1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示
  • 三菱・エクリプス

    三菱・エクリプスから見た食 (天文)食 (天文)

    18世紀の競走馬、エクリプスより。(「エクリプス」自体は「日食」「月食」の「」の意味を持つ。デンソーテンのカーオーディオにも(より英語の発音に近づけて)「イクリプス」と読ませる同名のブランド、ECLIPSE (ブランド)がある)三菱・エクリプス フレッシュアイペディアより)

  • 秦朝

    秦朝から見た食 (天文)食 (天文)

    未来を予言したり支配する占いは、いまだもう一つの宗教的実践の形態であった。秦朝で一般的であった古代の実践は、未来を知るために骨や亀の甲羅を砕くことであった。自然現象を扱うのが一般的な手法であったが、初期の中国帝国で突如現れた占いの形態は、様々であった。彗星や、旱魃は、起こることの前兆と看做された。秦朝 フレッシュアイペディアより)

  • レグルス

    レグルスから見た食 (天文)食 (天文)

    1等星の中で最も黄道に近いため、定期的に月による(掩蔽)が発生する。非常に稀ではあるが、惑星(水星と金星)によるレグルス食も発生する。前回は、金星によるレグルス食が1959年7月7日に起きた。次回の惑星によるレグルス食は、85年後の2044年10月1日の金星によるレグルス食の予定である。他の惑星によるレグルス食は、交点の位置の関係上、ここ2000-3000年の間は発生しない。レグルス フレッシュアイペディアより)

  • ケプラー (探査機)

    ケプラー (探査機)から見た食 (天文)食 (天文)

    惑星の軌道が中心の星と視線上偶然重なりを起こす確率は、恒星の視直径を惑星の公転軌道の直径で割った値に比例する。太陽のような星の周囲を軌道半径1天文単位で地球型惑星がまわっていた場合、食を起こす確率は0.47%、1/210である。もし軌道半径が0.72天文単位(金星の公転軌道と同じ)場合、その確率は0.65%とやや大きくなる。惑星が複数存在する系の場合、それらの惑星は同じ軌道面を取ることが多いため食を起こす確率はより大きくなる。例えば、宇宙人がケプラーのような宇宙望遠鏡で地球による食を観測できたとすると、12%の確率で金星が起こす食も観測できることになる。ケプラー (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • 7月7日

    7月7日から見た食 (天文)食 (天文)

    1959年 - しし座α星レグルスの金星によるが発生。7月7日 フレッシュアイペディアより)

  • 木星

    木星から見た食 (天文)食 (天文)

    位相角(en)は最大11.5度であるため、地球から見ると木星には影で欠けるがほとんど視認できない。木星 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年

    2012年から見た食 (天文)食 (天文)

    2012年は金環および皆既日食、金星の太陽面通過、木星食、金星食などに関する天文現象の当たり年であった。以下は本年に観測された主な天文現象の一覧である。日付はUTCとなっている。2012年 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示

「日食」のニューストピックワード