127件中 101 - 110件表示
  • 月見

    月見から見たお盆

    韓国では、旧暦8月15日に行う秋夕(チュソク、)という、中秋節の行事の中に迎月という月見がある。しかし、秋夕の主体はお盆に似た墓参りなどであり、迎月は主要な風習ではなくなっている。また、ソルラルにも迎月を行う。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た南半球

    南米の日系人社会でも、日本と同様に十五夜の月を中秋の名月として観月する。ただし、南半球では春であり、月の位置も観月に適してはいない。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た目玉焼き

    日本マクドナルドでは1991年以来、秋限定メニューとして、9月から10月にかけて目玉焼きの入った「月見バーガー」を発売している(ただしこれ以前からファーストキッチンで同種のハンバーガーが売られており、オリジナルではない)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た満月

    月見(つきみ)とは月、主に満月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た宋代

    名月の日に月を鑑賞する風習の始まりは、唐代の頃からということしか分かっていない。宋代の『東京夢華録』には身分に関わらず街を挙げて夜通し騒ぐ様子が記録されている。この風習が貞観年間(859-877)の頃、日本の貴族社会に入ってきた。平安時代の月見は徐々に規模が大きくなり延喜19年(919)には宇多法皇が日本独自の十三夜の月見を催した。当時の日本での月見は詩歌や管絃を楽しみつつ酒を酌む、といった雅味な催しで庶民とは縁のないものだった。この頃の月見は中国、日本ともに願掛けや供え物といった宗教的な要素はなく、ただ月を眺めつつ楽しんでいた。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た縄文時代

    中国や日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる。ただ、『竹取物語』には、月を眺めるかぐや姫を嫗が注意する場面があり、月見を忌む思想も同時にあったと推察される。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た俳諧

    加えて、中秋の夜に雲などで月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、中秋の晩に雨が降ることを「雨月(うげつ)」と呼び、月が見えないながらもなんとなくほの明るい風情を賞するものとされる。「望(ぼう)」は満月を指す。また、俳諧では8月14日 - 15日、16日 - 17日の夜をそれぞれ「待宵(まつよい)」、「十六夜(いざよい)」と称して名月の前後の月を愛でる。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た渡月橋

    渡月橋(京都府京都市嵐山)月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た卵黄

    なお、鶏卵の黄身を満月に例えた料理もその形から月見という(後節参照)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た千曲市

    信州姨捨(長野県千曲市月見 フレッシュアイペディアより)

127件中 101 - 110件表示

「月見」のニューストピックワード