアイペディアより)

67件中 51 - 60件表示

「日食」のニューストピックワード