535件中 141 - 150件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た日本中央競馬会

    2003年・2004年のJRAのイメージキャラクターを務めた。時々番組内で競馬について語り、フジテレビの競馬番組『うまッチ!』内に「さんま馬主プロジェクト」なる企画が登場。手始めに「マイネル」の冠号で知られるラフィアン・ターフマンクラブの岡田繁幸が、妻の岡田美佐子名義で所有する競走馬に名前を付けて欲しいとの依頼を受け、「シャチョマンユウキ」と命名。喜劇映画の名作『社長漫遊記』にちなんでいるが、JRAの規定により9文字以下でなければならないため「ウ」が抜けた。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た裸の大将放浪記

    1979年、関西テレビで午後7時から放送された番組「誰がカバやねんロックンロールショー」で初の司会役に抜擢。フジテレビ系の「裸の大将放浪記」で、和菓子屋ぎおん堂の番頭としてゲスト出演。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!

    『さんまのナンでもダービー』内で発生した自身とテレビ朝日の確執が原因による1995年9月の番組打ち切り後、テレビ朝日ではレギュラー番組を持っていない。以後、同局への出演は数える程であり、2009年に事務所の後輩かつ長年自身のレギュラー番組で共演する雨上がり決死隊がMCの『アメトーーク』で初めて現本社に足を踏み入れた。その後は不定期ではあるが同局の特別番組に出演している。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たすぽると!

    2001年『第15回FNS27時間テレビ・FNS ALLSTARS 27時間笑いの夢列島』では、当時放送していたバラエティー番組『明石家マンション物語』で演じていた「横山3兄弟」というキャラクターに扮して、27時間テレビ内のコーナー『クイズ$ミリオネア』に出演した。『すぽると!』(フジテレビ系)が『感動ファクトリー・すぽると!』だった時代、「工場長」を務めており、土曜日の放送に不定期に作業服姿で出演していた。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た古畑任三郎

    1996年、フジテレビの人気刑事ドラマ『古畑任三郎』シーズン2の初回スペシャルに犯人役でゲスト出演。古畑の部下である今泉巡査の知り合いでやり手の弁護士・小清水潔を演じる。当初は売れないロックシンガー役の予定だったが、プロットを聞いたさんまは脚本家の三谷幸喜に対して軽い気持ちで「弁護士と古畑が闘うってのはおもしろいんじゃない?」と提案。すると自らも法廷モノが好きな三谷は快諾し脚本を書くが、あまりにもセリフが多くなりそれを覚えられないさんまに対し、主演の田村正和が撮影中に「今度間違えたら自分が帰りますよ」と言ったという。しかし、その直後に田村自身が「古畑任三郎」の中では初めてとなるNGを出してしまい、さんまが「あんた、これ貸しな。これでおあいこや」と田村に発言した。スタッフ一同は凍りついたが無事に撮影は終了、さんまは今泉役の西村雅彦に別室に呼び出され、「さんまちゃん。あれはダメなの」と叱られたという。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た加茂さくら

    1978年、毎日放送が大阪で制作していた『妻そして女シリーズ』のドラマで『母の償い』(原作 関幸輔、脚本西沢裕子、岡田茉莉子+加茂さくら+吉沢京子主演)の第一回に酒屋の店員役で出演したのが、ドラマ初出演であるが、『ヤングおー!おー!』ではすでにアイドル的な人気を獲得していた。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た名和宏

    文太関連では深作欣二監督の『仁義なき戦い』シリーズの大ファン。同シリーズで特に好きなシーンは、文太演じるシリーズの主人公・広能昌三が敵対する土居組組長の土井清(演・名和宏)を射殺するシリーズ一作目のシークエンスであり、「冷たい雨の中、煙草を吹かし標的を待つシーンをよく真似た」と語る。若手時代に空港で菅原に会いサインを頼んだところ「俺が代わりに欲しいくらいだよ」と言われた話は後年さんまが何度も披露しており、ビートたけし曰く「その話は百回以上聞いた」との事。1997年12月に放送された『たけし・さんまの有名人の集まる店』にはその菅原文太がゲスト出演した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た浜田学

    浜田学(舞台「吉本百年物語 アンチ吉本・お笑いレボリューション」2013年)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た笑福亭松鶴 (6代目)

    松之助の兄弟子にあたる6代目笑福亭松鶴の弟子の笑福亭仁鶴・笑福亭鶴光・笑福亭鶴瓶などは従兄弟弟子にあたる。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た林家小染 (4代目)

    1976年、毎日放送の人気番組「ヤングおー!おー!」に初出演。司会の桂三枝の目に留まり、1978年頃からレギュラー出演を果たす。「チャッピー」と名付けられ、三枝の愛と厳しさに育まれながら、次第に頭角をあらわす。4代目林家小染・月亭八方・桂きん枝・桂文珍の番組内ユニットを改編してさんまをメインにした「さんまアンド大阪スペシャル」を立ち上げ、諸先輩を差し置いて1コーナーを任されるまでになる。やがて、関西を中心にアイドル的な人気を勝ち取る。1981年4月より、10年余りにわたる同番組司会を卒業することとなった三枝からの指名によって後継司会者の座に付き、番組終了時まで2年9か月にわたり晩期の同番組の大黒柱として活躍した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

535件中 141 - 150件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード