172件中 111 - 120件表示
  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見たシロサイ

    かつては「ノシオ」と言う名のミナミシロサイが展示されていたが、2009年11月17日に腎不全で死亡し、このため、北海道の動物園からはサイが見られなくなった。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見た旭川電気軌道東旭川線

    旭川市でも動物園開設を求める声が大きくなり、当時の五十嵐広三市長(後の建設大臣・内閣官房長官)が、1964年度以降開園へ向け予算をつけた。建設地には市内数カ所の候補があったが、地形や地質が適していたこと、また市内中心部から旭川電気軌道の路面電車(旭川電気軌道東旭川線、1972年限りで廃止)が運行されていたことなどが決め手となり、市の東部にある旭山が選ばれた。1966年4月着工、1967年6月完工、総事業費は約2億5千万円であった。各地に預託されていた動物を運び入れて開園したのは1967年7月1日である。当初の動物は75種505匹だった。なお、これにはコイ200匹も含まれている。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見たキタキツネ

    アライグマ、アメリカミンク、エゾタヌキ、キタキツネ、エゾクロテン、エゾリス、オオワシ、オジロワシ、クマタカ、エゾフクロウ、アオバズク、ワシミミズクなど旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見たオオコノハズク

    1981年 - 国内で初めてオオコノハズクの繁殖に成功する。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見た道道37号

    道央自動車道旭川北インターチェンジより道道37号を旭川空港面に8km進み、動物園通から2km、また旭川鷹栖インターチェンジより15km、旭川紋別自動車道愛別インターチェンジより18km。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見たヒョウ

    動物の自然な生態が見られる行動展示(後述)を実施して、一躍有名になった。1997年以降は入園者数が増加し、北海道を代表する観光地として定着している。日本国内だけではなく海外からも数多くの観光客が訪れている。2004年6月の「あざらし館」公開以降は7月は18万5,461人、8月は32万1,500人と、恩賜上野動物園を抜いて日本一の月間入園者数を記録した。2006年度の入園者数は300万人を超え、350万人の来園者があった上野動物園に次いで国内2位、2010年以降は、愛知県の東山動植物園に抜かれ第3位になったが世界レベルでも上位の入場者数を記録している。寒冷地域に生息する動物の飼育繁殖に実績があり、旭山動物園が国内で初めて飼育下での自然繁殖に成功した動物にホッキョクグマ、アムールヒョウ、コノハズクなどがいる。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見た旭川鷹栖インターチェンジ

    道央自動車道旭川北インターチェンジより道道37号を旭川空港面に8km進み、動物園通から2km、また旭川鷹栖インターチェンジより15km、旭川紋別自動車道愛別インターチェンジより18km。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見た北日ノ出駅

    JR北海道石北本線北日ノ出駅から徒歩約25分。ただし本数の少なさやバスが出ていないなどアクセスの悪さから、最寄り駅であるがアクセス駅の機能は果たしていない。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見たオオセグロカモメ

    異なる動物を同じ場所で飼育する「混合展示」も新たな取り組みとして試みられている。現在はゴマフアザラシとウミネコ・オオセグロカモメ、ジェフロイクモザルとカピバラの混合展示を行っている。過去にはペンギン館でアザラシの仔を飼育していたことがあるほか、マルミミゾウとモモイロペリカンの混合展示もあった。動物同士のストレス解消などの狙いがある。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見た野生生物レスキューセンター (ボルネオ)

    野生生物レスキューセンター \(ボルネオ\) - 園が支援した。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

172件中 111 - 120件表示

「旭山動物園」のニューストピックワード